記事

東浩紀氏「多くの著者にとって、書籍の出版は割に合わない商売だ」 ぼく「その通り」


少し前の東さんのツイートが面白かったのでご紹介。


紙の書籍はほんと儲からない

今年は紙の本を書く予定はない!と断言しているのですが、一つの理由は「コストパフォーマンスが悪すぎる」という点にあります。

ぼくは筆が早い方なのでまだマシだと思いますが、一冊の本を仕上げるのはけっこうな労力です。一般的に、単行本・新書の書き下ろしだと、7〜12万字程度の文量が求められます。

ぼくは1時間に3,000字くらい書くので、第1稿を仕上げるまでに、概ね35時間かかります。これに加えて打ち合わせの時間だったり、書き直しだったり、必要に応じて取材だったり、いろいろなコストが乗ってきます。出したあとも売らなきゃいけない無言の圧力を感じたり…。そうして得られる印税は、せいぜい50万円くらい。重版したとしても、せいぜい100万円。

いい本を書こうと思い立って時間と労力をかければかけるほど、コストパフォーマンスは悪くなっていきます。ネットで文章書いた方が全然ラクに儲けることができます。ついでにいうと、ネットは紙より多くの人に届けることもできます。


最近は、「高単価な電子書籍」に可能性を感じています。何かというと、「プロブロガーが教えるブログの教科書」なんて感じで、一冊10,000円くらいの本を販売しようと思っているんですよ(1文字も書いてないけど)。内容を充実させるのはもちろんのこと、「セミナー受講するより、コンサルを受けるより情報量も多くてお得ですよ」という触れ込みで売れば、300冊くらいは売れるんじゃないかと。出版の目的にもよりますが、この方が収益上がるし、本質的な感じがするんですよねぇ。

関連して、電子書籍に関して、東さんはこのようにも語っています。これもまたごもっとも。電子書籍で利益を出そうとするなら、単価を上げる努力が重要になるのでしょう(握手券付きの電子書籍とか、マジでありだと思います)。


とはいえ、やはり紙は紙で違う魅力があるので、ぼくも、たぶん東さんも、引き続き紙の本は出版していくのでしょう。問題は「労力に見合わない」というビジネスモデルの話なので、やり方次第では解決することもできます。クラウドファンディングとか使うと、だいぶ収益的に「割に合う」ようになるとも思います。

紙の本は書かないぞ!と断言しておきながら、来月は書籍出版の打ち合わせがあります。やるならやるで、うまいやり方で出版したいですね…。

あわせて読みたい

「出版業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    家賃14000円 かぼちゃ物件の末路

    BLOGOS編集部

  2. 2

    外国人比率75%の街が東京に出現

    NEWSポストセブン

  3. 3

    新宿区が広報せず高齢者情報提供

    田中龍作

  4. 4

    ローラの美尻 女性に革命起こす?

    女性自身

  5. 5

    浮気バレる夫は「なんで」と返す

    PRESIDENT Online

  6. 6

    池上氏 議員定数増は公約と違う

    文春オンライン

  7. 7

    おっぱい飲ませ登場 モデル賛否

    女性自身

  8. 8

    反安倍かシンパ 両極端な全国紙

    舛添要一

  9. 9

    バブルを懐かしむ50代女性の貧困

    NEWSポストセブン

  10. 10

    W杯優勝狙う中国 カギは腐敗一掃

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。