記事

ドイツの後方支援は安保法制の先例である

「報道ステーション」ですごい特集をやっていた。

ドイツは日本と同じように憲法解釈を変えて、集団的自衛権を
行使できるようにし、アフガニスタンで後方支援を
やったのだ。

その様子を流していたが、タリバンに襲撃され、
完全な戦闘状態になっていた。

それが後方支援の実態なのだ。

ドイツ兵たちは、後方での治安維持や復興支援だから安全だと
言われて派兵されたのだが、毎日のように戦闘に巻き込まれる。

ドイツ軍の基地には1年に31本のロケット弾を受け、兵たちは
20回も銃撃戦に巻き込まれ、55人の死者を出している。 

そして哀れなことに、このドイツ兵の死者や犠牲者は、
全くの無意味だった。

アメリカの侵略戦争に加担して敗北したのだから完全に
犬死になのである。

自分の祖国を守るために死んだのではない。

悪の後方支援で死ぬのだから
無残と言うしかない!

日本もアメリカのイラクへの侵略戦争を大いに支持して、
日米同盟のアリバイ作りでサマワに自衛隊を出した。

幸いにも現地では戦死者を出さなかったが、帰還した
自衛官の中には自殺者もPTSDもたくさん出ている。

実はその時も、日本国民には秘密裡に、米軍のために
武器弾薬や米兵の運搬という後方支援をしていたようだ。 

安倍首相はベトナム戦争・イラク戦争のような事態には、
集団的自衛権は行使しないと言うが、行使しなければ
日米同盟の危機になり、それは日本国の存立危機だという
論法が必ず首をもたげてくるだろう。 

自衛隊も将来はドイツのあとを追うことになる。

軍人なのだから、祖国を守るための犠牲なら名誉であろう。

だが、単にアメリカの侵略戦争の後方支援で死ぬのならば、
犬死にである。

戦死者の弔いについて考えるべきではなかろうか?

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相 加計申請認識の発言は賭け

    郷原信郎

  2. 2

    加計審議 安倍首相の答弁に嘘

    若狭勝

  3. 3

    予算委 前川氏に明らかな矛盾点

    和田政宗

  4. 4

    厚切りが日本人の出世術に苦言

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    閉会中審査で更に深まる加計疑惑

    辻元清美

  6. 6

    「夫の○○が入らない」は普通

    (チェコ好き)

  7. 7

    前川氏は矛盾だらけで信憑性低い

    和田政宗

  8. 8

    加計疑惑深まる安倍総理の一言

    大串博志

  9. 9

    獣医師不足 6年前に民主党も指摘

    石水智尚

  10. 10

    「飛び降りろ」教師暴言は風評か

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。