記事

結局はあまり変わらなかったわけですが

 さて衆院選はとっくに終わったわけですが、この結果をどう見るべきでしょうか。メディア報道の多くは「与党圧勝」みたいな見出しを掲げていたものですけれど、冷静に獲得議席数を見ると自民党は「微減」ですよね。野党にこそ大勝したものの自分の党の議席数を増やしてはいない、とりわけ沖縄選挙区では4戦4敗とザ・ニンジャよりも酷い戦績だったりします。もう一つ「躍進」などと伝えられる共産党は確かに議席増ですが当然ながら与党には遠く及ばない、一方で負けたかのように伝えられる民主党に至っては共産党と同じペースで議席を増やしてもいる、各党の「勝利」の基準は果たしてどこにあるのでしょう。

 正直、自民党が勝ちすぎなくて良かったと思う反面、民主党が議席を増やしたり維新が議席を維持したり、自民党の中でも小泉進次郎とか河野太郎とかが高い得票率を記録するなど、それもどうなんだろうと感じる部分は多々あります。まぁ結局のところ勢力図には大きな違いがなく、「何のために解散総選挙に踏み切ったのか」という疑問は深まるばかりです。強いて言えば「次世代の党の一人負け」なわけで、この結果はどこまで意図されていたのでしょうか。安倍内閣からすれば恐くも何ともない民主や維新よりも、「手を噛む飼い犬」的な側面の強い次世代の方が目障りなところはあったかも知れません。方向性には共通するところがあろうとも、号令を待たず手綱を振り切ろうとする連中は嫌でしょうから。

ビッグデータが導き出した第47回衆院選の議席数予測( ビッグデータレポート/ヤフー)

ビッグデータレポートチームでは、2013年7月21日に投開票が行われた第23回参院選の議席数予測を行いました。その結果、92%という高い的中率を得ることができ、多くの方からたくさんの声をお寄せいただきました。

そしてこの冬、2年ぶりの衆議院選挙が決定し、12月14日に投開票が行われることになりました。

これをうけてビッグデータレポートチームでは、今回の選挙においてもビッグデータを用いた議席数予測に取り組むことにしました。

 リンク先は「選挙前」の予測ですが、どうにも「結果」と照らし合わせてみると今回の的中率は今一つのようでした。結果を受けてのレポートが公開されないかと少し待ってみたのですが、現時点では動きがありません。ただ興味深いなと思ったのは投票率の違いによる予想獲得議席数の違いですね。上に引用したのは得票数が反映されやすい比例区のグラフですけれど、投票率が増えると民主が伸びて維新が減る、と見られています。投票率50%でも60%でも他の政党には目立った差が見られない一方で、民主は有意に議席を増やし、維新は沈むと予測されていたわけです。民主は浮動票に左右される要素が最も大きく、維新は固定票頼みで浮動票が増えると弱い――そう、ビッグデータからは読み取れます。

 実際にどうであったかは確かめる術がないにせよ、投票率が高まった場合に最も議席を増やすのが民主で、減らすのが維新との予想が生まれるデータが存在していたのは実に興味深いことです。政策的には似通った両者ですが、感情的に啀み合うところもあれば、支持層の傾向もまた異なるようです。政策面で相反する層からの支持を集めるのが得意な民主党と政策的に近い層からの支持を得る維新、みたいな傾向もあるのではないでしょうかね。そうした中で、投票率が上がった場合に多くの票を得る、すなわち浮動層の支持が厚いのが民主であり、浮動層の得票を見込めないのが維新であると、ビッグデータ上は見込まれていたわけです。

 維新は民主党が労組からの支持を受けていることをよく批判していますけれど、こうした得票傾向を見るに組織票の影響を受けにくいことこそ民主党の特徴ではないかと思われます。そもそも民主党政権時代の「実績」を鑑みれば民主党が労働組合員の便宜を省みるつもりなど微塵もなかったのは誰の目にも明らかなはずです。自民党ならもう少し、己の支持基盤の利益を考慮するものですが、民主党は党を支持する団体に見返りをもたらすようなことは皆無であったと言えます。ある意味で公正ですけれど――票を投じた人々の利害を代弁してくれない政党の存在意義があるとは、私には思えませんね。まぁ、労組が憎ければ労組の票を得るだけ得ては何の見返りも与えない民主党こそベストパートナーではないかと、維新関係者にはアドバイス差し上げたいところです。

あわせて読みたい

「総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ジャニーズ全体の株を上げたSMAP

    中川 淳一郎

  2. 2

    底辺に追いやられる弱い独身男性

    狐志庵

  3. 3

    ネットをナメてた地上波スタッフ

    西原健太郎

  4. 4

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  5. 5

    前川氏の自滅で加計騒動は終了?

    ヒロ

  6. 6

    左傾とされた日弁連の本当の危機

    河野真樹

  7. 7

    通な落語を好む小泉今日子に感心

    松田健次

  8. 8

    老後の貯蓄 得なのは年金or預金?

    PRESIDENT Online

  9. 9

    前川前次官発言で注目すべき点

    文春オンライン

  10. 10

    加計問題にみる官邸権力の強大化

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。