記事

自分が見るインターネットと、他人が見ているインターネットは違う

最近、うちの若いのと話をしていて、気がついたが彼らが見ているインターネットと、僕が見ているインターネットは全然違うということに気がついた。

誰でも知っていると思っていた「ネットの有名人」は、彼らにとって知らない存在であるということ。

彼らはネットはめちゃくちゃ詳しいし、彼女から怒られるぐらいネットジャンキーだと思うし、何よりプロとして仕事をしている人たちだから、ネットリテラシーが低いなんてことはない。

当然、年齢が高い僕の方が、歴史的に積み上げた知識と、誰かに対する知見や、ネット的な意味での信用があるのだが、そういうのが一切ないとなると、会話でその人のエピソードを共有するのは、かなり難しい。

インターネットはストックが効くとされているメディアだが、実際は圧倒的にフローだ。

情報のアウトプットを止めた瞬間に、あっという間に忘れ去られる。

むろん僕が知らない情報を、彼らは沢山持っている。特にいまどきのスタートアップ界隈の若い人に見られる傾向が、海外の若手のスーパー起業家の名前などはよく知っている。同世代のライバルとして、グローバルな視点を持っている。

もちろん彼ら以外の誰かは、また違う世界を見ているだろう。

例えば、ツイキャスで人気のある人とか、ニコ生で人気のある人、nanaで人気がある人など、それぞれの世界でそれぞれのスターがあって、「すごい人」と思われているのだろう。そして、そこを頂点としたロールモデルとして、それぞれの文化が生まれていく。

少なくとも数年前においては、多分「ぼくらのインターネット」は、はてなブックマークで大体フォローできたような気がするし、ブログの黎明期まで戻ると、ネットリテラシーの高さがほぼ共感できる範囲であれば、知ってる人たちも大体共有できていたと思う。

今はもう違う。それぞれの世代、それぞれの世界があって、コモディティ化したインターネットはただのインフラとして存在している。

よく若年層向けネットサービスの3年説というのがあるが、3年経つと、その人の周辺を取り巻く世界が一変されるからだ。そのタイミングで生き残れないサービスは、あっという間に忘れ去られていく。とくにリアルグラフ重視型のサービスはその傾向が強い。

いずれにせよ、多様性が広がってきた世界。「ネット界隈」を語る時には、ある部分は共有できても、ある部分は全く共有できないことを前提として考えることが求められるだろう。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  2. 2

    NHK 共謀罪への露骨な世論誘導

    猪野 亨

  3. 3

    阿川さん結婚に敗北感抱く人たち

    寺林智栄

  4. 4

    加計質問は日本獣医師会のため?

    玉木雄一郎

  5. 5

    小池ブーム 支持率70%を切り終焉

    三浦博史

  6. 6

    田原氏「国民は首相に怒るべき」

    田原総一朗

  7. 7

    共謀罪懸念する国連書簡は正しい

    小林よしのり

  8. 8

    菊川怜はハイスペ女子の希望か

    幻冬舎plus

  9. 9

    "批判するなら対案を"は愚の骨頂

    常見陽平

  10. 10

    地銀の総合スーパー化という脅威

    シェアーズカフェ・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。