記事

ネットでアーティストが評価されるのは「健全なこと」—デジタル新時代のアーティストSugar's Campaignインタビュー

1/3
2012年、YouTubeに突如投稿された楽曲「ネトカノ」が、国内のインディーズシーンやネット界隈で話題を集めた。その仕掛け人は、1987年生まれのトラックメイカー「Avec Avec」ことTakuma Hosokawaと「Seiho」ことSeiho Hayakawaの二人によるユニット、「Sugar's Campaign」だった。メジャーデビューアルバム『FRIENDS』をリリースをしたばかりの二人に、ネットと音楽ビジネス、これからのアーティスト活動について話を聞いた。(取材・執筆:ジェイ・コウガミ 音楽ブロガー)

インターネットというツールがあったからそれを使って音を作ってきただけ

― 初めてネットで音楽を体験した時のことを憶えていますか?

Seiho:僕が87年生まれでWindows 95が出た年なので、8-9歳くらいですね。

Avec Avec: 僕の場合は小学生4-5年です。小学校5年生の時は自宅にパソコンがありました。

Seiho:当時NASAのホームページとかを見ていました。外国の文化が見れるってことが楽しかったことは記憶しています。僕は小学校4-5年の頃には「サブカル小学生」だったので、その頃「TECH Win」という雑誌やいくつかのコンピューター雑誌があったのを覚えています。

Avec Avec:「ネット」って考えると、ナップスターとかファイル共有サービスかな。多分YouTubeが出てきたのが高校一年の頃なんや。

Seiho:あの頃はめちゃくちゃ覚えてる。教則ビデオがフリーで見れるのがめっちゃ衝撃だった。ギターの教則ビデオが無料で見れるサイトがあるって聞いてYouTubeを知りました。

高1のころから高3までは、結構2chの掲示板のヒップホップスレやテクノスレに楽曲をアップしてました。その時につながったのが、tofu君(tofubeats)とかのメンバーで、その頃オフ会とかに行ったのを覚えてます。

― ネット以前はどうやって音楽を聴いていましたか?

Avec Avec:僕は親が有線で働いてて、そのテープが段ボールいっぱいに詰まって家にあったので、70-80年代のポップソングとかそれをずっと聴いてました。そこにない曲を中古で買ったりもしていましたね。

その頃カセットテープのウォークマンを持っていたので、それで音楽をいつも聴いていたんです。親のテープと自分が聴きたいCDで「マイ・ベスト」的なテープを作ってました。自分の好きなセットを作るその制作作業が当時は一番楽しかったのを覚えてます。今も探せば「No. 200」くらいまであって、毎週作ってその週はそのテープで過ごしてました。

Seiho:僕は月に一度父親がタワーレコードに連れて行ってくれて、CDを1枚買っていいという日があって。その時に買っていました。当時はジャズに興味があったので、ジャズのCDばかり買っていましたね。中学に入ってからダンスミュージックに興味が出てきて、そっちのCDも買うようになりました。

― アーティストとして活動を開始してから、お二人の音楽の共有方法はどう変化しましたか?

Seiho:意識は変わりましたけど、方法論は変わってませんね。僕の場合、小中学校でインターネットに投稿とかしてたので、感覚はそこからは変わってません。ただ意識として、見ている人が数十人から数千人、数万人に変わったというだけで。例えばSoundCloudのフォロワーとか。ただ人数が増えた分、考えなければいけないことが増えました。

― ネットによってクリエイターとして音楽の作り方が変わった印象はありますか?

Avec Avec:僕たちはネットが無かった世界のことを分かってないというのが正直なところです。僕たちはインターネットというツールがあったからそれを使って音を作ってきただけで、それが自然な流れでした。だからインターネットを思想的に使うことはしていないし。細かいことに落とし込めば、参照するのにYouTubeが便利だ、コード進行を勉強するためにMIDIデータが便利だ、ということはありますが(笑)。そういった面では変わったと言えるかもしれません。

逆に聴き手としては違いが結構あって。その違いというのは、このアーティストの立ち位置はここで、こういうシーンで受けいれられていて、こういう客層がフォローしているということが検索すればすぐ分かるようになってきましたよね。良くも悪くもそれは寂しく感じます。というのも、小中学生の頃は「自分だけのアーティスト」って持っていませんでした?自分しか知らんアーティストだと思うじゃないですか。でも今の時代には検索すれば、そのアーティストの情報だったりファン層だったり分布図が把握できて、「ああ、なるほど」となってしまいがちな傾向が強くて。そうなるとあまり没入できなくなりますよね。

― SNSや検索などによって、アーティストの情報だけでなく、評価までも可視化されるようになってきました。お二人はそれについてどう思いますか?

Seiho:健全かな。社会とはそういうものかなと。それを受け入れて、どんだけ自分が素晴らしい人間かを伝えていくしかない。隠したり偽造できない社会のほうが健全だと思います。

Avec Avec:天然で勝負しないとダメなところはあります。一年じっくり時間をかけて作品を作るやり方もあるけれど、ネットの世界はこの1時間や5分間で評価されたりする世界。だから天然で勝負することは意識してます。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    個人タクシー 強まる負の印象

    山本直人

  2. 2

    "遅れたら無料に"民進議員が炎上

    キャリコネニュース

  3. 3

    豊洲土地購入めぐり石原氏に訴状

    THE PAGE

  4. 4

    高学歴 卒業後は役に立たない?

    キャリコネニュース

  5. 5

    読めば納得"夫の○○が入らない"

    柴那典

  6. 6

    平昌五輪を政治利用している韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    東京新聞は"権力のポチ"ではない

    小林よしのり

  8. 8

    年商270億 イヴァンカ氏の正体

    PRESIDENT Online

  9. 9

    【全文】オバマ大統領最後の演説

    ローリングストーン日本版

  10. 10

    "隣人"原因でティファニー大打撃

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。