記事

世界は変えられる! デジタルアートへの挑戦【2】 -対談:チームラボ代表 猪子寿之×田原総一朗 - 田原総一朗の「次代への遺言」

村上 敬=構成 宇佐美雅浩=撮影

世界で100万人――猪子寿之氏率いるチームラボの企画展に訪れた人の数だ。「21世紀の日本をつくってほしい人」と田原氏が評する彼の話は、日本人の美意識からデジタルテクノロジーの可能性、そして教育の未来にまで及んだ。

前回の記事はこちらから
世界は変えられる! デジタルアートへの挑戦【1】 -対談:チームラボ代表 猪子寿之×田原総一朗

答えを覚えるより答えを創る練習を

【田原】もう一つ、「学ぶ!未来の遊園地」のほうも聞かせてください。この「学ぶ!」はどういう思いを込めているのですか。

【猪子】なんといったらいいのかな。いま僕がやっている仕事って、よくわからないじゃないですか。

【田原】うん、とてもおもしろいけど、よくわからない(笑)。

【猪子】少なくとも僕が子どものころは、僕がいまやっていることが仕事になるなんて大人は誰も想像していませんでした。これはきっと未来も同じで、いまの子どもたちが大人になるころは、いままだない職業だらけになっていると思うんですよ。そして、いまよりもずっと、共同的で創造的であることが重要になっていくと考えています。つまり子どもたちは「Co-creation」を体験したほうがいいと思うんです。

【田原】「Co-creation」を日本語でいうと、「共創」ですね。

【猪子】そう。でも、日本の教育はそうなってない。普通の学校では答えのある問題ばかり出されて、答えを覚えることを求められる。そんなのはまったく創造的じゃない。本当は新しい答えを創る練習をしたほうがいいのに、答えのないことをやろうとすると逆に怒られちゃう。それに、日本の学校は個人主義でしょう。テストも1人、受験も1人、家に帰っても1人でスマホ。共同で何かする体験が少ない。

【田原】正解のある問題を1人で解くと先生に褒められる。

【猪子】それで褒められたって楽しくないよね。それよりも創造的であることが楽しい、他の人と一緒に創造すればなお楽しいという経験を子どもたちにさせてあげたい。それが「学ぶ!未来の遊園地」の意味です。単にジェットコースターに乗ったらスリルがあって楽しかったね、という話ではなくて、チームラボの遊園地のアートアトラクションを通して、「Co-creation」のおもしろさを体験して学んでほしいんです。

【田原】いまはネットで個人がつながる時代です。猪子さんが目指す「Co-creation」は、ネット上で人がつながることとは違うの?

【猪子】違いますね。パソコンもインターネットも、基本的には個人の拡張です。パソコンはパーソナルコンピュータで、まさに自分の脳の処理速度や記憶力を拡張させる装置です。インターネットも同じです。グーグルで検索するのは自分の脳が探したいものをもっと広く探す行為だし、フェイスブックも人間関係を増やすサービス。ぜんぶ個人を拡張させようという話だから、自然と他人との関係を意識させるために、アートを拡張しようとしていることとは、そもそも起源が違います。

課長も部長もなしボーナスも同じ

【田原】猪子さんは学生のころにチームラボを立ち上げた。最初は何をやろうと考えていたのですか。

【猪子】僕らが学生のころ、ちょうどインターネットが世に出た。すごく抽象的ですけど、それを見てデジタルが人類を前に進ませると感じました。デジタルテクノロジーによってイノベーションが起きて社会が変わるかもしれないし、デジタルという概念が生まれたことで新しいアートが生まれて、人々の価値観が変わるかもしれない。いずれにしても社会を前に進ませたいと思って、仲間5人でチームラボをつくりました。

【田原】最初から仕事はあったの?

