記事

【同人誌、ボカロにも影響?】妥結直前のTPP知財条項について徹底解説(全文文字起こし後編)

1/4
niconico
niconico 写真一覧
TPP交渉合意のカギを握るアメリカのTPA=貿易促進権限法案が6月29日、署名され、正式に成立された。この結果、TPP妥結に向けて、日本とアメリカ、そして参加12カ国の合意が一気に進むことが予想される。

コメなどの農作物や自動車の関税ばかりが報道されるTPP問題だが、その中で大手メディアでは詳しく報じられないTPPによる知的財産権の問題。

TPP妥結で、同人誌、ボカロといった二次創作の活動が制限される恐れがある中、今回は実際に、当事者である漫画家やボカロPの方を迎えて、TPPの知財条項について伺った。前編はこちら

【出演】
司会:津田大介(ジャーナリスト・メディアアクティビスト):司会
ゲスト:福井健策(骨董通り法律事務所 弁護士)
中村伊知哉(慶應義塾大学メディアデザイン研究科 教授)
甲斐顕一(ドワンゴ会長室室長)
有馬啓太郎(漫画家)
黒田亜津(ボカロP)
大久保ゆう(青空文庫)※メッセージでの出演

【同人誌、ボカロにも影響?】妥結直前のTPP知財条項について徹底解説 - ニコニコ生放送


一番の影響も…「青空文庫」はどう考える?

niconico
津田:あと、正に当事者ですよね。著作権法機関の当事者で、非親告罪化とは別に、保護期間延長の問題の当事者。一番影響を受けるとも言われている青空文庫の大久保さんと今、電話が繋がっているということなので。大久保さん、電話繋がってますか?

大久保:はい、青空文庫の大久保です。こんばんは。

津田:TPP、急に動きが出てきているようなんですが、現在の状況をどのように?

大久保:現在の状況は、私たちも非常に危惧しているわけなんですけども。今までのお話を聞いていた限りでは、TPPの問題で著作権保護期間が延長された場合、日本国内が困るといったようなお話だったように思うんですけれども。TPPの問題が起こってから、青空文庫がヤバイとなってきた時に、いち早く声をあげてくださったのは、北米の団体なんですね。

北米の日本研究資料調整協議会っていう日本の研究者の方々が集まって、日本を研究するための資料をどう集めたらいいかっていうのをお互いに都合してらっしゃる団体があるんですけれども。

今アメリカとか色んな世界で研究するとなった場合、日本の資料をどうやって手に入れるかというと、デジタル・アーカイブってのが非常に重要なんですね。その中でもパブリック・ドメインになっていると、インターネット経由で資料が手に入るので、日本を研究するうえでも、あるいは一般のユーザの方でも、海外にいて、日本の文化に触れようと思うと、ネット経由で情報に触れられるってのが、非常に大事なことなんですね。

そういった可能性がTPPによって狭まってしまうことに対して、国内だけじゃなくて、海外の方々も非常に不安がっているところがあって。その辺の問題も、青空文庫にお手紙を頂いたりするわけなんですけれども。

あまり国内の問題として狭めずに、TPPで著作権法期間なりが延びてしまうと、日本文化に触れる世界の窓口みたいなものが狭まってしまうことについて、非常に危惧しなきゃいけないとこなんじゃないかなと、私たちは考えているんですね。そうならないように、普段から著作権法期間延長反対と言って、活動しているわけなんですけども。

津田:質問がきていて、福井さんや伊知哉さんに伺いたいんですが、「二次創作保護のために、具体的に何をすればいいんでしょうか?問題の提起はされるけど、何をすればいいのか。誰にお金や票を集めればいいのか。具体的なことが分かりません」と。それが判れば、僕らも、もうちょっと動きようがあるってところもあるんでしょうけど。

福井:共同声明に対する協力の依頼っていうのは、最後に津田さんからあると思うので、まずは、この問題に関心を持ち続けて、そういう共同声明にぜひ賛同していただければと思いますね。

政府はかなり、こういうネット上の議論なんかは見て参考にしてます。本人達から直接聞いてますから間違いないです。すごく気にしてます。

津田:だからTPPがもし妥結することになったとしても、それで終わりではなくて、むしろそこから、この先どうやって運用するのかっていうところで、現場のクリエイターの意見とか、青空文庫の意見とかが本当に重要になってくると思うんですけど、伊知哉さんいかがですか?

