記事
  • Lilac

高学歴専業主婦も35歳までにキャリアの目処は立てること

昨年、ハーバードなどの有名大学を卒業して専業主婦になるアメリカの高学歴女子が増えている実態を描いた「ハウスワイフ2.0」が話題になったが、日本でも東大卒の専業主婦というのは実はとても多い。

ハウスワイフ2.0
エミリー マッチャー
文藝春秋
2014-02-24


何で東大を卒業してわざわざ専業主婦に・・・と言う人もいるかもしれないが、これは「学歴が高いほど、職業の選択肢が豊富である」ということと矛盾していない。
実際のところは、仕事を続けたかったが、育児と両立が難しくて仕方なく仕事を辞めた、夫の転勤に伴いやめざるを得なかった、という人が多いと思う。
そういう状況でも、専業主婦になるならそれはそれで割りきって、専業主婦ライフを楽しめる人が多いのは、やはり高学歴のなせる技なのだろう。
高学歴女子の方が、高学歴で高収入の男性と結婚する機会が多いとか、本人に実力もあるので主婦をやりながらの高収入の副業(例えばZ会の添削や試験作成)も可能とか、料理やお裁縫など専業主婦生活にもうまく楽しみを見出してブログ発信、はたまたネットショップなどで起業などという人も。いざ仕事に復帰しようとしても学歴と経歴が後押ししてやりやすい・・・など色んな背景があり、贅沢な選択、とも言える。

でも「ハウスワイフ2.0」でも指摘されているように、有名大学を卒業した彼女たちは本当に専業主婦をやり続けるのが良いのか、そのつもりなのかと言われると、子供がある程度の年まで育ったら、自分の学歴などを活かして仕事に戻りたいと内心思っている人は多い。

もし人生の途中で専業主婦になることを選んだ彼女たちが、将来的に復職してキャリアを積むとか、補佐的な仕事ではなくてリーダー的役職について仕事をする、ということに興味があるならば、35歳くらいまでには復職し、またはキャリアの目処を立て、40歳になるまでには何らかの結果を出すことを非常に強くお勧めする

実は、高学歴女子が専業主婦を5年やっていて復職する、というケースでも、30歳と35歳では雲泥の差がある。
30歳での復職なら、かなり広い職業の選択肢があり、もう一度「キャリアのトラックに乗る」ことも可能だが、35歳になるとそのような選択肢はかなり狭まってしまう。
就職・転職市場には「35歳の壁」があるのだ。

これは男性も同じなのだが、高学歴の人ほど、20代の頃に様々な選択肢が選べ、引く手あまただったので、35歳を過ぎると急に選択肢が減るということを知らない人が多い
 
転職エージェントをやっていた私の知人には「専門性を変えるような転職は35歳までにしろ」と口酸っぱく言われていた。専門性を変える転職とは、例えば、これまで営業職をやってきた人が、経営管理職に行くとか、コンサルティングやファンドに転職するとか、同じ営業でもIT営業だったのが、製薬メーカーの営業になるなどの転職のことだ。

彼によると、35歳を超えると専門を変えて、ゼロから実績を積み上げさせてくれるような求人は一気に無くなるという。一見、年令に関係なく求人をしているが、それは既に専門性を積んだ人をふるい落とさないようにするため。35歳を過ぎて、専門を変えようと転職活動している人は、学歴や経歴の良い人であっても非常に苦労しているのだという。

35歳という年は、大学を卒業して一つの職種に就いている人なら、5年、10年はその仕事をやって実績があり、部下や後輩の指導なども行いながら、かなりの責任ある仕事を任せることができる、企業からみるとかなり生産性の高い年代だ。どうしても、それと比較してしまうので、35歳以上を採用するのはコストの割にリスクが大きいのだ。
また、35歳で就職・転職となると、多くの場合上司は年下となることを覚悟したほうが良い。

なお、35歳を過ぎるとゼロからの転職は難しい、というのは海外でも同じ傾向。だから、日系だから、外資系だから、ということではない。
また、既にキャリアを積んでいる人であっても、35歳を過ぎると積んだキャリアから専門性を変えるのは難しくなるのは同じであり、選択肢の幅は狭まっていく。

専業主婦になる前に仕事をしていても、資格があるなど相当専門性の高くない限り、ブランクの後で復職するのは、上の「専門性を変える転職」と変わらない。
もちろん、全く就職ができなくなるということではなく、補佐的な仕事ではなくリーダー的役職に就けるトラックに乗るとか、東大卒という学歴などを活かしての就職が難しくなるということだ。
そしてその場合でも、ベンチャーなど規模の小さい企業などに限られるなど、選択肢が限られるということ。

だから、高学歴女子で、現在専業主婦をやっており、いずれは復帰・・・と思っている人で、35歳以下の人は、かなり真剣に復職に向けた活動を始めること。転職エージェントに登録したり、相談したりなど始めるべき。
また、35歳を過ぎている、という人はかなり選択肢が狭まっていることを覚悟して、エージェントへの登録はもちろんのこと、人づてなどをもっと真剣に使いつつ、活動することを強くおすすめする。 

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森友学園に起きた「すごい偶然」

    八木啓代

  2. 2

    AV男優が持つセックスへの価値観

    幻冬舎plus

  3. 3

    妄想ばかりの韓国は日本のリスク

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    ダイヤモンド誌の記事に重大疑惑

    PRESIDENT Online

  5. 5

    iPhone7のセールスに異変 酷評も

    NewSphere

  6. 6

    日米が演出 「開戦前夜」の狙い

    PRESIDENT Online

  7. 7

    ヲタ専か一般化かニコ動の難しさ

    田野幸伸

  8. 8

    北への武力攻撃は"今しかない"?

    小林よしのり

  9. 9

    北朝鮮の「暴挙」に隠された狙い

    吉川たける

  10. 10

    収入激減する非正規のGW死活問題

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。