記事

31歳で胃がん告知 NHK女性キャスター黒木奈々初告白 「その瞬間、頭の中が真っ白になりました」【全文公開】 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』 (黒木奈々 著)


闘病の日々を綴った著書(小社刊)

「最初に知らされた時は頭の中が真っ白になりました。わけがわからない、なんで私なのって。一緒に出演しているNHKの有馬嘉男キャスターが声をかけてくれたのですが、『私、がんだって』と言った途端に涙が止まらなくなりました」

 フリーアナウンサー黒木奈々さん(32)が突然の「胃がん告知」を受けたのは昨年8月末。メインキャスターを務めるNHK BS1『国際報道2014』オンエア直後のことだった。翌日から番組を休養。2週間後に胃がんであることを公表した――。

 あれから7カ月。著書『未来のことは未来の私にまかせよう』(小社刊)発売を機に、壮絶ながん闘病の真実を初めて語った。

「がんが判ってから、生活は一変し、ジェットコースターのように状況が変化する日々を送っています。

 告知された日、ショックが少し治まった後に『これで番組は降板か。キャスターは私の人生そのものなのに』と思いました。

 小さい頃からずっとニュースキャスターに憧れて、就職活動ではアナウンサー採用試験だけ受け続けました。結局どこにも採用されず、放送局の記者職に就いたものの、諦められず退社。フリーアナウンサーとして努力して7年、ようやく手に入れたチャンスが昨年4月に始まった『国際報道2014』でした。


抗がん剤治療を続けながら、番組に復帰した

 がんであることを私に告げたのは父でした。オンエア後に母から『実家に電話して』とメールがあり、父に異変でもあったのかと慌てて局の廊下からかけると、

『病院から連絡があって、奈々が胃カメラ検査で取った細胞が悪性だったって』

『がんってこと?』

『そうだ』

 こんな会話だった気がします。混乱する私に、父は冷静に説明してくれました。父には辛い役をさせてしまったなと思います」

 黒木さんは7月末に、友人と食事中に胃に激痛が走り、救急車で搬送された。胃潰瘍による穿孔ができているという診断だった。10日間ほど入院した後、鹿児島の実家で休養。復帰に際して、改めて検査した結果がこの日出たのだった。

 すぐに再休養が決定。翌日には鹿児島から両親が上京した。やつれきった2人を見ると、涙が出てきた。

「こんなに心配をかけて『なんて親不孝なんだ』と思いました。父と母と抱き合って泣いて、その日は母と手をつないで眠りました」

 翌日、両親と一緒に医師に話を聞きに行った。


日記には電車で涙する姿も

「まず初めに『ご本人にはつらい話ですが、がんです』と言われました。早期のがんで、胃の4分の3を切除すれば97パーセント完治する。手術も傷跡が残らない腹腔鏡でできるという説明でしたが、やっぱり面と向かって言われるとショックは大きかったです」

 その後、セカンドオピニオンを求めて訪れたがん研有明病院で信頼できる医師と出会い、手術を決意する。だが前向きに病気と闘う気持ちが湧き始めた時、新たな「事実」がわかった。

「がんが思っていた以上に進行していたんです。7月に患った胃潰瘍による腫れで、以前は胃カメラでも様子がよくわからなかったのですが、腫れが引いた後の画像を見てびっくりしました。素人の私でも、がんが胃に巣食うように広がっているのがわかった。開腹手術に変更し、胃は全摘出することになりました」

 黒木さんは、かつて乳がんを患った経験がある母から「書くことでたまった気持ちを吐き出せるから」とアドバイスをもらい、日記をつけていた。その日記をもとに書かれた著書には、こう綴られている。

〈診察が終わって、受付へと向かう下りエスカレーターの途中で、こらえていた涙が溢れ出てきた。

「なんでこんなことに? 初期ではなかったの?」

 母が抱きしめてくれたけれど涙は止まらない〉

「がんの進行が確認されたら、抗がん剤もやらなければいけないと言われて、本当に怖くなりました。『髪は抜けるの? 顔はむくむのかな?』。つたない知識ではこれくらいしか浮かばなかったけど、もうテレビの仕事は無理なのかなと思うと、涙が出てきました」

 それでも友人や視聴者の励ましの声にも押されて、前を向いた。手術前日、ひそかな自慢だった“傷ひとつないお腹”に「今までありがとう」と別れを告げた。

「手術ではまず腹部に小さな穴を開け、がんの進行状態を見ることになっていました。がんが腹膜に飛び散っていたら、手術中止。抗がん剤でがんを小さくしてから後日再手術をする。飛び散ってなかったら、そのまま全摘手術をする予定でした。

