記事

「親に恵まれない子ども」のうち、9割が施設に。「子どもを社会で育てる」ってそういうことなの?

1/2
児童虐待のニュースが相次いでいる。先日は、大阪府茨木市で3歳の長女を衰弱死させたとして、義父(22)と無職の母親(19)が殺人容疑で逮捕された。新潟県では、「娘が泣くのでうざい」と話していたという母親(24)が、3歳の長女を川に落とし殺害したとされる。母親は夫の暴力が原因で離婚し、長女と交際相手の男性と3人で暮らしていたようだ。

どれだけ社会が豊かになっても、こうした「分かりやすく壊れた家庭」が消えてなくなることはない。児童虐待の件数は、12年に過去最高を記録した。貧困が子育て世帯を直撃し、社会からの孤立を深める。最も弱い子どもにしわ寄せがいく。「子どもを育てる能力がない」と判断された親のもとを離れ、やむを得ず国の支援下で暮らす子どもたちは、日本に約4万人※1もいる。

11月20日に行われた、「「世界子どもの日」国連・子どもの権利条約 採択25周年記念シンポジウム~すべての赤ちゃんが「家庭」で育つ社会をめざして~」では、社会的養護施設の関係者などから、リアルな話を聞くことができた。その一部を紹介したい。

「児童養護施設出身者がホームレスになる確率は、そうでない人の44~88倍」

国際基準では、「3歳未満の子どもは例外なく、家庭環境のもとで育てられるべき」と定められている。子どもは家庭環境で育つ権利をもっており、施設への収容は「最終手段」、基本的には望ましくないものという考えだ。養子縁組などを通して、家庭に戻ることができれば、子どもにとって最も重要な「安定」が得られる。安定的な環境で育った子どもは、そうでない子どもと比べて発達上のメリットが大きいというのは、多くの研究が明らかにしてきたところでもある※2 。長野大学准教授で、児童精神科医の上鹿渡和宏氏は、「施設から家庭へと移るのは、早ければ早いほど良い」とする研究結果を示した。

極論を言えば、親に子を育てる力がない状態で生まれた子どもは、すぐに特別養子縁組へ……というのが理想的なパターンだが、日本では、こうしたマッチングの機会は非常に少ない。よって、親に恵まれない子どもの約9割が「施設」で育てられているのが現状だ。彼らは乳児院から児童養護施設へと移り、18歳で施設を出たあとは、いくばくかのお金を持たされて「後は自己責任で頑張ってね」となる。その結果が、「児童養護施設出身者がホームレスになる確率は、そうでない人の44~88倍」という数字※3だ。

東京都で社会的養護を受ける子どものうち、高校まで卒業できるのは73%、その後、短大や大学、専門学校などに進めるのは、わずか15%である。一般的な家庭は半数以上が「大学・短大」に進むことを考えると、著しく低い。施設育ちの若者は、学歴や職業スキルのない状態で放り出され、職を転々とすることも少なくない。養子縁組の場合とは異なり、施設で育った若者は、多くの場合、頼るべき家族がいないからだ。

施設で育っても、実の親にずっと「縛られている」

自身も児童養護施設の出身で、施設出身者の現状をドキュメンタリーで追ったMさんは語る。
「僕は、幼いころに母親が病死し、父親が育てられないというので施設に入りました。施設では、6畳ほどのスペースに、4人で住んでいました。保育士さんに育ててもらいましたが、皆すぐに辞めてしまう。『この人もいつかは辞めるのかな』と、心を開くことはできませんでした。でも、一緒に過ごした仲間は、兄弟よりも仲の良い関係です
Mさんはその後、10代半ばで実父との生活を再開した。一方、18歳で施設を出たかつての仲間たちは、
「職を転々としている人が多かった。性風俗で働く子もいましたし、牧場の寮で、住み込みで働いている子もいます。みんな、新しい生活を送りつつ、どこかで『親』の存在に縛られているなと感じました。害のある『実の親』に縛られるくらいなら、優しい里親に育ててもらった方がいいと思う」
施設で育てられ、保育士たちが「親代わり」だったというMさんたち。十分な愛情が得られなかったケースもあるのか、施設を出た今も、どこかで「自分を(捨てた)親」の存在にこだわってしまうのだ。しかし、その願望が満たされる可能性は少ない。だったら最初から、自分を実子のように愛してくれる「里親に育ててもらう方がいい」と、Mさんは力を込めた。

「一緒に育った友達を否定したくない」

乳児院や児童養護施設、自立援助ホームの環境は、今年問題になった日テレのドラマ「明日、ママがいない」で描かれたものが全くの嘘ともいえないほど、時に劣悪だ。Mさんも、「6畳ほどのスペースに4人で暮らしていた」という。子どもにとって「安定的な環境のもとで育つこと」は、大人が想像する以上に大切だが、親代わりとなる保育士らの入れ替わりは激しい。子どもたちにとって、それは「親がコロコロ変わること」に等しいだろう。

それでもMさんは、自分が育った「施設を否定したくはない」と言う。
自分が幼少期を過ごした環境を否定することは、そこで出会ったかけがえのない友達を否定することにつながる気がする。施設を全否定はできない」(Mさん)

※ 1.13年10月1日現在。国際NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の資料「夢がもてない 日本における社会的養護下の子どもたち」による
※2. ネイサン・A・フォックス「重要なタイミング~乳幼児期の経験が脳と行動の発達に及ぼす影響についての考察~」子ども虐待防止世界会議、2014年9月発表など
※3.ビッグイシュー「若者ホームレス白書」、「若年不安定就労・不安定居住者聞き取り調査」NPO法人釜ヶ崎支援機構より

あわせて読みたい

「ブロガーが見たソーシャルイノベーションのいま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  5. 5

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  6. 6

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  7. 7

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  8. 8

    小池結党宣言は安倍会見を陳腐に

    早川忠孝

  9. 9

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

  10. 10

    宣戦布告発言は米と北の戦争抑止

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。