記事

東浩紀氏「多くの著者にとって、書籍の出版は割に合わない商売だ」 ぼく「その通り」


少し前の東さんのツイートが面白かったのでご紹介。


紙の書籍はほんと儲からない

今年は紙の本を書く予定はない!と断言しているのですが、一つの理由は「コストパフォーマンスが悪すぎる」という点にあります。

ぼくは筆が早い方なのでまだマシだと思いますが、一冊の本を仕上げるのはけっこうな労力です。一般的に、単行本・新書の書き下ろしだと、7〜12万字程度の文量が求められます。

ぼくは1時間に3,000字くらい書くので、第1稿を仕上げるまでに、概ね35時間かかります。これに加えて打ち合わせの時間だったり、書き直しだったり、必要に応じて取材だったり、いろいろなコストが乗ってきます。出したあとも売らなきゃいけない無言の圧力を感じたり…。そうして得られる印税は、せいぜい50万円くらい。重版したとしても、せいぜい100万円。

いい本を書こうと思い立って時間と労力をかければかけるほど、コストパフォーマンスは悪くなっていきます。ネットで文章書いた方が全然ラクに儲けることができます。ついでにいうと、ネットは紙より多くの人に届けることもできます。


最近は、「高単価な電子書籍」に可能性を感じています。何かというと、「プロブロガーが教えるブログの教科書」なんて感じで、一冊10,000円くらいの本を販売しようと思っているんですよ(1文字も書いてないけど)。内容を充実させるのはもちろんのこと、「セミナー受講するより、コンサルを受けるより情報量も多くてお得ですよ」という触れ込みで売れば、300冊くらいは売れるんじゃないかと。出版の目的にもよりますが、この方が収益上がるし、本質的な感じがするんですよねぇ。

関連して、電子書籍に関して、東さんはこのようにも語っています。これもまたごもっとも。電子書籍で利益を出そうとするなら、単価を上げる努力が重要になるのでしょう(握手券付きの電子書籍とか、マジでありだと思います)。


とはいえ、やはり紙は紙で違う魅力があるので、ぼくも、たぶん東さんも、引き続き紙の本は出版していくのでしょう。問題は「労力に見合わない」というビジネスモデルの話なので、やり方次第では解決することもできます。クラウドファンディングとか使うと、だいぶ収益的に「割に合う」ようになるとも思います。

紙の本は書かないぞ!と断言しておきながら、来月は書籍出版の打ち合わせがあります。やるならやるで、うまいやり方で出版したいですね…。

あわせて読みたい

「出版業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  3. 3

    居酒屋通う高校生への批判に疑問

    赤木智弘

  4. 4

    藤井市長の判決は政治に悪影響

    ビデオニュース・ドットコム

  5. 5

    大相撲の内輪もめが長引くワケ

    文春オンライン

  6. 6

    望月記者 菅長官に「腹が立つ」

    文春オンライン

  7. 7

    「獺祭」社長 生出演で悲痛激白

    AbemaTIMES

  8. 8

    イオンに忍び寄るAmazonの脅威

    NEWSポストセブン

  9. 9

    外食産業の鬼才「中国人見習え」

    AbemaTIMES

  10. 10

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。