記事

知財管理にまつわる面倒な作業を自動化した「TrakLight」

1/2

昨年、島野製作所という日本の中小企業がアップルを訴えたことが世間を騒がせた。

アップルの一次下請けとして電源アダプターに使われるピンを製造納入してきたが、ある時期から発注が激減。島野が特許を持つピンを、アップルが合意に反して別のサプライヤーに安値で製造させていたためだとわかったことで、法的手段に訴えたのだ。

島野はアップルに損害賠償を求めるとともに、特許権侵害の対象である電源アダプターや、それが同梱されているノートパソコンなどの日本での販売差し止めも請求している。

法務部門のある大企業ならともかく、組織的に未成熟で人手も足りないスタートアップでは知財管理どころではないというのが実情ではないだろうか。だが、従業員350名の島野製作所のような中小企業にもそれは決して他人事ではないことを、上の例がありありと示した。

そこで今回は、企業が自社の知的財産を洗い出して管理し、専門家への相談の指針にできるという他に例のないサービスを提供している「Traklight」を、今回は紹介しよう。

同社は2010年6月にアリゾナ州フェニックスでロンチし、2014年8月に35万ドル(約4180万円)をエンジェル投資で獲得している。それもあってか、14年の収益は前年の2倍に達する見込みだという。

企業は100%、間違いなく知的財産を所有している

Traklightの創業者兼CEOはMary Juetten(以下、ジュッテン)氏。カナダ生まれで、名門マギル大学では商学士の学位を取得した。その後はカナダと米国における公共会計士の資格を得、企業コンサルティングや企業再建などに関する25年以上のキャリアを持つ人物だ。

ジュッテン氏はロースクールに所属していた時期に、スモールビジネスが知的財産を失ったり、気づかぬうちに他社の知的財産を侵害してしまうというゾッとするような話を聞くことが何度かあった。

知的財産とは、発案や発明、ソフトウェア、企業やブランドなどの無形財産に関する権利のことで、「特許権」「意匠権」「商標権」の3つに大別することができる。ジュッテン氏によると全ての企業は、こうした知的財産を所有しており、企業名、長年積み重ねたノウハウ、さらは工夫をこらした「顧客リストのようなもの」などが該当するのだという。

しかし昨今では、クラウドファンディングにより、企業情報を公開することで知的財産が同業他社の目に触れるリスクも増大している。また他社から特許を買い取り、「特許を侵害している」と、実用化されている製品の差止請求を振りかざして法外な賠償を請求する「パテント・トロール」が社会問題となっている。

商標、特許、著作権、企業秘密を含む知的財産を誤解していたり、知らないままでいるために盗難や侵害などの被害にあったケースは、米国で毎年25億ドル相当にものぼる。こうした問題の最大の要因は、経営者たちが知的財産のことをよく知らないことにあるとジュッテン氏は考えた。

このようなリスクの回避のためには、自社が保有している知的財産が何かを把握し、対策しておく必要がある。しかしまだそうしたサービスは充分に浸透しておらず、弁護士や弁理士に依頼するか、自力で政府が提供している情報をリサーチするしかなかった。

すべての企業が例外なく知的財産を持っているのに、多くはその事実に気づかず、そのせいでトラブルに巻き込まれている。対象企業の膨大な母数を考えれば、これは大きなビジネスチャンスだ。このように考えたジュッテン氏は、オンラインの簡単なやりとりで自社の知的財産がなにかを特定するためのサービスをはじめようと、「Traklight」を起ち上げることにしたのである。

あわせて読みたい

「Webサービス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日デモ 韓国の"報道管制"

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    成宮とホリエモン 報道の問題性

    sionsuzukaze

  3. 3

    よしのり氏"特例法は天皇を侮辱"

    小林よしのり

  4. 4

    社長の44.2%は"中卒か高卒"

    MONEYzine

  5. 5

    ファーウェイ 社員犠牲に急成長

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  6. 6

    プーチン氏 意図的な遅刻で圧力

    THE PAGE

  7. 7

    消化不良な「この世界の片隅に」

    fujipon

  8. 8

    孫正義氏 創業期の7人の恩人たち

    大柴貴紀 Takanori Oshiba

  9. 9

    兄弟姉妹間の"格差"生む親の言葉

    PRESIDENT Online

  10. 10

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。