記事

「戦後レジーム」は完成する

どうせ7月中旬に強行採決で安保法制の話は終わりだ。

その結果、安倍政権の支持率も大して落ちないだろう。

北朝鮮や、特に中国の脅威を強調すれば、国民は
震え上がって米国に頼る。

戦後70年で、そういう奴隷の精神を持つ国民と化して
しまったのだから仕方がない。

いや、ルソーの言う「国民」の定義にすら日本人は
当てはまらない。

単なる奴隷の群れだ。

その奴隷の精神を育てているのが、自民党や
自称保守の従米ポチ軍団である。

議論中の安保法制が通っても、すぐに戦争が
始まるわけでは当然ない。

アメリカに主権があるのだから、日本が戦争に
加担するか否かも、アメリカが決める。

いずれベトナム戦争、アフガン戦争、イラク戦争の
例に倣って、日本はアメリカの侵略戦争を支持し、
今度は兵站を担うようになる。

それはまだ先のことだ。

だが、それより先に心配なことは、自衛隊と米軍との
一体化だ。

これはもう後戻りがきかないほど進んでしまうかもしれない。

つまり日本は外交主権を取り戻すことが出来なくなる
かもしれない。

「戦後レジーム」の完成である。

そしてアメリカは中国とは絶対、戦争をしない。

だから尖閣諸島の日本の「領有権」をアメリカは
絶対に認めない。

あくまでも中立の立場を保っている。

上手いこと操られているのだが、日本の従米保守派は
全然わかっていない。

奴らも奴隷だからどうしようもない。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  3. 3

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  5. 5

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  6. 6

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  8. 8

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  9. 9

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。