記事

DNA鑑定をめぐって綱引きが続く「袴田事件」~高裁審理に長期化のおそれ - 小石勝朗

1/2

 静岡地裁の再審(裁判のやり直し)開始決定を受けて昨年3月に釈放された袴田巖さん(78歳)は、初めての年末年始を郷里の静岡県浜松市で、餅つきしたり初詣に出かけたりして過ごしたそうだ。

 自由の身になるまで、死刑判決の確定から33年、逮捕されてからだと48年近く。長期間の身柄拘束による拘禁反応で相変わらず脈絡のない言葉が目立ち、周囲を気にしないマイペースの生活というが、共に暮らす姉の秀子さん(82歳)のサポートを受けて元気に毎日を過ごしていることが何より喜ばしい。

 袴田さん姉弟の日常を追うドキュメンタリー映画の製作発表も、1月末に行われた。「巖さんの存在自体がメッセージを発している。2人が生きてきた軌跡に僕らが思いを寄せる作品にしたい」と金聖雄監督。日々の暮らしの中にある喜びや発見を丁寧に描くことで、司法のむごさや未だに死刑囚の身分のままでいることの理不尽さが伝わると考えている。

 記者会見に出席した巖さんは「映画なんて、みなウソだ。信じるんじゃない」と飄々と語っていたが、その発言自体が事件発生から半世紀近くの「重み」を浮き彫りにしていると捉えれば、作品の狙いを理解できるに違いない。映画は年内の公開をめざしている(映画のホームページはこちら)。

 その「袴田事件」。再審開始決定~袴田さんの釈放ですべて決着したと思っている方も多いが、検察が静岡地裁の決定を不服として即時抗告したため「再審を始めるかどうか」の審理が東京高裁(大島隆明裁判長)で続いている。いつも強調させてもらっているが、袴田さんの身分は前述した通り「確定死刑囚」のままなのだ。

 昨年暮れと2月10日に開かれた裁判所、検察、袴田さんの弁護団による三者協議で、即時抗告審での審理のポイントが絞られてきたようなので、経過を報告したい。

 東京高裁での主な争点は、静岡地裁が再審を始めるのに必要な「新証拠」と認めた2点だ。1つは、袴田さんの犯行着衣とされていた「5点の衣類」に付着した血痕のDNA鑑定について。もう1つは、事件後1年2カ月も経って味噌タンクから見つかった5点の衣類の「色」について。現段階で焦点が当たっているのは、DNA鑑定の方だ。

 DNA鑑定をめぐって静岡地裁が新証拠と認定したのは、弁護団が推薦した法医学者・H氏による5点の衣類の鑑定結果だった。特に、被害者ともみ合った際にけがをした袴田さんの血液とされてきた半袖シャツ右肩の血痕について、袴田さんから採血して得たDNA型と比較し、「本人と一致しない」とした鑑定結果が決定的だった。被害者の返り血とされてきた他の血痕についても、H氏は「被害者の血液は確認できなかった」と結論づけている。地裁決定が、5点の衣類には「捏造された疑いがある」と断じる根拠になった。

 これに対して、検察は東京高裁に提出した即時抗告の申立理由補充書で、H氏の鑑定の信用性を攻撃する作戦に出た。標的にしたのは、H氏が独自に編み出した鑑定手法。1つは微量のDNAにバナジウムという物質を加えて増幅させる方法(PCR増幅)で、もう1つは唾液や皮脂、汗などが混じっている可能性のある試料から血液に由来するDNAを取り出す方法(選択的抽出方法)である。目下、議論が続いているのは、選択的抽出方法の有効性についてだ。

 検察は地裁決定の後、科学警察研究所と法医学者に依頼して、H氏の選択的抽出方法の「再現実験」をしたという。科警研が実施したのは、32年前にガーゼに付けた血液と、半年前にガーゼに付けた血液にそれぞれ別人の唾液を混ぜ、選択的抽出方法でDNA型を調べる、という方式だ。その結果、「半年前」の試料からは血液と唾液双方のDNA型を検出。「32年前」の試料から検出されたのは唾液のDNA型だけで、血液のDNA型は出なかった、としている。

 つまり、H氏の選択的抽出方法では血液のDNAを選り分けて抽出することはできない、特に袴田事件のような古い試料からは血液由来のDNAを抽出することはできない、と言いたいわけだ。

 ちなみに、検察はこれを受けて、地裁段階でのH氏の鑑定ではH氏自身のDNAが混入して検出されていたと主張し、それを前提にH氏がDNA型の判定を改変したとの疑いまで指摘しているそうだ。H氏はこれまでに他の多くの事件で検察に依頼されて鑑定を引き受け、有罪判決の拠り所となる結果も提供しているのに、である。袴田さんの弁護団は検察に対して「H氏の名誉を棄損する違法な主張」と強く抗議している。

 で、検察は自らの「再現実験」の結果をもとに、裁判所が選任する第三者によって同様の検証実験をするよう東京高裁に求めている。選択的抽出方法を用いれば、古い試料から血液に由来するDNAを抽出することができるのか、また、血液由来のDNAを抽出する可能性を高めると評価できるのか、を確かめるため、と狙いを述べているという。

 その検証実験をするかどうかをめぐって、現在、主に裁判所と弁護団でやり取りが行われている。

 東京高裁は昨年末の三者協議で、第三者による検証実験について「少し気になるので、裁判所の疑問をそこだけ実験で確かめたい」と弁護団に提案したという。弁護団は2月初めに「選択的抽出方法はすでに世界的に受け入れられており、科学的な合理性は十分だ」として「検証実験は不必要・不相当。かえって審理を長引かせ、無用な混乱を招くだけ」と主張する意見書を提出したが、高裁の納得は得られておらず、2月10日の三者協議でも弁護団と「押し問答をしている」状態だったという。

 こうなってくると、なんだか検察のペースで三者協議が進んでいるようにも見えてくる。再審開始決定が覆されてしまいはしないだろうか。

あわせて読みたい

「袴田事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    素人の妊娠中武勇伝は命に関わる

    Chikirin

  3. 3

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  4. 4

    安倍首相の外交 海外から揶揄

    秋原葉月

  5. 5

    希望の党 変調の陰にいた人物は

    早川忠孝

  6. 6

    古谷経衡氏が音喜多氏を痛烈批判

    AbemaTIMES

  7. 7

    貧困状態の子 学力が小4から低下

    日本財団

  8. 8

    日本のキャッシュレス化遅い理由

    AbemaTIMES

  9. 9

    内定辞退に学生「選択肢ある」

    AbemaTIMES

  10. 10

    日馬事件 秘密裏に示談交渉か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。