記事

知的財産管理の本質とは?法律や手続の期限を守ることだけが知財管理じゃない

知的財産管理とか知的財産マネジメントとか言葉自体はけっこう知られてきたかもしれませんが、どうもその本質が伝わっていないように思うんです。

一般的には、法律(特許法とか商標法)とか特許や商標登録を申請するときの手続の期限とかを守るのが知的財産管理(知財管理)と思われています。

でもそういう認識だと、会社の知財を活かしきれないでしょうね。そして価値があったにもかかわらず、知財を垂れ流してしまうリスクもあります。


いつ知的財産が生まれたか?

知財管理でとにかく大事なのは、いつ生まれたか?もっと掘り下げると、だれが考えたか?なぜ(何をヒントに)思い付いたか?を記録しておくことです。

簡単な方法としては、会社や部署で発明ノートを作って、日付と思いついたことをメモして残しておくやり方があります。個人のノートなら、コピーしてファイリングでもいいですね。

こうするとアイデアを蓄える文化が生まれます。それに他社から特許侵害で訴えられてもそのノートが助けてくれることもあります。

特許にするか?隠すか?

このアイデアを商品化しても誰にもわからんだろうな~というモノは特許にする必要はありません。隠しておきましょう。コカ・コーラの作り方のように。

一方、商品名とかロゴ、さらに商品のデザインとか、見た目のアイデアはパクられやすいので、商標登録や意匠登録をする方針が適しています。

つまり権利化するか?隠しておくか?この判断も知財管理の重要な項目の一つです。

どこまで抑えるか?

特許にするなら絶対に真似されないようにしたい!という気持ちはわかります。でも特許って過去のアイデアとの違いに過ぎないんです。

大切なのは、ライバル会社の動きや将来的な事業展開を見越して、どういう権利範囲に設定するか?つまりどこまで抑えるか?ということです。

特許なら「特許請求の範囲」という部分。この部分の設定の仕方次第で、ライバル会社の動きもかわります。

≪まとめ≫

知財管理の考え方やノウハウはたくさんあります。少しずつお伝えしたいと思います。会社の知財を活かしたいと考えるなら、できるところからはじめてみてください。

2015年3月3日

著者 ゆうすけ

あわせて読みたい

「知的財産権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    証人喚問が"犯罪捜査"という暴論

    郷原信郎

  2. 2

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  3. 3

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  4. 4

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  5. 5

    森友問題で考えた"FAX"の破壊力

    常見陽平

  6. 6

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  7. 7

    桜を"嫌っていた"明治の日本人

    田中淳夫

  8. 8

    格安旅行"てるみくらぶ"が破産

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

  10. 10

    ヤマトは「第二の電通」とすべき

    中嶋よしふみ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。