記事

小林節は従米アナリストと本気で闘え!

テレビ朝日の朝の番組で「従米法案」について、
小林節と小川和久が議論していたが、
小林節のヘタレぶりにはがっかりだ。

小川和久に対してなんであんなに腰が引けてるんだ?

テレ朝なのに小川に負けてどうする?

小林節はあんな怖い顔をして、やはり自分が権威主義
だから、軍事アナリストの権威に敬意を払うんだよな。

わしなんか、漫画家だから何の権威もないので、
天皇陛下以外の者に権威を感じない。

だから相手が学者だろうと首相だろうと、
暴力的に立ち向かう。

自分に権威があると思ってる者は、相手の権威に
遠慮してしまうのだ。

そもそも国際法と国家の憲法だったら、
憲法が上位に来るのは当たり前ではないか。

国際法が憲法に勝るという説は、百地章も主張してるのだが、
国際法にそれほどの権威があったら、もう世界平和は
実現してるわい。

中国だって、北朝鮮だって、アメリカだって、
現実には国内法を優先してるじゃないか。

砂川判決という国家の主権放棄宣言を根拠に、政治家や
憲法学者が米軍駐留を合憲としてきた欺瞞が、
現在のデタラメな状況を生んでいるということを、
言う論客はいないのか?

小川和久の理屈は全部、論破できる。

 

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  3. 3

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  5. 5

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  6. 6

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  8. 8

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  9. 9

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。