記事

中国レノボの親会社、香港IPOで2500億円調達へ=関係筋

[北京 5日 ロイター] - 中国のパソコン大手レノボ・グループ(聯想集団)<0992.HK>の親会社である聯想控股(レジェンド・ホールディングス)が、香港取引所から新規株式公開(IPO)の承認を得たことが分かった。IPO規模は約20億ドル(約2500円)。事情に詳しい複数の関係筋が5日に明らかにした。

香港市場では、昨年12月に不動産デベロッパーの大連万達商業地産<3699.HK>が40億4000万ドルを調達して以来の大型案件となる。

関係筋によると、聯想控股は8日から投資家の需要調査を開始する。再来週からのロードショーでオーダーの受け付けを始めるという。

聯想控股からは今のところコメントを得られていない。

聯想控股はレノボのほか、不動産デベロッパーやプライベートエクイティ(PE)会社、ベンチャーキャピタルを保有する。

関係筋によると、共同スポンサーには中国国際金融有限公司(CICC)とUBSが起用された。ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーが引き受けを支援する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    橋下徹氏は内閣改造で入閣あるか

    NEWSポストセブン

  4. 4

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

  5. 5

    五輪ボラへの1000円支給は無意味

    キャリコネニュース

  6. 6

    マンション価格の高騰に危機感

    Chikirin

  7. 7

    ふかわが新型iPhoneに不満爆発

    AbemaTIMES

  8. 8

    よしのり氏 新潮45を差別すべき

    小林よしのり

  9. 9

    医療と宗教 母が子供の輸血拒否

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    今井絵理子議員 2期目は絶望的?

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。