記事

「親に恵まれない子供たちには “箱モノ”ではなく、ケアを担う“ヒト”への投資こそ必要~「ハリー・ポッター」原作者が設立したNGO「ルーモス」が目指すもの~

1/2

大ヒット作「ハリー・ポッター」の作者が国際的NGOを設立


「ハリー・ポッター」シリーズといえば、イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学の大ベストセラー。全世界で翻訳され、販売数は数億部にのぼる。世界各国で販売される関連グッズや映画の興行成績、日本ではUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)でのアトラクション開業など、その経済効果は計り知れない。そんな大ヒット作を生んだローリング氏が2005年、ある国際的NGOを立ち上げたことを知る人は、あまりいないだろう。

その名は「ルーモス」。名前の由来は、シリーズ第1作から出てくる魔法の呪文「ルーモス(光よ)」だ。NGO「ルーモス」の役割は、世界中で、子供たちが施設ではなく家庭で暮らすための仕組みづくりを支援すること。特に、かつて「孤児」があふれていた東欧の貧しい国々、モルドバやチェコ、ブルガリアなどで、科学的なリサーチ結果に基づき、里親と子供のマッチングを行なったり、施設で暮らす子供の数を減らしたりする活動に取り組んでいる。

そんなルーモスのCEOであり、「世界で最も影響のあるソーシャルワーカー30人」の1人でもある、ジョルジェット・ムルヘア氏が先日、来日した。ムルヘア氏は、ルーモスの活動成果を報告。日本で、ルーモスが取り組む「施設から家庭へ」という流れをどう作っていくか、日本に特有の問題など、議論は盛り上がった。なお、同日にはEUの政策アナリスト、アンドル・ユルモス氏も来日し、EU全体で取り組む「脱(子供の)施設化」についても講演を行なった。今回は、それらの一部始終をレポートしたい。

施設に入所している赤ちゃんの脳は、「電気的活動」が弱くなる傾向

NGO組織、ルーモスの理念は「世界中で、子供が『施設』ではなく『家庭』で育つ権利を保障する」というもの。だが日本では残念ながら、その理念が叶えられているとは、とてもいえない。何らかの事情があり、親元を離れて暮らす子供のうち約9割が、乳児院や児童養護施設で暮らしている。

一口に「施設」といっても、大型でいかにも“箱モノ”といった感じの施設から、子供たちが少人数で暮らすグループホームなどいろいろな形がある。ただ、どの施設も結局、「子が親と『1対1の関係性』を築く形」ではない。そこが、国際的な観点から大きな問題とされているのだ。

ムルヘア氏(写真)によると、施設で暮らすことが子供の発達に「悪影響を及ぼすことは、科学的に証明されている」。かつて孤児が大量にあふれていた、ルーマニアのブカレストで行われた研究が証拠だ。下記の図を見ていただきたい。
ムルヘアのスライドより「施設への入所が子どもに与える影響」
ムルヘアのスライドより「施設への入所が子どもに与える影響」 写真一覧
図のオレンジの部分は、脳の神経細胞が「電気的活動」を行なっていることを示している。一見して、施設に入っている子供より、そうでない子供の方が、脳の活動状態が高いことが分かる。子供の脳は、産まれた時点では6割しか完成していない。その後、約半年かけて残りの4割が完成していくが、出生してすぐ施設に入った子供の脳は、その「残り4割」の発達が、うまくいかない可能性が高いのだ。この事実は今後、その子供が成長していく過程で、社会的・心理的に大きなハードルとなる。

施設で幼少期を過ごした成人が、その後「売春」に関わる可能性は、同世代の10倍


彼女が紹介したある調査いわく、施設で幼年期を過ごした成人は、 ・ 売春行為に関わる可能性が、同年代より10倍高い
・ 犯罪歴を持つ可能性が40倍高い
・ 自殺する可能性が500倍高い
 という。

このすさまじい事実を前に、私達は立ち尽くすしかない。売春、犯罪、自殺。どれも、他者との「愛情」に満ちた関係をうまく築けず、結果的に自らを傷つける行為だ。これほど厳しい人生が、施設で育った子供たちを待ち受けるのはなぜか。脳の発達の「遅れ」だけが、その要因とも思われない。

赤ん坊は、産まれた瞬間から「親との1対1の関係性」を前提として育つことで、健全な発達に必要不可欠な要素(=愛着、アタッチメント)を形成する。つまり、人件費の制約から「1人の職員が複数人の子供を世話する施設」では、どうしても「1対1の愛着関係」が形成されにくいのだ。また、施設では集団として子供をみるため、時にはしつけのために「虐待的な方法」が取られることもあるという(すべての施設がそうではないが、そういう傾向にあるということだ)。

児童養護施設で育つ子供たちは、地域社会から隔絶されている。外の世界で生きていくための基本的なスキル(電車の乗り方や、飲食店での振る舞いなど)を学ぶ機会も、家庭で育つ子供に比べれば少ない。18歳で施設を出てからは、家族や社会とのネットワークがないので、貧困層に陥りやすい。さらに彼・彼女たちは、幼少期に「親との1対1の愛着関係」を築けなかったため、愛情に飢えている。だからこそDVなどの暴力や虐待、性的搾取の対象になりやすいのだ。

先進国の日本が、なぜ子供たちを児童養護施設で育てるのか?

施設に養育されている子どもの数[人口1万人あたり]
上図は、ムルヘア氏が公表した、1万人あたりの「施設に養育されている子供の数」。東欧のブルガリアやモルドバ、チェコなどの貧しい国々では、施設に入る子供の割合が高いことが分かるだろう。

そんな中、先進国であるはずの日本が、ブルガリア共和国とあまり変わらない状態なのは、(1)国が児童養護施設に「入所している子供1人あたりで補助金を出していること」や、(2)里親制度がなかなか根付かないこと、(3)特別養子縁組制度への理解が低いこと、などが関係している(ちなみにグラフ左端のイングランドは、先進諸国の中では「施設に入る子供の多さ」が指摘されているものの、ほとんどの施設が「5~6人規模」のグループホームで、日本によくある大型施設とは異なるのだという)。

あわせて読みたい

「ブロガーが見たソーシャルイノベーションのいま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沙也加結婚 聖子はライバル視?

    渡邉裕二

  2. 2

    米国の「正恩斬首」作戦は不可能

    PRESIDENT Online

  3. 3

    大企業特有の考えずに働く人たち

    城繁幸

  4. 4

    鳩山氏が民進OB会から入会拒否

    文春オンライン

  5. 5

    武藤貴也議員 また男性持ち帰る

    文春オンライン

  6. 6

    民進の現状は共産党の責任でない

    紙屋高雪

  7. 7

    無意味に足掻く籠池氏と民進党

    和田政宗

  8. 8

    ミスしたときはひたすら謝るべき

    かさこ

  9. 9

    メールがSNSより優れている理由

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    結婚69年 夫婦は手を繋ぎ天国へ

    BBCニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。