記事

「マーケット感覚を身につけよう」から考える買い手にとっての特許の価値とは?

ちきりんさんの最新刊「マーケット感覚を身につけよう」を読んで、あらためてマーケットの意味を認識できました。

そこで、マーケット感覚で考える特許の価値について考えてみました。

特許とは買い手に対して将来のビジョンを現実的にするもの

マーケット=市場とは、
不特定多数の買い手(需要者)と不特定多数の売り手(供給者)が、
お互いのニーズを充たしてくれる相手とマッチングされ、
価値を交換する場所

ここで、B to B ビジネスで考えてみましょう。この場合、あなたの商品の買い手(需要者)は会社になります。

買い手が望むことは、あなたの商品に欠陥がないこと。そして欠陥には、商品の品質の良し悪しのみならず、他社の特許侵害か否かも含まれます。

特許侵害は、商品をつくった会社だけじゃなく、商品を売った会社も責められます。だから大きい会社ほど、商品を買う前に特許侵害じゃないことを確認するんです。

また本書には、市場の構造について以下のように書いてあります。

【市場の動きを理解し、予測・利用するための要素】
⑤買い手と売り手が取引する動機
⑥それぞれの要素に起こりうる今後の変化
⑦市場の中で選ばれるための方法

商品自体に納得している場合、買い手はその商品を活かしたビジョンを考えるはずです。将来性や費用対効果や社会貢献など。

そして商品が良いほど、特許の有る無しが、買い手の動機、今後の変化、市場で選ばれる理由に対して大きなファクターになるわけです。

つまりマーケット感覚で考えれば、特許とは、買い手に対して将来のビジョンを現実的にするもの、と定義できるのではないでしょうか。

「将来のビジョンを現実的にする」とは、特許があることによって、商品としての独自性、や他社のマーケット参入への障害といった効果が期待できることを意味します。

≪まとめ≫

マーケットと特許は密接な関係があると考えていたので、「マーケット感覚を身につけよう」はそのことをあらためて考える切っ掛けになりました。この定義の信憑性を引き続き検証したいと思います。

2015年3月9日

著者 ゆうすけ

マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

あわせて読みたい

「特許」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  5. 5

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  6. 6

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  7. 7

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  8. 8

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

  9. 9

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  10. 10

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。