記事

『ゲームオタク』を死語にした男 任天堂岩田社長逝く

任天堂社長の岩田氏が亡くなりました。病気は手術で快方に向かっていたと思っていただけに、突然の死であります。

岩田社長と言えば、DSの大ブームやWiiで任天堂復活の立役者という評価が一般的でしょう。確かにその通りなのですが、その効果は単に会社の業績を上げただけではありませんでした。

■DSによって「オタク」が消えた

能トレの世界席巻によって、猫も杓子もDS確保に奔走した時期がありました。それまで一日中ゲームで遊んでいる人のことは、他分野と同じく「オタク」と呼ばれていたのですが、お父さん、お母さん、お爺さん、お婆さんまで、能トレで遊び始め、突然死語になりました。なにしろ彼らも一日中飽きもせず遊んでるわけです。でも、毎日4時間能トレで遊んでいるからって、「ゲームオタク」かと言うと、明らかに違います。本来の意味に会わない実態、「1億総ゲームオタク化」によって「言葉」が廃れてしまったのですね。

結果、「ライトゲーマー」「コアゲーマー」という呼び名が誕生しました。

どんなに長時間遊んでいても、能トレのような知育系のゲームを遊んでいるゲーマー層は、「ライトゲーマー」。美麗なグラフィックや、重厚なストーリーなど金が掛かったタイトルをガッツリ遊ぶゲーマーは、「コアゲーマー」。

こうして、ゲーム分野は新たな次元に入りました。逆に言えば、「オタク」というレッテルが嫌ならば、「国民全員がオタクになれば良い」のです。そうすればレッテルは意味を失い、ゲーム分野のように新たな意味の言葉が生まれるでしょう。

「ニンテンドーDS」と「能トレ」を生んだ岩田社長の功績も、「ゲームオタク」という言葉の死と共に、連綿と残るのだと思います。岩田社長、お疲れ様でした。

あわせて読みたい

「任天堂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員パワハラ"あまりに酷い"

    和田政宗

  2. 2

    ホンダは「怖いもの知らず」

    片山 修

  3. 3

    "まとまらない"民進党の深刻な病

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    日韓対立煽動に利用された"神話"

    WEDGE Infinity

  5. 5

    "スーツ恐怖症"の投稿に共感続々

    キャリコネニュース

  6. 6

    住宅予算を1000万円下げる生活

    PRESIDENT Online

  7. 7

    "ネコ"ノミクス 経済効果は2兆円

    キャリコネニュース

  8. 8

    "過労死予備軍"を量産する業種は

    PRESIDENT Online

  9. 9

    すぐに眠くなる人は病気なのか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    受験するなら"文学部"が良いワケ

    山本直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。