記事

自燃の人、手塚治虫から学ぶ「アンチ・エイジング術」

1/3
IMG_3129.jpg

名前だけは知っていても、その具体的業績は意外と知られていないビジネス界の偉人を分かりやすく解説してもらい、あわよくば我々の明日の仕事にも活かしてしまおうというお得なこの「ビジネス偉人伝」。これまで、D・カーネギー二宮尊徳萩本欽一を取り上げましたが、今回は今でもよく耳にする漫画界の「あの人」を取り上げます。

神様から学ぶ

○○さん

今回のビジネスの偉人は、「神様」を取り上げようと思います。

○○さん

神様ですか!久しぶりの講義になりますが、先生、今回大丈夫ですか?

○○さん

もちろん、怪しい宗教の勧誘ではありません(笑)。最近、若者・ネット界では、すぐに「神!」「神降臨!」と言っていますが、これでは神様の大安売りです。本当に神と呼べる人物は、ある分野の革新的創造者であり、かつその分野が発展して続けていなければなりません。日本が世界に堂々と自慢できる分野と言えば、漫画・アニメですが、その分野を創造した人物と言えば・・・。

○○さん

手塚!手塚治虫ですね。

○○さん

こらこら、手塚先生と言いなさい。漫画家の先生は、我々にとって子供の頃からずっと先生です。

○○さん

すいません、平山先生は漫画ファンでもありましたね(苦笑)。今回は、知っている偉人なので、少しほっとしたのですが、この連載と漫画の神様は繋がりますか?

○○さん

この連載は、漫画家志願者のためものでもなく、もちろん漫画紹介でもありません。でも、17歳でデビューし、1989年に60歳でお亡くなりになるまで、現役の漫画家であり続けた手塚先生から我々が学べることは多いのです。手塚先生は、生涯で15万枚もの原稿を描いたと言われています。それに加えて、60タイトル以上ものアニメ作品も手がけたこと、医学博士でもあることから、知る人ぞ知る異色の漫画家なのです。

○○さん

すごい。「アトム」「ジャングル大帝」「リボンの騎士」「ブラックジャック」「火の鳥」など、好きな作品はたくさんありますよ。でも、実は人生についてはよく知りません。

○○さん

千野根さんの年代ではそうでしょうね。今年の2月9日で、手塚先生がお亡くなりになってから丸26年です。逆説的な言い方ですが、我々が手塚先生を神格化している間は学ぶことはできません。我々は、すごい業績を「才能」という一つの要因だけで納得してしまうからです。「天才だった」と言ってしまえば、我々とは違う別格の人になってしまう。

○○さん

才能よりも見るべきところがあると。

○○さん

もちろん、漫画家としての成功は、有り余る才能があったからですが、手塚先生は才能だけで成功したわけではありません。ここ数年、手塚先生の伝記や関係者証言などがさまざまな形で出ており、徐々に生身の手塚先生が知られるようになりました。
一つのブームを作ったのは、2009年からはじまった『ブラックジャック創作秘話-手塚治虫の仕事場から』(原作宮崎克、漫画吉本浩二 全5巻,秋田書店)の成功ですね。この漫画は、仕事場における手塚先生の苦闘をリアルに描いています。また最近、手塚先生のマネジメントを続けられて、現在は手塚プロダクションの社長でもある松谷孝征さんが手塚先生と共著という形で『手塚治虫 壁を超える言葉』(かんき出版)という本を書かれました。手塚先生の生の声が聴けます。

hyo1.jpgのサムネイル画像

あわせて読みたい

「手塚治虫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    創価学会本部のありえない行為

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    "依存症"諸悪の根源はパチンコ

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    "日本死ね"を言葉狩りする曽野氏

    小林よしのり

  4. 4

    橋下氏「譲位反対派には驚き」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    「8時間労働教」という宗教

    自由人

  6. 6

    中国反発 南シナ海に英戦闘機

    NewSphere

  7. 7

    ガガ レイプ経験でのPTSDを告白

    BBCニュース

  8. 8

    大谷のMVP 満票ではなかった理由

    WEDGE Infinity

  9. 9

    "コミュ力強者"大量採用で大混乱

    キャリコネニュース

  10. 10

    コメダ珈琲 "700店超え"の秘訣

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。