記事

「美人すぎる市議」って一体何だろう? これって一体何の投票ですか

 八戸市議会が一部で話題になっています。
 マスコミによって作られた造語「美人すぎる市議」でそればかりが強調される市議藤川優里氏が八戸市議会でトップ当選。
 元グラビア出身の久保百恵氏が新たに立候補3位で当選しています。

八戸市議会選挙
NHK開票速報より

 それをwithnewsがこのように報じています。
「美人すぎる市議」、八戸でまた誕生 元グラドル29歳の久保百恵さん」(withnews2015年 4月27日)

 この藤川氏に対する「美人すぎる」という形容自体が、何だか下品すぎて不快感しかありませんし、当人もそれを否定することなく受け入れているのですから、その表現にご満悦なのでしょう。所詮はその程度の人ということなのですが、これだけで「トップ」当選してしまうというのも全く理解できません。

 色々、公約があるって?
 そのようなもので有権者が判断しているというのですか。そのような公約など全く見えてきません。しかも「自民党公認」です。その政党の公約以上のものではあり得ません。

 ただおもしろおかしければいいという週刊誌レベルのマスコミが煽っただけの話です。
 こういうことだけで当選してしまっているとしか評価されませんし、有権者の投票行動にも同様です。

 久保氏についても同じ。上記の取り上げられ方もスポーツニッポンが「元グラドル初挑戦」とか、週刊文春が「統一地方選挙に立った「革新的美女たち」というレベルのもので、政策論争とは全く無縁でしょう。
 結局、この久保氏のホームページもビジュアルばかりが重視されています。
 http://kubomomoe.com/

 選挙公報をupしていますが、これです。

久保選挙公約

 確かにこれで八戸市がアピールされたかもしれません。
 しかし、そのアピールのされ方は、他の全国の人たちに好感を持ったアピールだったといえるでしょうか。

 「そんなの八戸市民の勝手でしょ!」

 批判するのも勝手なのですが、こういうことでしか八戸市をアピールできないようでは、何だか女性にお酌をさせてご機嫌をとるという構図にしか見えませんし、こういったレベルの投票行動は、日本全体を劣化させていることは間違いなく、迷惑この上ないことです。

 タレントだったり、スポーツ選手だったりが、自民党という与党、それに近い立場から立候補して当選してみたところで、政治が変わらないどころか、無批判に何も考えずに投票するから単なる与党の「白紙」信任票、政治が悪化していくだけなのです。
自民党からの立候補 意味のない公約、単語の羅列 それでも投票する人たち

 札幌市中央区の札幌市議選では、こういう方も立候補されていました。落選はしましたが、このホームページなどをみれば、「美人」だけで当選しようなどという発想とはちょっとは違うのかなと思いました。
http://yurika-toyoshima.com/

あわせて読みたい

「統一地方選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室圭さん留学で秋篠宮家に溝か

    SmartFLASH

  2. 2

    立民議員の疑惑に触れぬマスコミ

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    違法AVどう減らす? 加藤鷹ら討論

    AbemaTIMES

  4. 4

    暴言吐いたAI 言葉の学習に限界

    SYNODOS

  5. 5

    甲子園決勝 有休希望の声相次ぐ

    キャリコネニュース

  6. 6

    HONDA スーパーカブ60周年の凄み

    片山 修

  7. 7

    全て反対? 野党批判に騙されるな

    猪野 亨

  8. 8

    誰にでもできることを軽視の日本

    非国民通信

  9. 9

    買春疑惑の前新潟知事が語る悔恨

    文春オンライン

  10. 10

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。