記事

ニュース番組で登録商標が言い換えらている理由と企業側のメリット・デメリット


登録商標とは国に登録された商標(社名や商品名)のことをいいます。だから報道局では商標をニュース番組で発言しないよう、基本的には一般名詞に言い換えられています。

ところがそんな掟破り?が起きたのか、本日のニュース(2015年4月23日)で、登録商標が一般名詞に言い換えられずそのまま発言されたと話題になってるんです。

こういうテーマでも商標って話題になるんだ~と少々驚きつつ、そもそもなぜニュース番組で登録商標が一般名詞に言い換えられているのか?企業側にはどんなメリット・デメリットがあるのか?を整理してみました。

photo credit: DSC04670 via photopin (license)

広告の関係上、商標の発言を控えている

「テトラポッド」は、中堅ゼネコンの不動テトラ(東京都中央区)の登録商標で、一般名詞では「消波ブロック」と呼ばれている。ニュース記事でも「消波ブロック」と言い換えられるのが普通だ。

<引用:「HKT48、「テトラポッド」と歌う 登録商標や商品名を言い換えるNHKの方針は最近変わったのか」by Jcastニュース>

報道系のニュース番組は公平性が必要です。局によってはある種の思想も垣間見られることがありますが、広告的な発言はどこも控えているのではないでしょうか。

某放送局では広告に関する規約が以下のようにされています。 

第12項 広告
1 営業広告または売名的宣伝を目的とする放送は、いっさい行わない。
2 放送中に、特定の団体名または個人名あるいは職業、商号および商品名が含まれる場合は、それが、その放送の本質的要素であるかどうか、または演出上やむをえないものかどうかを公正に判断して、その取り扱いを決定する。

<引用:日本放送協会番組基準

つまり企業側にとっては、自社の商標がニュース番組で発言されるだけで、宣伝効果を得られることになります。こういう意味ではメリットになりそうですね(民放では「日本民間放送連盟 放送基準」があるようですが、もうちょいゆるいんでしょうか。。。)。

商標の一般名詞化には注意

ところが、企業側としては単に商標を認知させる目的でやたらめったら拡散するのは要注意です。商標が一般名詞になってしまうリスクがあるからです。

どういうことかというと、商標登録したとしても、まるで一般名詞のように人々に使われることにより、商標権の意義を失うということです。使うのやめてーって言っても、時すでに遅しというやつです。

だからニュース番組に限らず、テレビじゃなくネットでもなんでも商標を広めるなら、登録済みであることを客観的にわかるようにしておかないとマズいんです。

例えば、うま味調味料の商品名として有名な「味の素®」も、その昔は一般名詞化しそうになったところ、商標を管理していることを明示したため、難を逃れました。味の素社の商標管理は見習う点が多いです(下記画像引用)

≪まとめ≫

というわけで、放送の規約上は商標を言い換えないのはマズいんでしょうが、企業側としてはそれなりのメリットもあるようです。ただ、あまりに拡散し過ぎて商標が一般名詞化するデメリットは忘れないようにしましょう。

2015年4月23日

著者 ゆうすけ

あわせて読みたい

「商標」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

  9. 9

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  10. 10

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。