記事

「国立大学振興議員連盟」について少し情報が集まりました

1/2

「国立大学振興議員連盟」とは何か

おとといぐらいに、Facebookで「国立大学振興議員連盟」なるものができたことを教えてもらって興味をもちました。

知人を通じて横流ししてもらった「「国立大学振興議員連盟」への入会及び総会のご案内」(平成27年5月28日)という文書によれば、以下のことがわかります。

発起人
【衆議院議員】河村建夫、斉藤鉄夫、渡海紀三朗、塩谷立、田村憲久、遠藤利明、富岡勉
【参議院議員】中曽根弘文、小坂憲次

公明党の斉藤鉄夫議員以外は、すべて自民党の方々です。私は詳しくありませんが、お名前から調べた限り、文部科学大臣や文部科学副大臣、文部科学大臣政務官、衆議院文部科学委員長を務めた経験をお持ちの方々のようです。文教族、と呼んでよいのだと思います。

河村建夫議員が議員連盟の会長です。

同文書では次のように呼びかけています。
 我が国を取り巻く社会環境の変化は厳しく、新たな時代を切り開く人材育成、グローバル化、イノベーションの創出、地方創成の実現にむけて、国立大学の果たす役割はますます高まっています。「知」の拠点である国立大学が卓越した研究力と質の高い教育力をもって、我が国が直面する諸課題の解決に最大限貢献しうるよう、その機能と財政基盤を一層強化する必要があると考えています。我々はこのような認識のもと、国家戦略として国立大学振興を強力に進めるため本議員連盟を立ち上げることといたしました。

 つきましては、ぜひとも「国立大学振興議員連盟」の趣旨にご賛同いただき、ご入会及び第1回総会へご出席賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

とあります。

参加した大学

これに応えて入会・出席したのが次の30大学ということになります。(出典は国立大学協会の、この連盟に関するお知らせ記事です。下記の通り、国大協の会長副会長も出ていますし、国大協が公式に参加している議員連盟という位置づけのようです。
http://www.janu.jp/news/whatsnew/20150611-wnew-giren.html

国大協出席者 里見会長、片峰副会長、平野副会長、大西副会長
学長30名(北海道教育大学、室蘭工業大学、小樽商科大学、北見工業大学、岩手大学、宮城教育大学、山形大学、福島大学、東京医科歯科大学、東京学芸大学、電気通信大学、一橋大学、宇都宮大学、群馬大学、新潟大学、上越教育大学、富山大学、愛知教育大学、名古屋工業大学、滋賀医科大学、京都教育大学、大阪教育大学、奈良教育大学、奈良女子大学、鳥取大学、岡山大学、山口大学、鳴門教育大学、高知大学、大分大学)

なお、昨日行われた第2回総会には、金沢大学の山崎学長も来ていたそうです。(後述の馳浩議員のブログによる)

設立趣意書

同連盟の設立趣意書もコピーをもらいましたので、紹介します。

国立大学振興議員連盟設立趣意書

 明治5年の学制発布以降、我が国は、自立と発展のため、教育と学術の振興を国策に掲げ、帝国大学や様々な官立学校を整備充実し、近代日本の建設を支えた。戦後、昭和24年の学制改革によって発足した国立大学は、高等教育の機会均等の要請に応えつつ、新生日本の人材養成を通じ、我が国の経済社会の発展と地域の振興に寄与するとともに、数々のノーベル賞受賞に代表される世界最高水準の独創的な研究成果を生み出してきた。

 平成16年、国立大学は、「国立大学法人」として新たな一歩を踏み出しそれぞれの強みや特色を生かした改革を着実に進めてきた。しかしながら、急速な少子高齢化やグローバル化の発展、新興国の台頭による国際競争の激化など、我が国を取り巻く社会環境の変化は激しく、新たな時代を切り開く人材育成、グローバル化、イノベーションの創出、地方創成の実現に向けて、国立大学の果たすべき役割の重要性はますます高まっている。諸外国に目を向ければ、大競争時代のなか、高度人材の要請とイノベーションの創出を担う大学の充実強化を戦略的に推進している。

