記事

家賃ゼロの代わりにお年寄りの話し相手に

事前にあるオランダにある老人ホームについて書いた記事は大きな反響を呼んだので、もう一つ別の形の老人ホームを紹介したと思います。

メンティンクさんは 19歳の時に老人ホームに引っ越した。隣の部屋の人は72歳も年上でした。オランダのHumanitas Deventer老人ホーム(アムステルダムから一時間離れている)では学生に部屋を与えている。家賃は一切払わなくていいですけど、その代わりに月に 30時間、住居者と過ごさなければなりません。

Humanitas もちろんプロ介護スタッ フにしか出来ないことはありますけど、一緒にサッカーをみたり、誕生会で歌ったり、老人 が寝たきりになると、ベッドのそばに座って、新聞を読んであげたりするという仕事は資格がなくても出来ます。
グーグル、フェイスブック等を85歳に説明して、その85歳のおじいちゃんが実際に使っている例まであります。

学生も非常にポジティブ!
「アルバイトから帰っていくと、一時間、隣のおじいちゃんと話す。皆様は元気いっぱいで、大変勉強となります。」と学生の一人。

オランダでは家賃が増える一方で、介護スタッフが足りないという状況を考えて、160-170人の住居者もあるHumanitas Deventer社CEO Gea Sijpkesさんが学生のことを思いつきました。「暖かくて、優しい暮らしのホームであって欲しい。どうやって、そうなるのか。スタッフじゃコストが高く て、忙しいときには暖かさも無理がある。学生を呼んだらどうだと思って・・・」

もちろん、社長自らが学生の面接をして、その動機も聞いて決めます。

「学生が来る前までは病気の話、誰が亡くなったのか、そういうのが多かったけど、今は学生の誰々に彼女ができた、誰々がパーティーでアムステルダムに行くとかそういう話が増えた。」という。

「お年寄りとの接触は楽しくて勉強になる上に、節約にもなります。」

デヴェンタ市の学生部屋、平均550ユーロ、70,000円だそうです。月々の小遣いアルバイト代を考えると、とても大きいですね。デヴェンタ市のサクセスを見て、アルンヘムとアムステルダムにも似たプロジェクトがスタートしましたけど、東京でもできなくはないと思います。

あわせて読みたい

「老人ホーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    逆効果?野党の#MeToo運動に苦言

    大西宏

  2. 2

    内閣支持率3割切るも野党は低迷

    舛添要一

  3. 3

    小室さん母 出勤往復にタクシー

    女性自身

  4. 4

    手入れ、値段…革靴通勤に疑問

    キャリコネニュース

  5. 5

    テレ朝は色仕掛けの手法を明かせ

    三田次郎

  6. 6

    安倍首相の続投希望 企業の7割超

    ロイター

  7. 7

    世論理由に辞任求めるのは間違い

    常見陽平

  8. 8

    セクハラを政治利用 野党に指摘

    AbemaTIMES

  9. 9

    希望議員 新党名「ゼロ」を提案

    せき 健一郎

  10. 10

    日産を仏企業に? ゴーン氏容認か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。