記事

アップルの定額音楽サービス「Apple Music」開始は日本時間7月1日深夜0時。Beats 1は1時スタート

apple-music

アップルがアメリカ時間6月30日にスタートする定額制音楽サービス「Apple Music」の話題が付きませんが、開始が迫りサービスをすぐにでも触りたい人も増えているのではないかと思います。

Apple Musicのシニアディレクターで、元Beats MusicのCEOイアン・ロジャース(Ian Rogers)が待ちきれないユーザーに開始時間を教えています。

ロジャースのツイートによると、Apple Musicを含む最新アップデートiOS 8.4はアメリカ西海岸時間30日8:00AMにダウンロード可能になるとのこと。日本時間で7月1日(水)深夜0:00時。

Apple Musicも最新アップデートをiPhoneにダウンロードした時点で利用が可能になるはずです。

またApple Musicのメニューの一つ、24時間のラジオ局「Beats 1」のスタートは日本時間1日深夜1時。米国では、西海岸時間30日9:00amに元BBC Radio 1のDJ、ゼイン・ロウ(Zane Lowe)の番組で始まります。

OTHERtone coming to #Beats1 from @applemusic. Get ready. @brokemogul @caradelevingne @justintimberlake

Pharrell Williamsさん(@pharrell)が投稿した動画 – 2015 6月 27 10:57午前 PDT

Beats 1の番組内容は未だに伏せられたまま。ですがゼイン・ロウは、エミネムの独占インタビューを行ったことをすでにツイートしていたり、ファレルがジャスティン・ティンバーレイク、カーラ・デルヴィーニュらとの収録風景をInstagramに投稿するなど、豪華なアーティストが登場することが予想され、音楽好きに広くアプローチしていくようです。

Apple_Music_beats1

Apple Musicは月額9.99ドルの定額制音楽ストリーミングサービスで3000万曲以上が利用できるサービスです。開始から初めの3カ月は無料トライアル期間となります。また家族向けには月額14.99ドルで最大6人が利用できるファミリープランも用意されています。スタート時からアップルは日本を含む100カ国以上で展開を予定しています。日本での価格は月額980円と言われていますが933円という情報もあります。

Apple_Music_trial

「Beats 1」はApple IDを持つユーザーでしたら、無料で利用ができます。

さらにアップルの上級副社長エディ・キュー(Eddy Cue)はApple Musicを使うことで、iTunes Matchでシンクできる曲数が現在の25,000曲から10万曲へ大幅にアップできるように進めていると述べています。こちらは今秋にリリースされるiOS 9からの対応。このアップデートもユーザーには嬉しい知らせです。

ソース
iOS 8.4 Launching at 8 AM Pacific Tuesday, Beats 1 Goes Live at 9 AM [Updated] (6/28 Mac Rumors)
Apple Music and Beats 1 Launch Tuesday June 30th at FISTFULAYEN

あわせて読みたい

「Apple Music」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  2. 2

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  4. 4

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  5. 5

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    中国のサーモンは偽? 無知な批判

    永江一石

  7. 7

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  8. 8

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  9. 9

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  10. 10

    草の根スタイルの元議員に限界か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。