記事

「政治と箱根駅伝〜⑤富士山信仰と東京一極集中(番外編)」

「箱根駅伝」が日本人の心を捉えて離さない理由のひとつに「富士山信仰」がある、と指摘するのは夫である。

「逆ルートだっていいわけだろ?
箱根を出発して、都心を周り、最後のゴールを山で迎えるでもいいんだよ。
でも、そうなっていない。
『都心』から『富士山』をめがけて走りまた『都心』に戻ってくる。
つまりは『よみがえり』の思想とも重なるんだよ」

なるほど。

加えて、
「正月に帰省している多くの日本人の行動とも一致する。『東京一極集中』の象徴でもあるね」と。

田舎から出て来て、東京で勉学して、就職して、結婚して、家族を持つ。
そこそこ成功しているように見えても、「田舎もん」は「田舎もん」である。
そのこととは分かっている。
正月ぐらいは帰省して、「かっこ悪かった」ころの恥ずかしい自分を知っている(もしくは今からは想像ができないぐらい「輝いていたころ」を知っている)同級生と会いながら、正月が明けたらまた別の仮面をかぶって東京で「闘う」。

「箱根駅伝」はそんな人々を支えられ、同時に、応援しているのである。

深い、なあ。

そして・・ここからはワタクシオリジナルだが。

「箱根駅伝」を考えた金栗さんはそこまで考えていたかどうかはわからないが(笑)

偶然にもいろんなことが重なって「信仰」となっていく。

その中で「権威」も生まれて行く。だからこそ「襷」を繋ぐプレッシャーは重く、

もしかするとこれは「世代」を繋ぐという伝統的家族形態への憧憬もあるのかもしれない。

失われつつあるからこそ、人はそこに幾ばくかの執着を見るのである。

家族そろった正月だからこそ、普段は無意識な部分が可視化されているとも言えるのではないか。

【関連記事】
政治と箱根駅伝①青学はなぜ強くなったのか
政治と箱根駅伝②早稲田大学がなかなか勝てない理由。
政治と箱根駅伝③区割りとシード権「政治と箱根駅伝④「逆転のドラマ」と「にわかファン」」〜背景としての「Mの社会」

あわせて読みたい

「箱根駅伝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    個人タクシー 強まる負の印象

    山本直人

  2. 2

    "遅れたら無料に"民進議員が炎上

    キャリコネニュース

  3. 3

    豊洲土地購入めぐり石原氏に訴状

    THE PAGE

  4. 4

    高学歴 卒業後は役に立たない?

    キャリコネニュース

  5. 5

    読めば納得"夫の○○が入らない"

    柴那典

  6. 6

    平昌五輪を政治利用している韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    東京新聞は"権力のポチ"ではない

    小林よしのり

  8. 8

    年商270億 イヴァンカ氏の正体

    PRESIDENT Online

  9. 9

    【全文】オバマ大統領最後の演説

    ローリングストーン日本版

  10. 10

    "隣人"原因でティファニー大打撃

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。