記事

さらりと書かれている「子どもを産ませていた」に感じる違和感

日本に帰国してワタクシがまず買ったのは週刊文春と新潮。林真理子さんのエッセイと佐藤優先生×西原理恵子さんの合作コラム連載を毎回楽しみにしているからだ。
ぶひゃー。
週刊文春にさらりと書かれていた一文に思わず、吹き出した。

「(どこぞの市議が)愛人がいるどころか、その女性に子どもを産ませていたというからすごい」(「夜ふけのなわとび」週刊文春より)
基本的にワタクシは真理子ファンである。熱烈ともいってよい。だからこそ「週刊文春」を律儀に毎週買っているわけだけど。

「子どもを産ませる」(とかよくある「孕ませる」等々)明らかに男女の力関係の上下を固定した表現が、普通にこうして使われているということにあらためて衝撃を受ける。

実際にこの愛人が「子どもを産ませ」られていたのかどうかはわかないが、この件でなくとも愛人のみならず「子どもを産ませ」られている女性というのはどのぐらいいるのであろうか。

どうも、現実はこの表現とは違っているように思えてならないのだが。

なので、ワタクシはこの表現に違和感を持ったのだが、こればすんなり受け入れられているならば、まさに「女性が輝く社会」でないことの証明でもある気がする。

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  2. 2

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  3. 3

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  6. 6

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  7. 7

    老人は賃貸困難 50代で部屋探せ

    MONEY VOICE

  8. 8

    田原氏が佐々淳行氏との激論回顧

    田原総一朗

  9. 9

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

  10. 10

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。