記事

百田を叩くのは言論の自由である

未だに憲法とは何か、立憲主義とは何かが
分かってない人が多い。

百田尚樹がマスコミに批判されているのを見て、
「表現の自由」が侵されていると主張する人がいる。

これは間違っている。 

百田尚樹が沖縄の新聞を潰せと言うのは、民間人が
表現の自由を行使しているのだから勝手である。

だが、マスコミ・民間人がこれを批判するのも
言論の自由を行使しているのだ。

民間人が民間人を叩くのは自由だから、在特会が
罵詈雑言のヘイトスピーチで在日朝鮮人を叩くことを
禁じることが出来ない。

サカキバラ元少年Aが被害者をあざ笑うのも
言論の自由を楯にしているから困ったものだし、
当然、それを叩くマスコミも言論の自由を
行使しているのだ。

わしはヘイトスピーチも元少年の出版物も、
「公共の福祉」に反していると思うが。

つまり憲法21条の「集会、結社及び言論、出版その他
一切の
表現の自由は、これを保障する」という条文を
守るのは、
権力の側なのである。

憲法は国民が国家権力を縛るためのもの、という
立憲主義の
本質が未だに分かってない人が
いるのが問題だ。
 

なんと、自民党議員の中にも、表現の自由を守るのは
自分たち権力者だと知らない者が多い。

例の百田を呼んだ妄言勉強会の連中である。

自民党の議員はネトウヨがバッジつけてるだけの
バカが実に
多いのだ。

安倍首相からしてネトウヨがコアな支持者だから、
その配下の議員たちが立憲主義を知ってるはずがない。

だから勉強会でマスコミの潰し方、言論の自由を
抹殺する方策を出し合ったりするのだ。

大西議員のような権力者が、スポンサーを利用して、
朝日新聞を潰せというのは、政府批判を委縮させてしまう
効果があるから、憲法違反なのである。

それでなくても、最近の大手新聞やテレビは、
安倍政権批判を若干手控える傾向がある。

「NEWS23」は権力監視の使命をよく全うしている
と思うが。

今の状況は、とことんマスコミへの権力の干渉を
批判する論調が必要である。

百田が批判されるのは、権力と結びつく人間だからである。

ネトウヨ化した権力者たちを扇動する危険性が
あるからである。

立憲主義の何たるかを知らない権力者、
言論の自由を弾圧しようと
する者は、
国民の敵だからである!

あわせて読みたい

「百田尚樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相 加計申請認識の発言は賭け

    郷原信郎

  2. 2

    加計審議 安倍首相の答弁に嘘

    若狭勝

  3. 3

    予算委 前川氏に明らかな矛盾点

    和田政宗

  4. 4

    厚切りが日本人の出世術に苦言

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    閉会中審査で更に深まる加計疑惑

    辻元清美

  6. 6

    「夫の○○が入らない」は普通

    (チェコ好き)

  7. 7

    前川氏は矛盾だらけで信憑性低い

    和田政宗

  8. 8

    加計疑惑深まる安倍総理の一言

    大串博志

  9. 9

    獣医師不足 6年前に民主党も指摘

    石水智尚

  10. 10

    「飛び降りろ」教師暴言は風評か

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。