 麻酔が切れて目覚めた時、あまりに手術時間が短かったように感じられたんです。『手術できなかったんだ』と落ち込みました」

 実際には無事成功。他の臓器への転移もなかった。

「でも、術後すぐは痛みがひどくて、睡眠導入剤がないと眠れないほどでした。胃が無いので食べ物が直接腸に落ちるために起きる、冷汗や悪寒などのダンピング症候群にも悩まされました」

 体は傷と管だらけだった。

「お腹には胸の下まで続く開腹の傷と、審査腹腔鏡を通した傷。お腹の中にたまったリンパ液などを出すための管もあった。背中には痛み止め薬を入れる管。食事ができないときに、栄養剤をチューブで腸に届ける『腸ろう』もしていました」

ステージはIII。末期の手前

 黒木さんはがんを完全に克服するため、抗がん剤治療も決意した。

「じつは手術の後、ステージIIIの段階にあるという告知を受けていました。末期がんであるIVの一歩手前。しかも今後5年間に60~70パーセントの確率で再発する可能性があると。

 抗がん剤にはいろいろ議論があることは知っていました。でも担当の先生に『自分の家族が同じ状況でも勧めますか』と聞いたら、『100パーセント勧める。医師としてやらなくていいと言うのは殺人行為に等しい』と仰った。私に使う抗がん剤には、髪が抜ける副作用がないとも聞きました」

 飲み薬と点滴の抗がん剤を併用し、3回に分けて投与することになった。飲み薬の副作用――食欲不振、白血球の減少、下痢などにも悩まされたが、何よりつらかったのは点滴の強烈な副作用だったという。

「すごい吐き気や下痢、味覚障害に悩まされました。まず水がドロのように感じられて飲めないんです。今は抗がん剤の2クール目が終了したところですが、2回目の点滴投与の後には、水分が取れないのに加え、下痢も重なって脱水症状になり、病院の床で意識を失って倒れてしまいました。その後、腸炎も併発。体重は6キロほど落ち、顔がげっそりして、目がくぼんでいるのがわかりました」

 過酷な闘病生活を支えたのは「仕事に復帰したい」という強い思いだったという。新年を迎えた1月4日には、NHK総合で放送された特番『国際報道2015』で限定復帰を果たした。

「久しぶりに局に入った時、スタッフが温かい拍手で迎えてくれ、いきなり泣いてしまいそうになりました。オンエアでは緊張して以前のようにはできませんでした。でも反省会で『また必ず皆さんとお仕事できるように頑張ります』と挨拶すると、『絶対に帰って来てね』とみんなが言ってくださった。幸せだった。頑張ろうと思えました。

 がんになる前、年齢的に私にはいろいろな悩みがありました。30歳が賞味期限といわれるアナウンサー。来年度、番組は継続されるだろうか? 仕事が大事だけど結婚・出産はどうしよう? でも、がんになって吹っ飛びました。私のすべてを受け入れてくれる男性に出会えるだろうかと不安になるときはある。でも、今は一番良いように物事が進むと信じたい」

 3月30日からは、限定的ではあるが番組復帰も果たした。闘病は続くが、がんに苦しむ自分だからこそできることを、黒木さんは模索している。

【関連記事】
【動画つき】「酷な話かもしれませんが……がんです」突然そう告げられたら、あなたはどうする?――インタビュー・対談(本の話WEB 2015.03.25)

未来のことは未来の私にまかせよう
31歳で胃がんになったニュースキャスター


黒木奈々・著
定価:本体1,200円+税 発売日:2015年03月26日

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "後ろに眞子さまが"皇室でもエコノミー利用

    PRESIDENT Online

  2. 2

    知性の"AKB48化" 椎木里佳氏のコラムに異論

    吉川圭三

  3. 3

    民進党による公開質問状は"大ブーメラン"

    足立康史

  4. 4

    東京混み過ぎで"地方出身は地元に帰れ"物議

    キャリコネニュース

  5. 5

    「人が消える」恐怖、立ち上がる香港

    WEDGE Infinity

  6. 6

    英 誰が首相になってもEU離脱通告できない

    団藤保晴

  7. 7

    橋下氏 "ポピュリズム"を使ってはいけない

    橋下徹

  8. 8

    織田元空将の発表の意図と危機感がない政府

    数多久遠

  9. 9

    都議会で叩いた自民を参院選で応援する理由

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    "明らかに選挙妨害"枝野幹事長が東電に怒り

    民進党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。