図を拡大
チームラボ代表 猪子寿之氏の経歴

【猪子】ぜんぜん。テクノロジーはビジネスにならなかったし、アートもつくっていましたが1円にもならなかった。仕方がないから、請け負いで友達の会社のホームページをつくったりしていました。そうやって頼まれたものをつくっているうちに会社は大きくなったけど、本当は、いま展示しているような作品をつくりたいとずっと思っていました。

【田原】じゃあ、夢がかなったわけだ。ちなみにこの企画展は、どれくらいの人が来ていますか。

【猪子】37万人(2015年4月17日現在)です。遊園地はいままでいろんな場所でやってきて、それも含めると100万人かな。

【田原】東京以外だと、どこで?

【猪子】全国で何十カ所とやってます。海外だと上海や台湾、アメリカでもやりました。

【田原】聞きにくい話を聞くけど、チームラボは採算取れるのですか?

【猪子】この展覧会だけでは、いままでかかった全額は回収できていないです。ただ、全国各地でやっているし、今回展示しているアートは海外で売れたりしているので、合計すれば何とか採算は取れているんじゃないかと。

【田原】失礼だけど、猪子さんも採算のことを考えていらっしゃるんだ。

【猪子】考えますよ。採算が取れないことが続くと潰れちゃうから。採算の合わないことが多いから、むしろいつも頭から離れない(笑)。

【田原】ちゃんと社長やっているのは意外でした。

【猪子】いや、ちゃんとはできていないですけど。

【田原】前に話をうかがったとき、「チームラボには課長も部長もいない。社員を管理する必要はない」とおっしゃっていました。チームラボは、いわゆるピラミッド型ではなくフラット型の組織だ。ボーナスもみんな同じだそうですね。

【猪子】そうですね。決算の状況に連動して、社長も社員も同じ額です。

【田原】給料はどうですか。

【猪子】給料はバラバラですよ。昇給はいいかげんで、「あいつはすごい活躍をしているらしい」という話になると上がります。

【田原】やっぱり猪子さんのところは独特だ。引き続き注目しています。頑張ってください。


田原さんへの質問:いまの社会は細かいことにうるさくて窮屈です

【田原】社会が寛容さを失ったのは、ツールが発達して便利になったことと無関係ではない。昔は僕がテレビで無茶をすると、電話でクレームがきた。電話は1対1だから、プロデューサーが「二度としません」といえば話がついた。しかし、いまはネットを通じてクレームが届く。その結果、小さな失敗さえ許さない空気が蔓延してしまった。

同じことは社会全体で起きています。残念ながらツールの発達は止まらず、これからも細かいクレームが次々に届くでしょう。しかし、社会を変えたいなら、クレームを蹴散らすくらいの力強さを持つことが大切。同時に、人の失敗に対しては寛容でいることが、生きやすい社会をつくると思います。

遺言:クレームを蹴散らす強さを持て

田原総一朗
1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーのジャーナリストに。若手起業家との対談を収録した『起業のリアル』(小社刊)ほか、『日本の戦争』など著書多数。

前回の記事はこちらから
世界は変えられる! デジタルアートへの挑戦【1】 -対談:チームラボ代表 猪子寿之×田原総一朗

あわせて読みたい

「田原総一朗」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日産「ノート」が売上1位の理由

    片山 修

  2. 2

    橋下氏"小池都政は大成功だ"

    橋下徹

  3. 3

    橋下氏"豊洲は行政的には大失敗"

    橋下徹

  4. 4

    篠山紀信"快楽の館"の誘惑と衝撃

    ローリングストーン日本版

  5. 5

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

  6. 6

    示唆を与える湯浅誠氏のスピーチ

    亀松太郎

  7. 7

    報じられない「熊本地震」の現状

    田野幸伸

  8. 8

    米年末商戦 Amazonが快進撃か

    NewSphere

  9. 9

    "安定を求めて公務員"は正しいか

    シェアーズカフェ・オンライン

  10. 10

    "真珠湾攻撃"伝える当時の米社説

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。