記事

2010年のIPO社数は22社、野村の主幹事シェアは圧倒的な73%

ファイナンススケジュールから考えて、今年2010年のIPOが出そろいました。

昨年の19社から3社増加して、22社となりました。昨年に引き続いて今年もIPO社数が伸びずに終わってしまいました。ネット・モバイル関連銘柄としてはパピレス、ボルテージ、イー・ガーディアンといった銘柄がIPOを果たしました。昨年度のグリー、クックパッドに比べると(失礼ですが)話題性に欠けた感じがします。
ちなみに、パピレス、イー・ガーディアンの主幹事は野村證券、ボルテージはみずほ証券でした。

さて主幹事のシェアですが、野村證券が圧倒的な強さを見せて22社中16社の主幹事となりシェアは約73%、2位の大和証券CMのシェア約18%、4社を大きく突き放しました。その他の主幹事証券はみずほ証券1社、SBI証券1社となり、IPOの主幹事を務めた証券会社は日本国内で4社のみという寂しい結果でした。

主幹事証券会社の引受シェア
1位 野村證券 16社(73%)
2位 大和証券CM 4社(18%)
3位 みずほ証券 1社(4%)
3位 SBI証券 1社(4%)
---------------------------
合計 22社(前年比+3社)

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 香山リカ氏の指摘に反論

    橋下徹

  2. 2

    安倍総理 金正恩氏の言葉に乱調

    メディアゴン

  3. 3

    24時間労働が合法 高プロの危険

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    よしのり氏「報ステは憲法違反」

    小林よしのり

  5. 5

    橋下氏 悪質タックル問題に苦言

    AbemaTIMES

  6. 6

    アイドル自殺 母親が真相を告白

    文春オンライン

  7. 7

    加計問題の解明妨げた今井秘書官

    郷原信郎

  8. 8

    弁護士による賠償請求の恐ろしさ

    猪野 亨

  9. 9

    日大は内田監督を懲戒解雇すべき

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    「どこへもタクシー」が得な理由

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。