中村:そう思います。ですから、仮に妥結して、何らかの結論が出たとしても、そこからが本番を迎えるし、実際にそれが国内法までいったとしても、警察はそれをどう運用するのかとか、それによって文化がどうなるのかっていうのは、僕らがずっと声を上げ続けなきゃいけない問題だろうと思うんですね。

それと今、大久保さんがおっしゃったことは非常に大事なことで、これって日本国内だけの話じゃなくて、世界的な国家戦略の話になってきてるわけです。ですから、著作権の保護を50年、70年にするってことだけをとってみても、例えば、アメリカはGoogleがコンテンツの囲い込みに出てきているし、ヨーロッパはヨーロピアナっていう巨大なアーカイブを作って、コンテンツの囲い込みをしようとしている。その中で日本はどうするのかっていうと、そういう欧米の戦略から見たら、日本は保護期間を延長、つまりアメリカやヨーロッパより短いのを、同じぐらいにしたほうが日本はチャンスを失うってことになるから、向こうに取ってはいいわけですよね。

その土俵に引きずり込もうとされている状況だってことを知って、国全体としてどうなのってことも考えなきゃいけないなと思うんですね。つまり産業界とユーザだけの問題じゃなくて、国全体を巻き込んだ政治の話にもなってきてるなと。

津田:ニコニコのコメントで「クール・ジャパンってなんだっけ?」ってのがあって。これは結構厳しい指摘で、確かにクール・ジャパンで日本のモノを外に向けていくんであれば、非親告罪化とか保護期間とかっていうのは、多分ネガティブに働くわけですよね。

中村:クール・ジャパンの大元っていうのは、みんなが参加して製作するっていう国民全体の力だと思ってるんですけど、そこを損なおうっていうのは、そりゃあ欧米から見たらそうしようと思うかもしれないですよね。

津田:そこがだから、経産省とか色んなところがやっているような振興策がチグハグになってしまうというのが縦割りの問題でもあると思うんですが、もう1つ聞きたいと思うのは、そういう状況になっていく中で、クリエイターってどうすればいいのかなって。福井さんがね、黒田さんや有馬さんといった、クリエイターにここからの戦いをアドバイス出来るとすれば、どういうことがありますかね?

福井:クリエイター個人も関心を持って声を上げてもらいたいっていうのは、本当に思うんですけれども。今回ね、こうしてボカロPの方、同人作家の方が、「ついに!」って言うと失礼かもしれないけど、こういう場に出てきて発言をしたっていうのは画期的だと思うんですよね。やっぱり出てくるのは勇気のいることだったと思うんだけども、すごいなと思うんですよね。

有馬:すいません、長老なんで(笑)

福井:企画の段階では、若手って言葉を聞いてたような気がしたんですけれどもね。

津田:長老の立場として…

福井:長老って呼んでるよ!

津田:長老の立場としては、どう思いますか?

有馬:わしらはなぁ。

福井:いいよ!今、時間押してるから(笑)

有馬:長老の立場としましたら、いかに自分たちの場を守っていくかっていうところと、実際、僕も海外のイベントに行くこともありますし、そこで見てたら、僕ら自体が見られているよと。実際に海外で、日本のコミケですとか、日本のコンテンツ業界のことを憧れて見ている方たちっていうのが、ものすごくおられる。

そういった方々に対して、今日本がそれを無くしてしまうのか。それとも、このまま維持していこうという風に動いているのかとか、そういったものまで見られているよってことを意識してもいいんじゃないかなってのは、結構思ってます。

津田:どうなんですかね。同人クリエイター、ニコ生のクリエイターもそうなんですけど、結束して、みんなで意見を言うっていうのが、今まで必要性もなかったし、習慣もなかったしってことでもあったと思うんですよね。

有馬:それもありますし、実際クリエイターとして、さっきの話にちょっと戻ったりするんですけど、何か二次創作をしようとなった時に必ず、僕はこっちが好きだけど、こっち好きなんだよねって。

ある意味、反骨心といいますか、自分のオリジナリティーとかそういった部分が無くなってしまうと、そういう感覚自体も消えてしまうというのがあったりするんで、そういう意味だと、自由な集団っていうこと自体がクリエイティブの原動力になっている部分がありますから。

