記事

ソウル大学で、ヘイトスピーチについて話してきた - 鈴木邦男

韓国に行ってきた。ソウル大学で講演を頼まれたのだ。海外は久しぶりだ。1ヶ月前に慌ただしく決まった。決まってから「あっ、パスポートは大丈夫かな」と思って探した。あった。まだ有効だ。ホッとした。3月17日(火)昼、羽田を出発。2時間でソウルに着く。金浦空港だ。タクシーでソウル大学に行く。そこの構内にあるホテルに泊まるのだ。ソウル大学ホアム教授会館という。夕方、街に出て歩く。リブロという大きな書店に入る。池袋にも同じ名前の書店があるが、別に関係はないようだ。村上春樹、宮部みゆき、三島由紀夫、松本清張…など日本の本も多い。日本だと、「反中・嫌韓本」がやたらと多い。「売れるから」と大きな出版社でも出している。そんなものを読んで、「気分がスッキリした」と思う人もいるんだ。なさけない。だったら、ソウルだって、あるだろう。「日本なんて嫌いだ」「文化は我々が教えてやったのだ!」という本が沢山あると思った。ところが全くない。「そんな本を出して面白いですか」と聞かれた。僕は、面白くない。しかし、面白いと思う人はいるんだ。
 
 韓国は「反日デモ」があったし、子どもの時から「反日教育」をしている。「反日国家だ」と思ってる人が多い。日本ではヘイトスピーチで、「韓国人は死ね」なんて言っている。本屋では、「韓国はもう終わりだ」「こんな国と国交をやめろ」などという本が並んでいる。「なぜ韓国人には心がないのか」という本もあった。酷い話だ。心がないのはお前たちだろう、と出版社に言いたくなった。
 「今、韓国に行ったら卵をぶつけられるぞ。特にお前は右翼だから、殴られるよ」と心配してくれる人もいた。日韓では互いに憎しみ合ってる、と思っているんだ。僕は、そこまで酷くはないが、卵をぶつけられたり、殴られたりぐらいはあるかな。と思い、覚悟して行った。でも、それは全くの杞憂だった。皆、友好的だ。「息子が京大に行ってる」「娘が早稲田に行ってる」と誇らしげに話す人もいる。日本のアニメ、歌が好きだという人もいる。又、韓国のK-POPが好きで来ているという日本人にも随分と会った。いいことだ。でも、政治家やマスコミのレベルでは、「日韓は最高に冷え切っている」し、「憎み合っている」。一触即発だという。実際、政治家や保守派の文化人の中には、「なめられるな」「島は1ミリたちともゆずれない」「戦争を辞さずの覚悟で対決しろ」と言う人もいる。「戦争を辞さずの覚悟だ」なんて、余りに無責任だ。この位は大丈夫だと思っても、いつ、どんな時に衝突するか分からない。
 
 とにかく、日韓の実際のところが見えてない。だから、この機会に随分と歩き回り、話を聞いた。3月18日(水)は、安重根記念館、戦争記念館を見た。夕方4時からはソウル大学で講演だった。大学生を前にして1時間話し、1時間質問を受ける。かなり本音で話し合いが出来たと思う。終わってから先生たちと食事をした。
 3月19日(木)は、国立中央博物館。そして西大門刑務所歴史館。さらに、景福宮を見る。王宮だ。閔妃(みんび)が殺された場所も見た。そして、夕方、金浦空港を出発し、羽田に。慌ただしかったが、自分にとってはとても勉強になった。知らなかったが、ソウル大学を中心にして、日韓友好交流のイベントが沢山あったのだ。僕が呼ばれたのは、〈第180回 日本専門家招請セミナー特別講演〉だった。もう180回もやってるんだ。この前179回は舛添都知事だった。「日本専門家」をよんで、学生に聞かせ、討論してもらおうというのだ。「専門家」ってどんな人だろう。「政治家や大学教授が多いですね。毎回、評判になってます。でも今回が一番、評判になってます。だって、日本の右翼ですから」と言う。新聞やネットでも紹介され、新聞記者もかなり来ていた。右翼なんて、「日本専門家」になるのかな。この日の僕の講演のテーマはこれだ。

 〈私はなぜヘイトスピーチを嫌うのか:日本の右翼がみる日本のネット右翼〉
 
 しかし、「右翼」と「ネット右翼」なんて、分かるのだろうか。ところが分かるのだ。ソウル大学の大学院生を対象に話したのだ。それも日本研究所の学生だ。日本語は勿論、日本のことはかなり詳しい。日本研究所所長で、ソウル大学教授の朴喆煕(パク・チョルヒ)さんが僕を呼んでくれたのだ。朴さんは日本の政治だけではなく右翼のことも調べている。『代議士のつくられ方-小選挙区の選挙戦略』(文春新書)という本も書いている。朴先生とは去年の1月に東京で会った。日本にはよく来ている。山口二郎さん(法政大学教授)に紹介されて会った。朴さんには日本の右翼のこと、ヘイトスピーチのことを聞かれた。「今度、ソウルに来て話して下さいよ」と言われた。「うれしいですね。ぜひ行きたいです」と答えたが、まさか実現するとは思わなかった。それだけに、嬉しかった。

 日本人だからといって冷たい目で見られることはなかった。これは驚いた。又、ソウル大学ではこんなに日本と友好交流しようというイベントをやっている。名古屋大学の学生も交流で来ていて、一緒に参加していた。日本にいると、こういうことは全く知る機会がない。「仲よく」「話し合い」はニュースにならないのだ。対立し、憎しみ合い、衝突する…などはニュースになり報道されるのに。
 そして、日本の本屋には「反韓本」ばかりが並び、政治家は韓国の悪口をいって、「自分こそが愛国者」だと自負している。ヘイトスピーチのデモもある。「国防・安全保障」というのならば、まず近隣諸国と仲よくして、戦争にならないシステムをつくること。それこそが安全保障だと亀井静香さんが新聞で言っていた。その通りだと思う。他国を挑発し、それでもって、「自分は愛国者だ」などと言ってるのは愛国者ではない。最も国を危うくしてるのだ。そのことを感じた。政治家やマスコミに任すのではなく、我々が動き、民間の友好交流こそが大切だと思った。次は、「マガ9学校 in ソウル」ですよ。ぜひ、実現させてほしい。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    無意味に足掻く籠池氏と民進党

    和田政宗

  2. 2

    橋下氏"日米は韓国の声聴くべき"

    橋下徹

  3. 3

    拷問部隊の逆襲で北に粛清の嵐か

    高英起

  4. 4

    進次郎氏のこども保険で党に波紋

    週刊金曜日編集部

  5. 5

    元モー娘。小川麻琴が大学講師に

    メディアゴン

  6. 6

    石破氏「マスコミの見識に期待」

    石破茂

  7. 7

    トランプ氏 米韓FTAに「ひどい」

    ロイター

  8. 8

    本を売る新人研修にネット騒然

    キャリコネニュース

  9. 9

    メルカリで卒アルを売買する理由

    キャリコネニュース

  10. 10

    中国人金持ちマダムの旅行に密着

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。