記事

目指すは中高生の身近なヒーロー/YouTuber HIKAKINさん

1/2

一説によると、YouTuberという言葉が世の中に生まれたのは、2011年ごろ。それから3年の月日が流れた昨年12月、「Yahoo!検索大賞2014」のスペシャル部門を受賞したのは、YouTuberのHIKAKINさんでした。

俳優でもない、タレントでもない、YouTuberという存在が、日本の社会においても一目置かれる存在になってきたということが、対外的に示された瞬間だったと言えるでしょう。

今、最も興味・関心を持たれ、検索されている人物の一人であるHIKAKINさん。

数年前までは、スーパーで働いていたというHIKAKINさんの岐路はどこにあったのでしょう。そして、今注目の動画という分野で、ヒットし続けるコンテンツを生む秘訣はなんなのでしょう。

2014年の顔となり、2015年、さらなる飛躍が期待されるHIKAKINさんに、今年の抱負を伺いました。]

IMG_7917.jpg

こんないい仕事はないわよ

―YouTubeとの出会いはいつですか?

高校生の時に、ヒューマンビートボックス(人の口だけを使っていろんな音を出してパフォーマンスを行うこと。以下、ビートボックス)というパフォーマンスを始め、その動画をアップするために、2006年12月にYouTubeの公式チャンネルを開設しました。最初は、もっと他のうまい人を見るという目的で始めましたね。まだ日本でYouTubeって言っても、全然知られていなかったころです。

ビートボックスそのものは、フジテレビでやっていた「力の限りゴーゴゴー!!」という番組の「ハモネプ」というコーナーの影響で、小学生くらいからやっていました。チャンネルを開設してすぐに動画をアップしたのですが、今は残っていません。下手すぎて恥ずかしいので、あとで削除してしまいました。現存している一番古いものは、2007年にお風呂で撮影したビートボックスの動画で、高校3年生の時のものです。でも、高校時代はそんなに動画はアップしていませんでした。

高校卒業と同時に、地元の新潟から上京してスーパーに就職しました。それからは月に1~2本ずつ、お風呂とか部屋ですごく安いマイクなどを使って撮影し、アップしていましたが、2年くらいは何も起きませんでした。でもちょっとずつ見られてきていて、そのころ一番伸びていた動画で20万アクセスくらいでしたね。ほぼ海外からのViewで、日本からのアクセスは1~2割でした。

―いつ、その環境が変わったのですか?

上京して3年目に入るくらいの2010年に、マリオの動画『Super Mario Beatbox』がYouTubeにおける日本国内月間アクセス一位を記録したことをきっかけに、テレビの出演がポチポチと出てきて、その年に5回くらい出させていただきました。と同時に、パフォーマーとして、ライブのオファーがちょっとずつ来るようになって、ライブの合間にたまにテレビに出られるくらいのペースで1年ほど活動していましたね。

ちょうどその頃、アメリカのトップYouTuberであるミシェル・ファンが来日し、YouTubeが企画した彼女の講演会がありました。それに行ったことが、僕にとって、ものすごい転機になりました。

その場でミシェル・ファンは、「好きな時間に動画を撮影して、好きな時間にその動画をアップするだけで仕事になっているの。こんないい仕事はないわよ」と話したんです。この言葉を聞いた時、ものすごい衝撃でした。すっげぇ、と思って、そうとう燃えましたね。僕も絶対そうなりたいって強く思ったんです。それまでは、「そんなに稼げるの?」みたいな気持ちで、これで生活するという考えさえなかったんです。ですが、その演説を聞いて、考え方が変わりました。そこから3カ月、本気でYouTubeに取り組んだんです。

すべて忠実に従った

―具体的にどんなことをやったのですか?

ミシェル・ファンの講演会で、YouTubeの中の人に初めてお会いしました。僕も当時の日本の中では、比較的トップのほうのViewを取れてはいたんですが、「もっと本気でやりませんか?」ってYouTubeの方に声をかけていただいて。「どうして月に1~2回しか動画をアップしないんですか」と言われたので、「マイペースでちゃんとした作品作りたいんで」って答えたら、「それじゃ仕事にならないですよ、せめて週に1回は上げましょう」とか、「チャンネル登録してね、って言いましょう」とか、いろいろアドバイスをいただいたんです。僕、それまで一切言ってなかったんですね。今となれば、みんな当たり前にそういうこと言っているけど、当時まだ誰も言ってなかったんです。

そうやって、YouTubeの人と月1~2回会って、基本的なことを教わり、それを僕は忠実に、すべて従ってやりました。でも、最初の1カ月はこんなんで食べていけないでしょって半信半疑でした。それが2カ月目で、あれ?あれ?ってなって、3カ月目でバッチリ。結果が驚くほどついてきたんです。それで、上京してから4年くらい経った時に会社を辞め、YouTubeでの活動に専念するようになったんです。日本ではまだそれまで、YouTuberとして独立してやっている人は誰もいなかったんですが、ミシェル・ファンの講演会後、ちょうど僕と同じ時期くらいに、4~5人出始めました。

ちなみに、YouTube上にも、クリエイターガイドブックみたいな、これをやってViewを伸ばしましょうという内容のハンドブック的なものが載っています。あれを全部きちんとやれば、けっこうViewは伸びると思いますよ。

柔軟に変化

―コンテンツを作る上で、工夫していることは何ですか?

ノウハウなどは、そのハンドブック的なものに書いてあるんです。間延びしないようにちゃんとカットしましょうとか、チャンネル登録してくださいって言いましょうとか、動画は何分以内がいいですよ、とか。

それ以外の心がけている要素としては、やはりアイデアそのものですね。今、世の中で何がイケてるかを意識したり、今、時流に乗っていることをいかに柔軟に変化しながら取りこんでいけるか、ということが大切です。僕はどんどん方向転換でもなんでもしていこうと思っている人間で、前はパフォーマンスだけしかやっていませんでしたが、しだいに商品紹介とかも始めました。世の中で何がイケてるかとか、こういうものがアツイとか、世の中のことに敏感になっている必要がありますよね。

―コンテンツを作る上で、気をつけていることは?

自分が面白いと思うかどうかが、始める基準です。すごく流行っているもので自分がやってなかったら、まずやってみようと思うんですけど、これは自分には合わないというものだったら続けないですね。自分が続けられる楽しさというか、面白さがあるかどうかで、コンテンツの題材にするかどうかを決めています。ゲーム実況も商品紹介もそうです。その後にちょっと考えるのは、一般的に見て面白いかどうか。自分だけが面白いと思っていてもダメですが、一番大切にしているのは自分が面白いと思うことですね。

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "外見は悪いがモテる男性"の秘策

    PRESIDENT Online

  2. 2

    "コミュ力強者"大量採用で大混乱

    キャリコネニュース

  3. 3

    カジノだけ"依存症"報じる異常さ

    大西宏

  4. 4

    ロードスターRF"原点回帰"の狙い

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ビル・ゲイツが選ぶ必読書5冊

    フォーブス ジャパン

  6. 6

    "残業する人"を評価する日本企業

    非国民通信

  7. 7

    "カジノ解禁"富裕層を利する悪法

    メディアゴン

  8. 8

    VR開発者が明かす"厳しい現実"

    ニコニコニュース

  9. 9

    ヨーロッパで止まない"反EU"の風

    THE PAGE

  10. 10

    ハフポストに記事削除求めた理由

    クマムシ博士・堀川大樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。