記事

西加奈子という救い

1/2

1月15日、西加奈子が『サラバ!』で第152回の直木賞を受賞したことが発表されました。

サラバ! 上サラバ! 上
posted with amazlet
at 15.01.21
西 加奈子
小学館
売り上げランキング: 19
Amazon.co.jpで詳細を見る

西加奈子といえば又吉直樹や若林正恭、光浦靖子といったお笑い芸人にもファンが多いことで知られています。

またテレビなどで見ると、たとえ小説を読んだことがなくても、その愛らしい人となりと語り口で一発でファンになってしまう魅力がある人です。

最近も、『SWITCHインタビュー達人達』で椎名林檎と対談し、その魅力を発散させていました。(こちらは、2月7日に直木賞受賞記念ということで再放送されるそうなので未見の方は是非!)

直木賞受賞直後の1月17日には「人生で一番チヤホヤされてます」と愛らしい笑顔で『王様のブランチ』に出演。

西: 猫と一緒に住んでて猫がいてくれることが凄くいい。リラックスもするし、何か厳しい目で見てる感じもするし(笑)。時々めっちゃ見てるんですよ、パソコンの画面。そういうのが凄く助かります。作家と猫は相性いいと思います。

と猫好きエピソードを披露しつつ、最後に祈りを込めた言葉で締めくくっています。

西: 『サラバ!』ももちろん読んでいただきたいんですけど、素晴らしい小説はいくらでもあって本屋さんにいけば絶対に大切な一冊に出会えると思うんで、どうかみなさん本屋さんに行って本を買ってください

ということで、『SWITCH』以外のここ最近のテレビ出演や雑誌などでの芸人との対談などを振り返ってみたいと思います。

絶望するな。僕達には西加奈子がいる。

ダ・ヴィンチ(2014年12月号)』の又吉直樹と西加奈子の対談によると、二人の出会いは、2009年の「太宰ナイト」だったそうです。

それ以前から又吉は西の小説の読者でした。きっかけは又吉が『夕暮れひとりぼっち』*1という短編小説を書いたとき。その編集者から薦められたのです。

MAGIC BOYS ~マジシャンたちの肖像~MAGIC BOYS ~マジシャンたちの肖像~
posted with amazlet
at 15.01.21
大久保加津美 編著
柴田ひろあき 写真
又吉直樹 カズ・カタヤマ 名越康文 河合勝
きんとうん出版
売り上げランキング: 305,711
Amazon.co.jpで詳細を見る

又吉:「西さんのこと好きそうですね」って言われたんです。共通するところがあるって。で、読んだら、全然レベルちゃうわって。

西: いやいや。又吉さんのその短編『夕暮れひとりぼっち』、めちゃくちゃおもしろかった。知れば知るほど「こんなすごい人おんのや!」と。

いまや『文學界(2015年2月号)』に書いた中編純文学小説「火花」で大きな注目を浴びた又吉ですが、既にこの時からその片鱗を見せていたのです。

文學界 2015年 2月号 (文学界)文學界 2015年 2月号 (文学界)
posted with amazlet
at 15.01.21
文藝春秋
(2015-01-07)
Amazon.co.jpで詳細を見る

西は『炎上する君』を刊行すると、まだほとんどライブにしか出ていない、いわゆる“売れない若手芸人”だった又吉に帯文の執筆を依頼したのです。

又吉: もったいなくて「僕はブログに書きますから、帯はほかの方に頼んでください」みたいなお返事をしたら、「知名度とか関係ないねん」って。めっちゃ嬉しかった。

西: 「読者としての僕を満足させながら、芸人としての僕を不安にさせる」という言葉をいただいて。本当に嬉しかった。

炎上する君炎上する君
posted with amazlet
at 15.01.21
西 加奈子
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 49,021
Amazon.co.jpで詳細を見る

そして、その『炎上する君』が文庫化した際、又吉は解説を書いています。ちなみに『舞台』はこの解説文に触発されて書かれたそうです。

舞台舞台
posted with amazlet
at 15.01.21
西 加奈子
講談社
売り上げランキング: 3,915
Amazon.co.jpで詳細を見る

また又吉は文庫化に際して解説と併せ、以前の帯文を改めています。それがこの言葉です。

絶望するな。僕達には西加奈子がいる。

炎上する君 (角川文庫)炎上する君 (角川文庫)
posted with amazlet
at 15.01.21
西 加奈子
角川書店(角川グループパブリッシング)
(2012-11-22)
売り上げランキング: 11,254
Amazon.co.jpで詳細を見る

作家サミット

西加奈子は、2014年8月30日と9月6日の『王様のブランチ』で2週にわたり、朝井リョウ、中村文則、川上未映子、和田竜、川上未映子とともに集まり「人気作家サミット」なる企画が行われていました。

西がイジられたり、ツッコんだり、常に笑いの中心に西がいる、というような愛されキャラがよく分かる放送でした。

この中の西と朝井と中村は以前からよく集まっている仲です。(この集まりに若林も参加したことがあることは『オードリーのオールナイトニッポン』などで話題にされています。)

朝井: 西さんがパーティピーポー的に人を集めてくださって。

西: アホみたいやん!

