記事

ミス・ユニバース日本代表に感心した

わしはミス・ユニバースには興味がなかったが、今年の日本代表・宮本エリアナさんは画期的である。

顔立ちがハーフだが、あれは間違いなく日本人である。

国際化やグローバリズムを意識して、主催者が選んだのかもしれないが、世界に「国際人」としてのパスポートはない。

日本国籍を有する者は日本人であり、宮本さんの日本語には、日本人の感覚が宿っているから、日本人である。

日本で育ったのなら、差別や偏見が煩わしかっただろうが、それでも日本人特有の謙虚さや、恥じらいや、公共性が宿ってしまっているから、日本人になってしまう。

今や日本には、毎年50人に1人の割合でハーフが生まれているという。

みんな日本語をしゃべり、日本人の共同体の中で、日本人のマナーを身につけ、日本人として育っていくのだ。

ハーフが増えることを「民族」に絡める必要はない。

ハーフが増えることを、「多民族国家」になると勘違いしてはいけない。

いろんな血筋の日本国民が増えるだけである。

外見だけで日本人じゃないと言い張る愚は、もうやめよう。

あわせて読みたい

「人種差別」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリらしくない演出に失望

    メディアゴン

  2. 2

    宮台真司氏 ウーマン村本を擁護

    AbemaTIMES

  3. 3

    黙って性行為するのは日本人だけ

    AbemaTIMES

  4. 4

    よしのり氏「無知は恥であり罪」

    小林よしのり

  5. 5

    吉木誉絵「9条2項はいらない」

    AbemaTIMES

  6. 6

    予測可能だったビットコイン急落

    近藤駿介

  7. 7

    iPhone電池交換で速度2倍の報告

    フォーブス ジャパン

  8. 8

    野田聖子氏「明治150年」に疑問

    AbemaTIMES

  9. 9

    SHELLYが語る日本人男性の魅力

    AbemaTIMES

  10. 10

    男たちの悪巧み 首相の交友関係

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。