記事

官邸ドローン落下はテロの警告

昨日首相官邸の屋上にドローンが落下し、その落下物から放射性物質が検出されました。目立った被害はないものの、れっきとしたテロ行為です。

最近になって、ドローンの認知度は高まって来ましたが、アメリカではずっと前から認知されており、テレビドラマの24などでも2010年の段階で偵察機として登場してきています。また、ドローンは自衛隊も導入を進めていますが、試験機が不時着するなど、まだまだ課題が多いのも事実です。

将来、ドローンが空から制御不能になって落ちてきたりというリスクが現実のものになっており、ましてそれが爆弾や放射能物質を搭載していたら、一般人は防ぎようがありません。それ以外にも、プライバシーの問題など、様々な問題が引き起こされるため、私は何らかの規制が必要だと感じています。

しかし、どう規制するかは難しい問題です。周波数に限界を設けて、遠隔操作で遠距離を飛べないようにするという手もありますが、近年の技術の進歩によって、予め飛行ルートをプログラムしておけば、遠隔操作をしなくても目的を達することが可能になります。

もう一つは、アマチュア無線のように免許制にするということも考えられますが、これも対テロという観点から考えると不十分だとも思います。

本格的に対策を取るならば、上空にレーダー網を強いて、迎撃出来る体制を整えるしかないのではないでしょうか?いずれにしても、便利なものはリスクも生む典型例です。

あわせて読みたい

「ドローン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相 菅直人氏に「猛省求める」

    BLOGOS編集部

  2. 2

    たけしの"ネット批判"に大反響

    吉川圭三

  3. 3

    皇太子への失礼な記者質問に怒り

    赤池 まさあき

  4. 4

    森友学園 攻める朝日に"紙爆弾"

    文春オンライン

  5. 5

    弱者に強い"最低"な民進後藤議員

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    金正男氏殺害で東南アジアが激怒

    高英起

  7. 7

    民進パワハラより問題な稲田大臣

    小林よしのり

  8. 8

    菅氏敗訴に"極めて残念な結果"

    菅直人

  9. 9

    正恩氏 米の斬首作戦に過剰反応?

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    "朝鮮特需"のメディアに望むこと

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。