記事

ITスタートアップで注意したいリバースエンジニアリング禁止の取り決め

アプリなりシステムなりには、APIなど公開していい部分と、モジュール分けして公開してはマズイ部分があります。それらをめぐって交渉とかすることになると思うんですよね。

特に公開してはマズイ部分、つまり誰にも真似されたくない部分の取り決めについては、ちゃんとしておいたほうが安全です。ばれないようにしてあるから大丈夫!というのはリスキーです。

そこでITスタートアップで注意したいリバースエンジニアリング禁止の取り決めについて整理しました。

著作権は万能じゃない!事前の取り決めが大事

特許権がない場合、著作権侵害が成立するのは、ソースコードのレベルで似たような記述がなされている場合に限られますから、・・・異なる体系・司令が用いられた場合、ソースコードのレベルでは類似しないとして著作権侵害にはならないのです。

そのため、ソフトウェアライセンス契約においては、ソフトウェアのリバースエンジニアリングを禁止する条項を置くことが通常です。

<引用:鮫島正洋編集代表「技術法務のススメ」p311>

アプリやシステムも特許になります。だから真似されたくない部分の特許化はITスタートアップにも有効です。でも特許にするにはその部分を公開しなきゃいけません。

ITスタートアップで特許を狙うなら、例えば画面上(目に見える部分)をベースにしたデータの流れや処理に関する部分。これがいわゆるビジネスモデル特許です。。

一方、いくら特許が取れても、公開したことで誰でも真似できるチャンスさえもあげたくない部分については、特許を出さずに非公開のまま交渉すべきです。

そのとき契約に入れておいた方がいいのが、リバースエンジニアリング(分解・解析)の禁止の取り決めです。裏でされたらわからないとしても、抑止力にはなるはずです。

プログラムは著作権で守れるから大丈夫!というのは危険です。プログラムを著作権で守れるのは、そっくりそのままパクられたときと考えておいたほうが無難でしょう(期待しすぎないべきです)。

≪まとめ≫

IT系の皆さんは横のつながりを大事にして仲がいいと聞いたことがあります。ただ何が起こるかわからないし、親しき仲にも礼儀ありで、必要なことはちゃんと取り決めておいた方が、その後も長いお付き合いができるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「著作権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    証人喚問が"犯罪捜査"という暴論

    郷原信郎

  2. 2

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  3. 3

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  4. 4

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  5. 5

    森友問題で考えた"FAX"の破壊力

    常見陽平

  6. 6

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  7. 7

    桜を"嫌っていた"明治の日本人

    田中淳夫

  8. 8

    格安旅行"てるみくらぶ"が破産

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

  10. 10

    ヤマトは「第二の電通」とすべき

    中嶋よしふみ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。