記事

わしは「歴史実証主義」でいく

朝日新聞の座談会「70年談話 学者の危機感」を読んだが、同意できるところとできないところがある。

藤原帰一は、安倍首相は歴史修正主義ではないかと欧米メディアで報じられていると言うが、この人の感覚は欧米人に洗脳されてるから、そりゃあ欧米人の歴史観が世界標準だと思い込めるだろう。

わしには無理だ。 

首相は日本がアジアを解放したと考えているのではないか、などと否定的に言っているが、東南アジア方面は数百年間、欧米の植民地だったのだから、そういう歴史観も当然あるだろう。

安倍首相は嫌いでも、アジア解放史観は嫌いにならないでくださいっ!と言いたくなる。

大沼保昭は未だにワイツゼッカーの謝罪の意味をわかってないのが、呆れてしまう。

あれは侵略戦争をしたことに対する謝罪ではない。

ユダヤ人迫害に対する謝罪である。

これ、この先、何百回、言わなければならないのだろうか?

反知性主義との戦いはいつまで続くのか?

ブラント首相がワルシャワのゲットーの記念碑の前でひざまずいたのも、ユダヤ人への謝罪ではないか。 

日本は民族虐殺どころか、五族協和の精神で、ユダヤ人を満州国経由で神戸へ、そしてアメリカへと逃がしている。

これは歴史の実証主義であって、修正主義ではない。

サヨク系学者の方が修正主義者である。 

ただし大沼の、一部の知識人や朝日新聞などのメディアが、日本の戦争責任について「過剰な倫理的追求をして『日本は無限に頭をたれるべきだ』といった風潮が社会に生まれた」ことを問題視している。

これは正しい分析だと思う。

歴史修正主義をやっているのは、むしろ戦勝国である欧米であって、日本国内では、右派も左派も誤った歴史修正を行っており、わしは「歴史実証主義」でいくつもりだから、間違っていたら正しく修正しようと思っている。

あわせて読みたい

「歴史」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相 加計申請認識の発言は賭け

    郷原信郎

  2. 2

    加計審議 安倍首相の答弁に嘘

    若狭勝

  3. 3

    予算委 前川氏に明らかな矛盾点

    和田政宗

  4. 4

    厚切りが日本人の出世術に苦言

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    閉会中審査で更に深まる加計疑惑

    辻元清美

  6. 6

    「夫の○○が入らない」は普通

    (チェコ好き)

  7. 7

    前川氏は矛盾だらけで信憑性低い

    和田政宗

  8. 8

    加計疑惑深まる安倍総理の一言

    大串博志

  9. 9

    獣医師不足 6年前に民主党も指摘

    石水智尚

  10. 10

    「飛び降りろ」教師暴言は風評か

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。