記事

東京大空襲から70年 細野政調会長が過去の反省の重要性あらためて強調

細野政策調査会長

 細野豪志政策調査会長は10日午前、定例記者会見を国会内で開き、東京大空襲から同日で70年を迎えたことについての思いなどを話した。

 細野政調会長は、約10万人が犠牲となった東京大空襲から70年を迎えるに当たり、「あれだけの犠牲を出したということ自体わが国としてはしっかりと胸に刻まなければいけない事象であり、国策の誤りを反映した結果でもあると思う」と述べた。そのうえで、来日中のドイツのメルケル首相の「過去の総括は和解のための前提になっている」との発言に触れ、「われわれは日本の国として過去の総括はしっかりとやらなければいけないと考えている。ドイツの例と日本の例を単純に比較することはできないが、1つの参考例としてわれわれが頭に入れておくべきなのは、ホロコースト(ナチス政権とその協力者によるユダヤ人大虐殺)で何人が犠牲になったかは諸説あるなかで、ドイツ国内では少なくとも主要な政治家、政府内で、この数についての争いがあるとは承知をしていない。すなわち、ホロコーストを全体としてしっかり総括しているドイツの例だと思う。これと日本のさまざまな問題を直接比較して論じる必要はないが、反省のあり方として、わが国が先の戦争で自国民はもちろん、周辺諸国に対し大変な被害をもたらしたことについて真摯(しんし)に反省することは重要だと感じている。残念ながらいまの安倍政権を見ているとそこに疑念を持つ。戦後70年を迎えるに当たって心していかなければいけないことだと感じている」と指摘した。

 政治献金の法制度改革に関しては、民主党としては政権与党当時に確認した政治資金パーティーを含め企業団体献金を禁止するという方針をベースに同本部で議論していくことになるとして、12日に開く政治改革・国会改革推進本部総会がその議論のキックオフになると述べた。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「東京大空襲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新宿区が広報せず高齢者情報提供

    田中龍作

  2. 2

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  3. 3

    バブルを懐かしむ50代女性の貧困

    NEWSポストセブン

  4. 4

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  5. 5

    おっぱい飲ませ登場 モデル賛否

    女性自身

  6. 6

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

  7. 7

    安倍首相を支える産経の無料記事

    舛添要一

  8. 8

    野田前首相 カジノ法案に目が点

    野田佳彦

  9. 9

    鳥貴族が大苦戦 値上げで客離れ

    MONEY VOICE

  10. 10

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。