記事

PayPal創業者いわく、著作権や特許は良い独占!知的財産権は社会の原動力!

PayPal創業者のピーター・ティール氏が、技術や事業の独占にも良し悪しがあるけど、著作権や特許は良い独占である、ということについて語っている記事がありました。

なかなか深いな~と思うんですよね。そこで、法律の目的からさかのぼってこの言葉の意味を考えてみました。

 知的財産権は社会の原動力!

良い独占というのは例えば知的所有権や著作権や特許などでもわかるように、政府は新しい発明を守ろうとしています。それは社会にとっては、どれだけ動的に作用するか、ということです。静的にするか、動的にするか、の違いは重要です。

<引用:2015/2/21 東洋経済オンライン 「“動的な独占”こそが、技術革新を加速する」>

著作権の法目的には、「・・・文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与すること」と書いてあります。

また特許の法目的には、「・・・発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もつて産業の発達に寄与すること」と書いてあります。

これを見ると、著作権法は「文化の発展の寄与」、特許法は「産業の発達に寄与」という大原則があります。簡単にいえば、独占する権利ではあるものの、社会をよくするために貢献してね!というのが立法趣旨。

一方で、著作権では「著作者等の権利の保護」、特許法では「発明の保護」というくだりもあります。つまり発起人にもちゃんと得があるように定められているんです。

このことから、個人(または企業)が発案したものについては著作権や特許(独占権)をあたえ、少なくともその分の利益を守ってあげることも政府(制度)の役割といえそうです。

そしてこのような制度があるから、著作権や特許による恩恵を求める欲、他の著作権や特許を侵害しない注意、みんなで既存の著作権や特許を利用して共存する意識が生まれると考えられます。

ピーター・ティール氏の言葉には、そういった制度の目的や狙いがあるから、著作権や特許は社会に動的に作用するという意味があると思うんです。これって、知的財産権は社会の原動力ってことではないでしょうか。

≪まとめ≫

もちろん著作権や特許の使い方次第ではモノポリー化が進んで、一部の権利者のみが得して大部分が損をする社会的な構造にもなりかねません。知的財産権を上手に活用して社会の発展に貢献する意識も大切ではないでしょうか。

2015年2月21日

著者 ゆうすけ

あわせて読みたい

「知的財産権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立憲民主は戦後最弱の野党第一党

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  3. 3

    政治力失った小池氏 出処進退は

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    リセットされた菅直人氏への逆風

    川名 ゆうじ

  5. 5

    保育士離職の原因は給与ではない

    石水智尚

  6. 6

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  7. 7

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  8. 8

    自民党勝利の現実を見ない知識人

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  10. 10

    立憲の鍵を握る改憲派・枝野代表

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。