記事

もう匿名は許されないのではないか?=元少年A「神戸連続児童殺傷事件」手記出版の波紋

1997年に神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件で、当時14歳だった加害男性(32)が著者名を「元少年A」として手記「絶歌」(太田出版)を出版した、とのことです。

しかし出版社は知る権利を言いますが、出版社の仁義としても、事前に遺族に何ら連絡をしていなかったようです。

これは社会の木鐸としても、あまりにもヒューマ二ティのない行為だと思います。

加害男性の非常識に手を貸す行為と思われても仕方がありません。

当然、遺族取材をしていないわけですから、出版社として、何ら裏付け努力もしていないことは明らかです。

仮に本の内容が虚偽で死者の名誉を傷つける部分があれば、刑法230条2項「死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。 」と言う規定上、共犯に問われる可能性すらあります。

児童殺傷、加害男性が手記…遺族「理解できぬ」 (読売新聞) =2015年6月10日(水)12時0分配信

記事によると、「太田出版の岡聡社長は「少年犯罪の当事者が当時、どう考えていたかを社会は知るべきだ」と話した。」と言いますが、これに対し、 「次男(当時11歳)を亡くした土師(はせ)守さん(59)は手記出版について「なぜ私たちを苦しめるようなことをするのか理解できない」などとするコメントを出した。土師さんは以前から加害男性側に手記などを出版しないよう求めていたという。男性側から事前の連絡はなかったといい、「先月、彼の手紙を読み、彼なりに分析した結果をつづってもらえ、これ以上はもういいのではないかと考えていたが、手記出版は私たちの思いを踏みにじるものでした」」とのことです。

遺族が怒るのも当然ですね。
 
小学6年の土師淳君(=当時(11))の息子を殺された土師さんは、「少しでも遺族に対して悪いことをしたという気持ちがあるのなら、今すぐに、出版を中止し、本を回収してほしいと思っています。」とコメントされています。⇒神戸新聞|加害男性の手記「今すぐ出版中止を」土師さん 神戸連続殺傷事件=2015/6/10 13:01

「何事にも順序というものがあり、本来なら当事者である私たち遺族や被害者が最初に知るべき重要な事柄が、このように間接的な形で知らされたことは非常に残念に思います」⇒神戸連続児童殺傷「何のため手記出版か」彩花ちゃんの母コメント全文(神戸新聞)=2015年6月10日(水)19時16分配信
 
こちらは娘彩花(小学4年=当時(10))ちゃんを殺されたお母さんのコメントです。

自ら本を出す以上、少年時代の犯罪という点で、将来の更正のために与えられてきた「少年A」という「匿名」特権も許されることはないでしょう。

逆に、表現する側の者として、著者である「元少年A」のことを、「知る権利」が国民の側にも出てくると思います。そうでないと、国民は「著者」への批判ができないことになります。

それが「表現の自由」の「自己責任」の帰結です。

今回の書籍「絶歌」の筆者名は、「元少年A」で出してはいますが、自ら匿名で「更正」の機会を得る権利を放棄したも同様というほかありません。

少年Aが自ら出版を持ちかけたというなら、なお一層です。

神戸新聞|神戸事件手記、加害男性持ちかけ=2015/6/10 21:07

「加害男性が自ら出版を希望し、仲介者を通じて同社に持ちかけたことを明らかにした。初版は10万部だという」

あわせて読みたい

「神戸連続児童殺傷事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    橋下徹氏は内閣改造で入閣あるか

    NEWSポストセブン

  4. 4

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

  5. 5

    五輪ボラへの1000円支給は無意味

    キャリコネニュース

  6. 6

    マンション価格の高騰に危機感

    Chikirin

  7. 7

    ふかわが新型iPhoneに不満爆発

    AbemaTIMES

  8. 8

    よしのり氏 新潮45を差別すべき

    小林よしのり

  9. 9

    医療と宗教 母が子供の輸血拒否

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    今井絵理子議員 2期目は絶望的?

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。