記事

「LGBTの人、オッケーだよ!」──同性婚や事実婚も、法律婚と同等に

1/2
明智さん

認定NPO法人フローレンス 経営企画室の明智カイトさん。明智さんは、カラフル連絡網(全国LGBT活動者の会)呼びかけ人、「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」共同代表、NPO法人「ストップいじめ!ナビ」メンバーとしても活躍する。

同性婚や事実婚を選んだ人にも、婚姻届けを出した人と同等に有給の「慶弔休暇」を付与します――。

今年4月、「病時保育」や「障害児保育」などの事業を展開している認定NPO法人フローレンスが就業規則を改定しました。企業や学校など、社会で「いないこと」にされがちなLGBTなど多様な従業員が存在することを前提に規則を変えたのです。

今回の改定をLGBT当事者の立場から提案した“ロビイスト”の明智カイトさんと、実際に就業規則を改定した働き方革命事業部人事担当の井上真梨子さんに、お話を聞かせてもらいました。

※LGBTはL=レズビアン(女性同性愛者)、G=ゲイ(男性同性愛者)、B=バイセクシュアル(両性愛者)、T=トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人)等の総称。

「LGBTの人、オッケー!」と言われた

大塚さん 今回フローレンスさんでは、同性婚や事実婚も法律婚と同じ扱いになったとのこと。ダイバーシティな対応ですね!

どんな経緯で就業規則が変わったのか気になります。 明智さんがフローレンスに入った経緯から聞かせてもらえますか?

明智さん2年くらい前、駒崎代表に会ったときに「私はLGBTなんです」と言ったら、「フローレンスはそういう人オッケーだよ!」と言われて(笑)。

それまで私は民間の企業に勤めていたんですが、LGBTは「いない存在」という扱いだったので、カミングアウトはしていなかったんです。「フローレンスならカミングアウトして仕事ができる」と思い、転職しました。

大塚さん トップが「LGBT歓迎」と公言している職場なら、気持ちよく働けそうですよね。


明智さんええ、そう思って。でも入ってみたら、意外とみんな、LGBTのことをわかっていなかったんですね……。

LGBTを理解する研修を実施

大塚さん たとえば、どんなところですか?


明智さん「明智さんは、男子トイレと女子トイレ、どっちを使うの?」とか聞かれたんです。これはどうやら「トランスジェンダー」と間違われているな、と。自分はゲイなんで「いや自分、男子トイレです」って答えたんですけど(笑)。

大塚さん ああ、そこは誤解が多いですよね。 ゲイやレズビアンは「同性を好きになる人」、トランスジェンダーは「身体の性と心の性(性自認)が一致しない人」なので、じつは全然違うんですが、よく混同されています。

明智さんもちろん親切で聞いてくれたのでありがたいんですが、でも「LGBT歓迎」というのなら、そこはみんなもう少しわかっておいてほしかった(笑)。

それですぐ人事に 、「従業員向けにLGBTに関する研修をしてみたらどうですか?」と提案したんです。

大塚さん いいですね。みんなだって、正しい情報を身につけたいと思っているでしょうから。


明智さん去年の9月、「虹色ダイバーシティ」というNPOから講師を招いて、研修をしてもらいました。

それまでは漠然と「LGBTってなんだ?」みたいなイメージだった人たちも、この研修でちゃんとした知識を得て、LGBTを理解できたと思います。

井上さん

認定NPO法人フローレンス 働き方革命事業部 人事担当の井上真梨子さん。

井上さんちなみにこのとき、「ハラスメントに関するガイドライン」も改正しました。性別や宗教、思想と同様に「性的指向」を理由に嫌がらせしたりするのもダメですよ、という文言に変えたんです。

「男・女」の2択では答えづらい人もいる

明智さん私が次に変えたいと思ったのは制度やシステムに関する部分です。

ひとつは、採用時に使う履歴書のフォーマットでした。転職した際、フローレンスのホームページから採用申込をしたんですが、ダウンロードした履歴書の性別の欄に「男・女」の選択肢しかなかったんですよ。

大塚さん えっと、それは何かマズイんですか?


明智さん「男・女」の2択だと、トランスジェンダーの人は「戸籍の性」で答えるべきか、「自認の性」で答えるべきか迷ってしまいます。また、男女どちらとも言いがたい性自認の人もいるので、答えづらいことがあるんです。

そこで「その他」という選択肢を追加すると同時に、「自認の性をお書きください」という但し書きを添えてもらいました。

フローレンス履歴書.png

認定NPO法人フローレンスの履歴書では「男・女」の他に「その他」が選べ、自認の性が記載できる。

大塚さん なるほど、本人がどう思っているかで答えられるようにしたわけですね。これならみんな回答しやすそうです。

そういえばFacebookも去年、性別の選択肢が「Female(女性)」「Male(男性)」だけでなくなりましたね。「Custom(カスタム)」を選べば、詳細を表示できるんです(表示言語を英語に設定した場合のみ)。

日本でも今後、そういったフォーマットが浸透していくとよいですね。

あわせて読みたい

「LGBT」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  2. 2

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  3. 3

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  4. 4

    女性もセックスレスで不倫傾向か

    AbemaTIMES

  5. 5

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  6. 6

    名古屋は地元離れぬ下層民の楽園

    SeaSkyWind

  7. 7

    韓国教育絶賛する内田樹氏に困惑

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    タカタ破綻も会長夫人は豪遊生活

    文春オンライン

  9. 9

    地方公務員の副業解禁はおかしい

    永江一石

  10. 10

    月9「民衆の敵」入札汚職を解説

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。