記事

「NEWS23」で「従米法案」が流れたのは良かった

「NEWS23」を見たが、あれだけ「9条9条9条9条・・」「9条を守れ」の群衆が出てきたあとでは、やっぱりわしのセリフは「天秤の右に乗せるのは立憲主義だ」までだったな。

その直後の「9条ではない。現憲法ではない」というセリフは削られた。

まあ、予測していたことだ。

膳場貴子が美人だから大目に見る。

本当は「憲法9条」と「国際安全保障環境の厳しさ」では釣り合わない。

「立憲主義」と「国際安全保障環境の厳しさ」を天秤に乗せて、どちらが重いかを量らねばならないのだ。 

そして「立憲主義」を破壊していいほどの、脅威はないというのが、わしの主張だ。

これは絶対正しい!

北朝鮮も、中国も、今後1年2年のうちに、日本を攻撃するような事態にはない。

わしのような改憲派としても、「立憲主義」と「法の安定」は重要である。

このままでは従米国家として、またアメリカの侵略戦争に没主体性で付き合わなければならなくなる。

侵略戦争は絶対にダメだ!

ベトナム・アフガン・イラク戦争のように失敗する。 

ゆえに憲法改正はアメリカから「国家主権」を取り戻すために行わなければならない。

これがわしの主張だが、やっぱり本を描くしかないな。

『新戦争論2』を描くしかない。

「従米法案」の騒ぎでマスコミへの露出が増えたが、これが収まったら、また部屋に閉じこもって描こう。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  2. 2

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  4. 4

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  6. 6

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

  7. 7

    進次郎氏 総理を縛る国会に指摘

    宮崎正

  8. 8

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  10. 10

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。