記事

「マーケット感覚を身につけよう」から考える買い手にとっての特許の価値とは?

ちきりんさんの最新刊「マーケット感覚を身につけよう」を読んで、あらためてマーケットの意味を認識できました。

そこで、マーケット感覚で考える特許の価値について考えてみました。

特許とは買い手に対して将来のビジョンを現実的にするもの

マーケット=市場とは、
不特定多数の買い手(需要者)と不特定多数の売り手(供給者)が、
お互いのニーズを充たしてくれる相手とマッチングされ、
価値を交換する場所

ここで、B to B ビジネスで考えてみましょう。この場合、あなたの商品の買い手(需要者)は会社になります。

買い手が望むことは、あなたの商品に欠陥がないこと。そして欠陥には、商品の品質の良し悪しのみならず、他社の特許侵害か否かも含まれます。

特許侵害は、商品をつくった会社だけじゃなく、商品を売った会社も責められます。だから大きい会社ほど、商品を買う前に特許侵害じゃないことを確認するんです。

また本書には、市場の構造について以下のように書いてあります。

【市場の動きを理解し、予測・利用するための要素】
⑤買い手と売り手が取引する動機
⑥それぞれの要素に起こりうる今後の変化
⑦市場の中で選ばれるための方法

商品自体に納得している場合、買い手はその商品を活かしたビジョンを考えるはずです。将来性や費用対効果や社会貢献など。

そして商品が良いほど、特許の有る無しが、買い手の動機、今後の変化、市場で選ばれる理由に対して大きなファクターになるわけです。

つまりマーケット感覚で考えれば、特許とは、買い手に対して将来のビジョンを現実的にするもの、と定義できるのではないでしょうか。

「将来のビジョンを現実的にする」とは、特許があることによって、商品としての独自性、や他社のマーケット参入への障害といった効果が期待できることを意味します。

≪まとめ≫

マーケットと特許は密接な関係があると考えていたので、「マーケット感覚を身につけよう」はそのことをあらためて考える切っ掛けになりました。この定義の信憑性を引き続き検証したいと思います。

2015年3月9日

著者 ゆうすけ

マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

あわせて読みたい

「特許」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員パワハラ"あまりに酷い"

    和田政宗

  2. 2

    ホンダは「怖いもの知らず」

    片山 修

  3. 3

    弱者に強い"最低"な民進後藤議員

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    "まとまらない"民進党の深刻な病

    週刊金曜日編集部

  5. 5

    西内まりや月9がワーストな理由

    永江一石

  6. 6

    清水出家に見る芸能界の"特殊性"

    渡邉裕二

  7. 7

    "スーツ恐怖症"の投稿に共感続々

    キャリコネニュース

  8. 8

    "過労死予備軍"を量産する業種は

    PRESIDENT Online

  9. 9

    日韓対立煽動に利用された"神話"

    WEDGE Infinity

  10. 10

    民進パワハラより問題な稲田大臣

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。