記事

権力に驕り、議論から逃げる自民党

それにしても皮肉なものだな。

自民党執行部は、わしが呼ばれていた自民党リベラル派の勉強会を、安保法制に影響するからと圧力をかけて中止させ、同日が初会合だった安倍応援団の勉強会は許可した。 

安倍応援団は百田尚樹を呼んでおり、「沖縄の二つの新聞社は潰さなあかん」「基地の地主は大金持ちで六本木ヒルズに住んでいる」「米兵のレイプより沖縄人のレイプの方が多い」等々でたらめな百田の発言に賛意を示して盛り上がり、大西英男議員は「マスコミを懲らしめるには広告料収入を断て」などと発言し、マスコミの言論統制について全員でとことん野蛮に勉強(?)し合った。

このような暴言だらけの言論は、「WiLL」などのタカ派の言論誌や、某衛星テレビや、ネット右翼などが、しょっちゅう繰り返している妄言で、わしはこのような言論が嫌になって自称保守言論誌とは絶交することにした。

だが、この手の劣化したネトウヨ的妄言は、もはや自民党議員の中に蔓延しており、日常不断にあのような乱雑な意見が飛び交っているのが実情だろう。

彼らの知性の劣化は底知れぬ様相を呈している。

安倍応援団の妄言勉強会は、見事に首相の背後から銃撃を浴びせ、この勉強会の代表・木原稔青年局長は更迭されることになった。

小林よしのりを排除したせいで天罰が下ったようなものだ。

今後この勉強会は馬鹿の巣窟としか見られなくなるだろう。

「妄言勉強会」という名で活動を続けることを許可しよう。 

一方、宏池会系の勉強会も、執行部の圧力に屈して、小林よしのりを呼べなかったヘタレ・リベラルと見られ、負い目を感じながらやっていくしかなかろう。 

昨夜の「朝まで生テレビ」には、出演を承諾していた自公の若手政治家は全員キャンセルしていた。

ここにも自民党執行部の「出演自粛圧力」があったという。

安保法制を国民に説明する絶好の機会から、逃げまくる自民党。

自民党にも公明党にも、自信を持って安保法制を説明できる議員など、一人もいないのだ!

国民への説明が不可能な法案を、強行採決してしまうことが出来るのか?

権力を握る快感に酔いしれ、言論封殺を願望し、議論を避けまくる自民党に対して、もっとデカイ天罰を、国民が下す時が来るだろう。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「日本の防衛」報道に驚き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テレビの報道が信頼されないワケ

    メディアゴン

  3. 3

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  5. 5

    田原氏語る共謀罪強行採決の理由

    田原総一朗

  6. 6

    共産党と公明党「因縁」の歴史

    蓬莱藤乃

  7. 7

    石破氏「暴言は人間性の問題」

    石破茂

  8. 8

    小林麻央 2年8ヶ月ガンとの戦い

    渡邉裕二

  9. 9

    石破氏 自民党は議論の自由ない

    『月刊日本』編集部

  10. 10

    麻央さん死去 報道の姿勢に苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。