記事

ミス・ユニバース日本代表に感心した

わしはミス・ユニバースには興味がなかったが、今年の日本代表・宮本エリアナさんは画期的である。

顔立ちがハーフだが、あれは間違いなく日本人である。

国際化やグローバリズムを意識して、主催者が選んだのかもしれないが、世界に「国際人」としてのパスポートはない。

日本国籍を有する者は日本人であり、宮本さんの日本語には、日本人の感覚が宿っているから、日本人である。

日本で育ったのなら、差別や偏見が煩わしかっただろうが、それでも日本人特有の謙虚さや、恥じらいや、公共性が宿ってしまっているから、日本人になってしまう。

今や日本には、毎年50人に1人の割合でハーフが生まれているという。

みんな日本語をしゃべり、日本人の共同体の中で、日本人のマナーを身につけ、日本人として育っていくのだ。

ハーフが増えることを「民族」に絡める必要はない。

ハーフが増えることを、「多民族国家」になると勘違いしてはいけない。

いろんな血筋の日本国民が増えるだけである。

外見だけで日本人じゃないと言い張る愚は、もうやめよう。

あわせて読みたい

「人種差別」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  3. 3

    素人の妊娠中武勇伝は命に関わる

    Chikirin

  4. 4

    安倍首相の外交 海外から揶揄

    秋原葉月

  5. 5

    貧困状態の子 学力が小4から低下

    日本財団

  6. 6

    希望の党 変調の陰にいた人物は

    早川忠孝

  7. 7

    古谷経衡氏が音喜多氏を痛烈批判

    AbemaTIMES

  8. 8

    日本のキャッシュレス化遅い理由

    AbemaTIMES

  9. 9

    日馬事件 秘密裏に示談交渉か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    内定辞退に学生「選択肢ある」

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。