記事

ブログをやらずにコメント欄で自説を述べる輩は金魚のふんである理論

ネットには金魚のふんが多い。自分でブログを持ち、自分の意見を情報発信しないくせに、SNSなどのコメント欄に長々と自説を述べる人や、「これは間違っている」「こいつはバカだ」としか書かない、バカ以下のバカというのも結構存在する。

なぜ彼らはブログを持たずに他人のコメント欄でこのようなことをするのか。それは自分に自信がないからだ。

自分の意見が正しい。自分の意見を多くの人に知ってほしい。と思うのなら、誰もが見れるブログで自分の意見を堂々と発信すればいい。なぜそれをしないのか。自分に自信がないから。自分の発言に責任の持ちたくないから。もしくは多くの人に役に立ちたいという心がなく、他人のコメント欄で目立ちたいという自己満足しか考えていないからだ。

自分の意見が正しいと思うならブログで発信すればいい。他人のコメント欄などごく一部の人しか見ない。ブログなら検索に引っかかりやすいから、多くの人に末永く見てもらえる機会がある。もし自分の意見が正しいとか多くの人に伝えたいと思うのなら、コメント欄などにせずブログで意見を書いているはずだ。

自信がないんでしょ。他人の批判をコメント欄でできても、自分のブログで意見を書けないのは卑怯者であり臆病者であり無責任者だ。堂々と書けばいいじゃないですか。ブログで。なぜ書けない?おまえの意見がクズだからだよ。自己満足しか考えてないからだよ。

前に毎回のようにフェイスブックで私の投稿のコメントに、超長文の自説を述べるバカがいたから「ブログで書いてください」って言ったら、「ブログを書く時間がない」って!バカじゃないの。フェイスブックに書く時間があるならブログで書けばいいじゃないか。いや、ブログがいやなら、せめて他人の投稿のコメント欄ではなく、自分のフェイスブックのタイムラインに書けばいい。でもそういう人に限って他人の金魚のふんでしか書けないのよね。

あと最近あって最低なコメントだなと思ったのは、「これは間違っている」以上みたいなコメント。間違っているならさ、何が間違っているかブログで書けよ。「これは間違っている。私の意見は下記ブログをお読みください」ってリンクはればいいじゃん。そうしたらさ、なるほど、そういう意見もあるのかって、見ている人がためになるわけよ。

なぜそんなことをせず、ただ「これは間違っている」「これはバカだ」としか書けないのか、というかわざわざこのコメントしか残さないのか。それは多くの人に役立とうとか、多くの人に正しい情報を知ってほしいという心がなく、ただ他人の批判だけして喜ぶ心のひん曲がった人間に過ぎない。

でもさ。そう書いたらだよ。自分のことだと思ったのか、リンクをいっぱい張ってきた。まあそれはそれで役立つことだと思う。でもそれ全部、他人の記事で、自分のブログのリンクがないんだよね。

自分が書くよりメディアが書いた記事や専門家が書いた記事の方が、説得力もあるし参考になる場合ももちろんあるから、それはそれでいいんだけど、でもそれだけ?ようは自分の都合のいい情報を寄せ集めて情報を受信しただけで、そういう様々な情報を受け取った上で、自分はどう考えたのか、情報の発信がないってことはさ、多分、情報の理解としては他人の受け売りでしかないわけ。

自分で理解しているのなら、専門家やメディアの意見の引用しながら、結果、自分はこのように思うって意見の自分のブログで書けばいい。それができない、それをしないってことは、多分あんまりわかってない。ただどちらか一方の情報をうのみにしているのにすぎない。

ネットで情報はあふれている。世界の隅々のニュースをいくらでも我々は知ることができる。いろんな人の意見を読むことができる。でもね、情報を受信しているだけと、情報を発信することは雲泥の差がある。

受信した情報を自分なりに受け止めて発信し、そこではじめて単なるテキスト情報が自分の知恵になるんだよ。もちろんそのためにはいろんな情報をまず受信する必要がある。でもさ、受信だけで終わっている人がいかに多いことか。だからわかったような気でいて何もわかっていない。だからブログを書けない。他人のコメント欄でしか意見を言えない。金魚のふんなんだよ。

ちなみに上記のような似たような話として、ホリエモンの素晴らしいメッセージがある。近畿大学の平成26年度卒業式で講演したものだ。ここでホリエモンは、まずはいろんな情報を受信せよといっている。でもそれだけじゃダメだ。自分の頭で考え、自分で情報発信せよといっている。・・・・・

他人のコメント欄で金魚のふんみたいに発信するんじゃなくってさ、自分の土俵で発信しろよ。間違ってもいいから。大事なことは自分の頭で考えることなんだよ。専門家のリンクをいっぱい集めても、知識が知恵にはならない。

ネットで情報発信するならブログがいい。なぜなら誰もが見れるから。フェイスブックで発信すればいいじゃないかっていう人が、未だにいるのが驚きなんだけど、フェイスブックやっている人は限られているわけ。しかも友達やフォローしなければ、基本見ることはないわけでしょ。お友達だけに発信すればほめ殺ししてくれるだろうって、甘ちゃんな考えじゃなく、誰もが見えるブログで発信すればいいのに。ブログで発信せず、フェイスブックに逃げているのは批判が怖いからだ。自分の意見に自信がないからだ。

受信した知識を知恵に変えたいなら自分で発信しろ。多くの人に伝えたいと思うなら自分のブログで発信しろ。それをせずにコメント欄でうじうじしているクズは金魚のふんでしかない。自分で情報発信せよ。それが自分のためにもなり他人のためにもなるから。

反論があるならブログで書け。ただそれだけの話。

あわせて読みたい

「ブログ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏が暴いた"森友騒動の真相"

    PRESIDENT Online

  2. 2

    てるみくらぶ内定者に"救いの手"

    木曽崇

  3. 3

    田原氏 100万円寄付あったと推測

    田原総一朗

  4. 4

    森友 夫人付きの主張を巡る謎

    メディアゴン

  5. 5

    韓国の"他力本願"体質に違和感

    tenten99

  6. 6

    アッキードごまかす権力の犬たち

    小林よしのり

  7. 7

    シン・ゴジラ 海外で大爆死なぜ?

    ニコニコニュース

  8. 8

    安すぎる森友国有地値引きは異質

    玉木雄一郎

  9. 9

    未婚率を上げる都の"バカ高"家賃

    PRESIDENT Online

  10. 10

    渡辺謙 一般女性と3年近く不倫か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。