 「大学力」は「国力」そのもの、と言われる。我が国は長年にわたる経済の低迷から着実に脱却しつつあるが、経済社会の重大な転換期において、我が国社会の活力や持続的な成長を確かなものとするためには、かつて先人が断行してきた国家戦略としての大学政策が不可欠である。特に、全ての都道府県に配置された「知」の拠点である国立大学が、学長のガバナンスの下に、卓越した研究力と質の高い教育力を通じ、各地域を含め我が国社会や世界が直面する諸課題の解決に最大限貢献しうるよう、その機能と財政基盤を一層強化する必要がある。

 我々はこのような認識に立って、幅広い関係者との連携の下、国立大学の機能強化と財政基盤強化の方策を検討し、国家戦略としての大学振興を強力に進めていくため、本議員連盟を設立するものである。

活動目標

具体的な活動目標も、掲げられているようです。こちらは資料そのものを手に入れていませんが、上記の案内及び趣意書の他にも別添資料があったらしく、活動目標として次のような項目もあげられているらしいです。

  • 国立大学法人運営費交付金の確実な措置
  • 寄付金受け入れ制度の整備
  • 各種競争的資金の安定的確保と間接経費の拡充
  • 学長ガバナンスに比重をおいた規制緩和
  • 国立大学附属病院に対する財政的支援

この議員連盟の総会の第2回が昨日(7月2日)開かれており、それに出席なさった馳浩議員(衆議院、自民党)のブログでは、次のように書かれています。

この議連、わかりやすく言えば

①安定的な運営費交付金確保
②寄付税制拡充(税額控除)
③競争的研究費の確保
④附属病院の支援

など、概算要求に向けての要望とりまとめ。

http://ameblo.jp/hase-hiroshi/entry-12046012832.html

この動きを見て考えたこと
大学統制策の一つなのか

国大協のトップや、国立大学の学長たちが議員連盟の呼びかけに連なって国会(衆議院第1議員会館1階)に集まるということそれ自体が私には驚きでした。このニュースを目にした当初、私はまたぞろ国の大学統制策の新機軸かと思ったのですが――、そういうところもありそうですが、必ずしもそればかりとも言い切れなさそうです。

議員連盟の趣意や活動目標は、基本的に現政権による一連の「大学改革」の枠内に収まるようになっていますが、「安定的な運営費交付金措置」などは、国大協をはじめさまざまな大学の学長や評議委員会などが、声明まで出して訴えているところです。

ずらりとならんだ30大学の名前を見ると、苦しい運営状況が見えてくるような気さえします。紹介した馳議員のブログには

国大協からの窮状報告と、山形大学と山口大学からの現状報告、文部科学省高等教育局からの報告あり。

国立大学の学長たちは、あんまり政治家とは接触しない方々なので、こうして国会に集まっていただいて、政治の役割を理解していただきたい。

そのうえで国立大学の窮状をアピールしていただきたい。

という一節がありました。具体的にはわかりませんが、おそらく国大協、山形大学、山口大学は、具体的にどれくらい厳しいのかということをリポートしたのでしょう。

あわせて読みたい

「大学教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    居酒屋通う高校生への批判に疑問

    赤木智弘

  2. 2

    藤井市長の判決は政治に悪影響

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    「獺祭」社長 生出演で悲痛激白

    AbemaTIMES

  4. 4

    堀江氏 タクシー乗車拒否に怒り

    女性自身

  5. 5

    教師の過剰な給食指導で不登校に

    キャリコネニュース

  6. 6

    大相撲の内輪もめが長引くワケ

    文春オンライン

  7. 7

    イオンに忍び寄るAmazonの脅威

    NEWSポストセブン

  8. 8

    外食産業の鬼才「中国人見習え」

    AbemaTIMES

  9. 9

    満席でも…スタバの強みは中毒性

    内藤忍

  10. 10

    中国 女優の入国拒否は自業自得

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。