朝井: アホとは言ってないですよ(笑)。

そして、いまや西加奈子のトレードマークとなった「おだんご頭」について。

朝井: 西さんは、そのおだんごで目立ちますよね。

西: もうめっちゃイジってくんねん!

川上: その髪型以外の髪型する?

西: するするする!

中村: (おだんごの位置が)上か後ろだよね?

川上: 元気だってとき、上なの?(笑)

西: 上時代は終わったの。新聞社の人に取材していただいて、(記事の)最後にちょっと(記者が)自分の意見書かはるやん。そこに『「私、小説が好き。」と言って笑った西さんの頭上でおだんごが揺れた』って(笑)。めっちゃイジられてるやんと思って。そっから封印して、後ろにズラしたの(笑)。

この後は、中学生から寄せられた質問に5人で答えていく形式。

作家でツラいことは?

西: バイトとかしてたときは、飲食業やったら、テーブル拭いて絞って、パンってやったら今日終わり!って感じがあったんやけど、ずっとヌル~っと仕事って感じがする。仕事終わったって感じがなくて。打ち上げみたいなのがしたい。打ち上がらないよね? 打ち上がった時はもう、次の小説が進んでるから。

作家で良かったこと。

西: ネガティブなことだけじゃなくて、自分がちょっと疑問に思うこととかを無視して生きてきたところがあって、たとえば先生とかに理不尽に怒られても「何やねん、腹立つなぁ」で終えてた。「なんであの先生は?」とか「そもそも先生って何?」っていう疑問をすっ飛ばして、生きやすく生きてきたと思うの。でも作家になったら無視できないというか。ツラいニュースとかも見いひんほうがツラくないから見ないようにしてきた気がする。でも作家になったら見て、考えようってなったからそれは良かったと思う。

朝井 こういうとき、西さんは良い答え言うんですよ(笑)。

作家の収入について聞かれて。

西: ぶりっこするみたいやけど、やっぱり好きなモノを書けるなって思う。お金がなかったら好きなモノ書けないかもって思うから、お金が入ったらしばらくは好きなモノを書けるって思う。

朝井: 売れる売れない関係なく?

西: そうそうそう。

川上: また可奈子が良いこと言ってるわ(笑)。

最後に必ずイジられる西加奈子。

小説を書く着想について。

西: 結構感動しいで、すぐ感動するんですよ。感動してそれをその時に書こうと思わへんけど、家に帰ってパソコン開いた時になんか覚えててその感動を書くのが多い気がする。これ面白いか分からへんねんけど、地元の駅で階段降りてたら七味唐辛子のTシャツ着たおじいさんがいて。ホント真っ赤で。どこで売ってるのか分からへんのやけど、その人がゆっくり上がってきたんですよ。それで私、笑い止まらなくなって。この空間なんやろって。七味唐辛子のおじさんを書くわけじゃないけど、その時に思った「なんやろ、これ?」ってワクワクした感じを書きたい

オススメの小説。

西: 中学生だったら村田沙耶香さんの『しろいろの街の、その骨の体温の』です。

中学生の頃にこの本に出会ってたらホントに救われたやろなって思う。クラス内の位置とか、私はそんなに可愛くないからおとなしくしておこうとか、そういうふうにすごい葛藤しながら生きていくんやけど、いずれ自分の美しさを見つけるというより、自分の醜さをきちんと見つける話。「あ、こういう救われ方あるんやで」って教えてくれたらすっごく楽になったやろうなって。

しろいろの街の、その骨の体温のしろいろの街の、その骨の体温の
posted with amazlet
at 15.01.21
村田 沙耶香
朝日新聞出版
売り上げランキング: 238,377
Amazon.co.jpで詳細を見る

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  3. 3

    北緊迫のいま慰安婦問題騒ぐ韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    薬局の過剰な万引き対策に疑問

    LM-7

  5. 5

    やくみつる氏「白鵬は引退して」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    ヒアリ襲撃 珍獣ハンターの受難

    ライブドアニュース

  7. 7

    勝手に動く?中国製ネットカメラ

    永江一石

  8. 8

    不動産投資を否定する人の特徴

    内藤忍

  9. 9

    ウーマン村本 戦争反対を再表明

    キャリコネニュース

  10. 10

    牛乳石鹸 不可解なCMに困惑の声

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。