記事

【記者100人の声】増田 覚 氏 TechCrunch Japan 編集記者

TechCrunch Japan 増田 覚さんのトップ画像

国内外のスタートアップ企業の紹介や、新しいプロダクトのレビュー、業界の重要なニュースを扱うテクノロジーメディアとして成長を続けるTechCrunch Japan。同編集部のメインライターとして活躍する増田覚さんに、TechCrunch Japanで働き始めた理由や目標について伺いました。

広告営業として意外とやり手だったんですーー。

Qいきなりですけど増田さんってオシャレですよね。もともと記者以前はどんな仕事をしていたんですか?
いまとなっては信じてくれる人もいないんですけど、広告代理店でけっこうなドブ板営業をやっていました。営業企画みたいな役職で、もうなくなっちゃいましたけど、新聞社系の週刊誌を当時所属していた会社が4ページ扱ってて、そこで社長インタビューの記事広告を売っていたんです。

いま思えば、えげつない広告商品でした(笑) それこそしれっと「社長いますか?」みたいに電話して、相手が乗ってきたら取材して、インタビュー記事を掲載して、広告費をいただくという。電話かける相手を探して、一日中電話して、取材して記事書いて、お金のやり取りも全部やっていました。

Qそういうのすごく苦手そうに見えますけども…。

top_interview_satoru_masuda_data_image6

なんか、昔はできたんです(笑) それこそ墓石売りの会社から占いの会社まで、あらゆる会社の社長に営業かけて、インタビューして、記事も書いてました。「ちょっと話、盛り上がっちゃったんで、記事2ページでもいいですか?」なんて聞いて、そうすると一気に売上が2倍になるんです。

意外とやり手だったと思いますよ。常に1位か2位。押しの強さはないので、下から入り込む営業スタイルです(笑) はっきり言ってお金もらって書いているわけだから、相手の良いところをすごく探しますよね。もう必死に探す。探しまくって掘り出して盛り上がると、1ページが2ページになって、もらえる広告費も2倍になりますから。

取材相手とのコミュニケーションのために落語を聞き込んだ

Qある意味、それはいい記事というか、力のこもった記事を書くのが鍛えられますね。
そうですね。取材される経営者の方の中にも、記事広告だってわかってるけど、せめて取材は広告じゃない体裁でやってほしいっていう自尊心はありますから、そこは傷つけないようにとか工夫しました。新卒の頃から2年半くらいの期間ですが、すごくいい経験になりました。

たとえばこれは広告営業時代に培ったことなんですけど、取材に行くときは、駅からそのオフィスまでの景色をもらさず見て、オフィスに入ったら部屋の中の風景も見て、まず何かしらの話題を見つけます。「あのラーメン屋、美味しそうですね」とか、賞状が飾ってあったら、「あれはあの受賞のときのですか?」みたいな。あと、経営者には年配の方が多かったので落語を聞きました。

Qえ…、落語ですか!?

自分からしてみたらおじいさん世代の人が多かったので。落語の話の“間”ってウケるんですよ。間というか、呼吸がすごく勉強になります。なのでひたすら聞いて、それを体に染み込ませていました。私生活にはまったく生きてないですけど(笑)

Qそのトップ営業マンが、なんで儲からなさそうなウェブメディア業界に?

top_interview_satoru_masuda_data_image2

それはやっぱり、お金もらわないと記事が書けなかったからです。自分が本当に惚れ込んだ会社でも、どんなに素晴らしい企業でも、広告を買ってもらわないと記事は書けないし、掲載できなかった。そういう自由度はやっぱり全然なかったので。

それに当時はネット業界がいろいろ動いてて面白そうでした。その後に転職したITニュースサイト「Impress Watch」を運営するインプレスは、書ける場所を探していて見つけました。いまは本当にそのときに出会ったのがインプレスで良かったと思っています。
ITに関しても素人、記者としても半人前でしたが、取材から記事の書き方から、全部教えてくれました。それは間違いなくいまも生きています。当たり前だと思われるかもしれないですけど、それだけ教育できる人がいる会社はなかなかないです。もちろん厳しかったですけどね。

インプレスに入社したのが2004年10月。一昨年まで9年ほど「INTERNET Watch」というネット媒体に在籍していました。

ブログメディアに求められる人間臭さとブランド力

Qで、いまはTechCrunchにいらっしゃる。転職された理由は?

個人的に1つの区切りのようなものを感じたからです。当時、まずは取材先や発表会などの内容をありのままに、いかに読者にわかりやすく伝えられるかを重視していたんですけど、その基本的な部分については自分なりに納得できるところまできたかなと。

だから、もう一歩踏み込んでみたいと思ったんです。ニュースの場合だと本当にまずはありのままに伝えるっていうのが大事だと思います。でもいま所属しているTechCrunchはニュースサイトというよりも“ブログメディア”という建て付けなので、もちろん事実は確実に伝えるんですけど、それにプラスして「このニュースはきっとこういう意味を持つよね」と一言添えてあげるような、もう少し人間臭さが求められています。そこにこちらとしてもやりがいを感じています。

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    鮪の国際会議で日本"フルボッコ"

    勝川 俊雄

  2. 2

    山本太郎氏のひとり牛歩に疑問

    和田政宗

  3. 3

    カジノ解禁を嫌がるパチスロ業界

    大西宏

  4. 4

    Softbank孫社長、日本一の富豪に

    フォーブス ジャパン

  5. 5

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

  6. 6

    橋下氏"豊洲は行政的には大失敗"

    橋下徹

  7. 7

    トランプ氏に投票した"普通の女"

    PRESIDENT Online

  8. 8

    小池知事"除名7区議をサポート"

    THE PAGE

  9. 9

    リクルートOBがギャザリーに激怒

    永江一石

  10. 10

    雅子さまは日本が誇る皇后になる

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。