記事

デジタルサイネージコンソーシアムを社団法人化します

 昨日、デジタルサイネージコンソーシアム(DSC)は、総会にて、DSCを一般社団法人化する決議を致しました。

 DSCは2007年6月の設立以来、任意団体として活動を進めてきました。その間、デジタルサイネージは普及が進み、技術も進化し、社会経済における重要度も高まってきました。

 一方、マルチスクリーン、クラウドネットワーク、そして4K8KやIoT等新技術の進展もあり、デジタルサイネージは新たな段階に進みつつあります。

 さらに、東京オリンピック・パラリンピックを迎えるに当たり、東京及び全国でデジタルサイネージを整備・高度化することの重要性が強く認識されるようになりました。

 東京都は長期ビジョンの中でデジタルサイネージの整備を重点事項に掲げ、来年度の予算も手当しています。

 総務省は「2020年に向けた社会全体のICT化推進に関する懇談会」の中で特にデジタルサイネージに注目し、デジタルサイネージWGを設けています。

 この中で総務省はデジタルサイネージの相互接続・クラウド化、多言語化の推進を求めており、そのための予算措置も進められています。

 さらに、これら技術を海外に展開し、国際的な標準化に寄与することも重要な課題となっています。

 併せて、総務省WGでは4K8Kパブリックビューイングやショウケースの整備も期待されています。そして、一連の施策を進めるための「推進体制」の整備も求められています。

 こうした状況の変化を受け、DSCも「法人格」を保有し、各種の事業主体として活動できるよう歩を進めることと致します。

 これにより、より高い公益性と法的責任を帯びるとともに、実証実験、標準化・認証、公益サービスの提供等へと活動を充実させる道を開きます。

 デジタルサイネージの一層の普及と発展を促し、産業の拡大を図るための今般の措置にご理解をいただき、引き続きご指導ご協力くださいますよう、お願い申し上げます。

あわせて読みたい

「デジタルサイネージ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  2. 2

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  3. 3

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  4. 4

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    「年収400万円の底辺」に違和感

    キャリコネニュース

  6. 6

    倉持由香 人生初の遺書で覚悟

    倉持由香

  7. 7

    安倍首相の粛清に怯える議員たち

    NEWSポストセブン

  8. 8

    総裁選の敗北者に待つ悲惨な末路

    文春オンライン

  9. 9

    今井絵理子議員 2期目は絶望的?

    女性自身

  10. 10

    マンション価格の高騰に危機感

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。