記事

ミス・ユニバース日本代表に感心した

わしはミス・ユニバースには興味がなかったが、今年の日本代表・宮本エリアナさんは画期的である。

顔立ちがハーフだが、あれは間違いなく日本人である。

国際化やグローバリズムを意識して、主催者が選んだのかもしれないが、世界に「国際人」としてのパスポートはない。

日本国籍を有する者は日本人であり、宮本さんの日本語には、日本人の感覚が宿っているから、日本人である。

日本で育ったのなら、差別や偏見が煩わしかっただろうが、それでも日本人特有の謙虚さや、恥じらいや、公共性が宿ってしまっているから、日本人になってしまう。

今や日本には、毎年50人に1人の割合でハーフが生まれているという。

みんな日本語をしゃべり、日本人の共同体の中で、日本人のマナーを身につけ、日本人として育っていくのだ。

ハーフが増えることを「民族」に絡める必要はない。

ハーフが増えることを、「多民族国家」になると勘違いしてはいけない。

いろんな血筋の日本国民が増えるだけである。

外見だけで日本人じゃないと言い張る愚は、もうやめよう。

あわせて読みたい

「人種差別」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    上西小百合氏は女性議員に悪影響

    明智カイト

  2. 2

    「内閣支持率」に信憑性はあるか

    自由人

  3. 3

    報道の自由度 日本が72位の理由

    ビデオニュース・ドットコム

  4. 4

    二重国籍を攻撃する風潮に危機感

    井戸まさえ

  5. 5

    準強姦もみ消しは法治国家を覆す

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    履歴書で避けたい5つの危険信号

    フォーブス ジャパン

  7. 7

    内閣支持率 ネットでは依然51.7%

    キャリコネニュース

  8. 8

    「なにかがおかしい」人間社会

    ヒロ

  9. 9

    菅直人氏「民進党は分党すべき」

    菅直人

  10. 10

    「夏休みは無休」の非正規教員

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。