で、申し訳ないんですけど、ある意味、そういう不都合な人達がいっぱいいるということで、そこを出来ましたら、保護していただけると、長老としては助かるんですけど(笑)

福井:かなり時代が動いてきているなと思うのは、先ほどの、thinkTPPIP (TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム)の提言ですよね。真剣に著作権について考えてくれってことに対しては、SOFTICとか新経済連盟みたいにね、様々な団体がもちろん賛同してくれたんだけども、かなりクリエイターとか、いわゆる著作権者、権利者の団体も賛同してくれてるんですよね。

ネットクリエイター協会ももちろんですし、コミケ準備会もそうだし、あるいは、日本俳優連合なんかもある中で、例えば、日本劇作家協会みたいな伝統的な権利者、著作者の団体も賛同している。その副会長である平田オリザさんがね、この間、記者発表の時に出てきて、こういう話をしていました。

「自分たちは70年後の孫やひ孫に小銭程度のお金を残すことよりも、未来の地球の裏側の人々に自分の作品を上演し続けてもらう方に賭けたい。そのために作品を創っているつもりです」と彼は言っている。これは、ネット上でかなり大きな反響を受けたように私は思います。

そういう想いを持っているクリエイター、私は多いと思っています。是非これは続けて欲しいと思いますね。

津田:伊知哉さん、いかがですか?

中村:ありがたいことをおっしゃっているなという感じがします。この問題に対するクリエイターのコメントを聞くと、「50年を70年に延ばしてくれ」とか「権利法を強めろよ」とものが表に出てくる意見で。そういう方が代表になって出てきたんだけども、クリエイターの中にも色んな意見の人がいるよっていうことを、もっともっと前に出てきていただけるとありがたいなと思いますね。

有馬:すいません。僕なんかは、「僕が死んじゃったらもうおしまいじゃん」って。むしろ、子供達は、ちゃんと次の自分のモノを作ってねぐらいの感覚はあります。それは個人の意見ですけど、そういう意見の人も多分多いと思います。

中村:先週、知財計画を作った最後の官邸の会議でも、竹宮惠子さんが最後に出てきて「権利を保護して欲しいと言うクリエイターばかりじゃないんです。50年を70年に延ばしたいと言っている人ばかりでもないんです。みんな違うんです。

だから、そういったそれぞれのクリエイターの意思がきちんと反映できるような制度を考えてもらえませんかね?」っておっしゃっていたんですね。

有馬:むしろ、自分たちの作品がより多くの人達に広がって、みんなが知っていってもらえるような形での法整備をしていただいたほうが、僕なんかは嬉しいと思いますし、そういう方は結構多いんじゃないかとは思います。

福井:それを支えようとする貴重な活動であり、世界的にも大きな成功例なのは、青空文庫ですよね。その他、多くのデジタル・アーカイブがそうである。それをちょっと足を引っ張るような保護期間70年の延長をね、伊知哉さんがさっきおっしゃったみたいに、時代に逆行して今やろうとする。それなんなんだと。

津田:青空文庫って、電子書籍市場をすごく下支えしているってことと、日本文化を研究している人にとっても、外に開くネットでってこともそうだし、実は日本のコンテンツ業界に関して多大な貢献をしてきているわけで。

だから、そこのインフラに対して、むしろコンテンツ製作の予算を、ちょっとでもつけてやるだけで全然違うのかなと思うけれども、そこを独立独歩でやってきているという状況もあって。

あわせて読みたい

「著作権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "大企業で働いても貧困"が急増

    しんぶん赤旗

  2. 2

    つるの剛士を批判 リテラの矛盾

    和田政宗

  3. 3

    カジノだけ"依存症"報じる異常さ

    大西宏

  4. 4

    大統領夫人のNY残留に10万人拒否

    My Big Apple NY

  5. 5

    カジノ反対派 ブーメラン続発

    木曽崇

  6. 6

    専業主婦手伝わない夫に非難殺到

    キャリコネニュース

  7. 7

    "ゴゴスマ"いい加減な仕事で惨事

    メディアゴン

  8. 8

    田原氏"今の時代の風潮が危ない"

    田原総一朗

  9. 9

    トランプ氏娘婿が語る激動の半生

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    "お腹いっぱい"2016年の音楽業界

    Tnsori

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。