記事
  • NATROM

武田邦彦氏の過去の発言を検証してみる

1/3
ネットでは武田邦彦氏を信用している人がそれなりにいる。武田邦彦氏を信用する理由もさまざまあるだろうが、「『御用学者』たちは原子力発電所は安全だなどと言っていた。武田氏は震災前から原発の危険性を指摘していた」「政府は言うことがコロコロ変わっている。武田氏のほうが信用できる」というものがあるようだ。

少なくとも、そのような理由で、武田氏を信用するのは妥当ではないと私は考える。武田氏は、震災前は原発は安全だと言っていたし、震災前後で言っていることがコロコロ変わっているからだ。いくつか引用し、検証してみよう。

強調はすべて引用者による。引用部分や強調が恣意的ではないか、という批判が予測される。引用元はすべて明示しているので、恣意的な引用がなされていないかどうかは、読者は適宜検証をおこなって欲しい。武田氏は、しばしば、引用元を明示せずに論評を行うが、私の引用の仕方を気にするような人は、武田氏はさらに信用に値しないことに同意するであろう。

原子力発電所は、確かに事実は安全



■第7回 原子力安全基準・指針専門部会 速記録(平成19 年12月25日) PDFファイル
○武田委員
1つお願いというか、提案というほど大げさではないんですが、ちょっとお話しさせていただきます。

大変に長い間、日本の原子力発電所は、簡単に言うと、極めて安全に運転されてきた。多分、他のエネルギー産業の中でも、統計的な数字を細かく述べることはできないんですが、最も安全なエネルギー産業の1つではなかったか。そういう意味では、原子力安全委員会が大変正常に機能した数十年だったと評価できるのではないかと思うんですが、一方、新潟の地震による火災のときの国民の反応のように、ほとんどの国民は「原子力発電所は安全でない」と認識しているのではないかと危惧しているわけであります。

どういうことかというと、この前、この指針の部会のときにちょっと発言させていただいたんですが、否定されたりして余りうまくいかなかったんですが、「安全」という言葉が2つあるのではないか。1つはここで言っている安全というもので、フィジカルに安全であるというもの。それから、国民が言っている安全というのはその安全ではなくて、「安全である」という認識が安全である。もちろん、実態的に安全であることはもちろんなんですが、それが認識の段階になって初めて「安全である」と理解すべきであるというメッセージを、ここ数十年、発しているのではないかと思うんですね。

例えば、今度の火災が一番典型的な例だと思うんですが、幾ら原子炉が安全になっていると言っても、目の前の原子炉からもくもくと黒い煙が上がっていて「安全だから全然通報も要らないよ」例えばそういうことですと、それがいわゆる国民側から見て安全という状態になっているのかということになるのではないか。

それで、「安全」という用語の定義を変えたらどうか。もうこれ数十年になるのでね、国の方は安全だ、安全だと言っていて、確かに事実は安全なんですが、しかし、国民は不安だ、不安だと言っているのでは、もうこれは平行線でどうにもならない。従って、例えばこの基準とかそういうものも、その中に「安全だと思うこと」というのを指針の中に入れたらどうか。今までの指針は全部、フィジカルに安全であれば、もう「おまえらが知識ないから悪いんだ」というような言い方なんですが、そうも言えないのではないか。せっかく長く安全が保たれてきたにもかかわらず信頼されないというのは、やはり基本的なところを少し考え直して、もう一つ踏み込んだらどうかと思うんです。

今度、黒い煙がもくもく上がったというのは不幸中の幸いでありまして、これは不等沈下だとか附属装置の安全性を高めればいい、要するにフィジカルな安全性を高めればいいんだということではなくて、この現象を別の意味にとらえて、この機会に「安全」という概念を変えて、今後の指針とかそういうものをつくっていくチャンスではないかと思われますので、ご考慮いただければと思います。

原子力発電所は、「事実は安全」だが、「国民は安全でない」と認識している、という主張である。「原子力安全委員会が大変正常に機能した数十年だったと評価できる」という点も、実はポイントである。311以降は、武田氏は、保安院が強い影響力をもったせいで安全委員会が十分に機能できなかった、というようなことを言っているからである。 *1

日本の原子力発電所は爆発させようとしても爆発しないので安全



■武田邦彦 (中部大学): 原子力を考える (3)(平成19年4月)
 爆発しない原子力発電所というと「軽水炉」である。水を使って燃料を冷やし、熱を取り出すこの簡単な原子炉は安全である。なぜ安全かというと「温度が上がると中性子を吸収する」という水の性質を利用しているからである。
 何かの間違いで原子炉が原爆のような状態になることがある。そうなると核反応が進み、ドンドン温度が上がる。そうすると水が中性子を吸収して反応を止める。つまり「自動安全装置」が水なのである。実に簡単で素晴らしい。よく水がそんな性質を持っていたものだ。
 
 水のおかげで人類は安全な原子炉を作ることができた。なぜ「安全」かというと、原理的に原子爆弾にならないということと、なんと言っても過去50年ほど、世界で動いてきた軽水炉は爆発状態にならなかったという実績である。
 
■武田邦彦 (中部大学): 原子力を考える (2)(平成19年4月)
 つまり原子爆弾を作ろうと思ってもそんなに容易にはできないのである。逆に原子力発電所を作る時には、できるだけ爆発しないように設計するので、原理は原子爆弾と原子力発電所が同じであっても、原子力発電所が突然爆破するということは起こらない。
 特に日本の原子力発電所は「水」を使って炉を冷やしているが、水は「核反応が進めば進むほど反応を止める方向に行く(負のボイド効果)」という特徴を持っているので、爆発させようとしても爆発しない

 でも旧ソ連のチェルノブイリ原子力発電所は違った。この発電所は別の目的があったので「爆発しやすいように設計」されていた。黒鉛減速というこの発電所の方法は「反応が進むほど進む(正のボイド効果)」がもっとも高い設計だった。だから暴走が始まると止まらない。

311以前であれば、「軽水炉は爆発しない」という発言は、仕方がないと私は考える。だが、「『御用学者』は原発は安全だと言っていたが、実際には爆発した」という理由で、武田氏を信用する人はどうお考えだろうか。また、「爆発」という言葉の意味の揺らぎもポイント。武田氏は、臨界という言葉を、核爆発で言いかえている。 *2 いい加減な用語の使用法だけでもどうかを思うのだが、「爆発」という言葉の意味は一貫していない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

  2. 2

    誰が書いた? 昭恵氏FB投稿に懸念

    郷原信郎

  3. 3

    宗男氏"野党の主張は野次馬的"

    鈴木宗男

  4. 4

    仏紙が報じた森友学園事件の全貌

    内田樹

  5. 5

    みんなのクレジット 無残な実態

    吊られた男

  6. 6

    山本太郎氏"籠池氏裏切った人は"

    山本太郎

  7. 7

    恥ずかしすぎる都議会の実態

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    森友問題の裏で進む悪法制定計画

    ビデオニュース・ドットコム

  9. 9

    NHKクロ現の内容に芸能プロ激怒

    渡邉裕二

  10. 10

    YouTube "広告主の反乱"止まらず

    広瀬隆雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。