記事

著作権を気にし過ぎてビジネスが進まないのは本末転倒!

最近ではTPPの件もあり、著作権のニュースがメディアでけっこう出ています。その中でも、こういう場合は違法?合法?という法律相談的な内容をよく目にします。

ところがどれもだいたいグレーという結論。つまりわからないか、場合分けして違法か合法かを結論づけているんです。まーこれは仕方がないでしょうね。明確な回答を出しようがないからです。

だから著作権を気にし過ぎるのはビジネス上かんばしくありません。

photo credit: khalid almasoud via photopin cc

リスクとメリットのバランスで判断

「著作権法では、白か黒かはっきりわかれるものはめったにありません。完全に白のものしか使いたくないなら、メディアとしてできることは、きわめて限られるでしょう。 

もちろん、目の前の法的リスクが大きかったらやってはダメですが、必要なのはリスクゼロというフィクションではなく、リスクの大きさを測って、それを超えるメリットがあったときに、リスクをとれるかということです」

<引用:2014/12/7 弁護士.com 「「著作権にリスクゼロはない」福井健策弁護士が「他人の著作物」の報道利用を解説」>

弁護士の福井健策先生のコメントにぼくも共感です。違法(黒)か合法(白)かを事前に明確にするのはほぼ不可能だと思います。裁判でもかなり深く検討してようやく結論付けているからです。

たとえば誰かの文章や写真を真似て自分の作品として発表した場合、これがすぐさま著作権侵害に該当するかどうかはわかりません。そもそも真似た文章や写真が著作物かどうかその時点では不明だからです。

著作物には創造性(オリジナリティ)が必要です。つまりありふれた文章や写真とは違う点が必ず必要になります。でもいろんなものがあふれてる時代にオリジナリティを認めさせるのは簡単ではありません。

だから明らかに違法(完全コピーとか)以外については、著作権を気にし過ぎると損をするのでほどほどがいいでしょう。

≪まとめ≫

TPPによって著作権が非親告罪(検察など本人以外が起訴できる罪)になると、ますます著作権保護に対する抑止力が働くかもしれません。そのため常識の範囲で考えて、言い逃れられないようなことを基本的にしないことをおすすめします。

あわせて読みたい

「著作権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    証人喚問が"犯罪捜査"という暴論

    郷原信郎

  2. 2

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  3. 3

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  4. 4

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  5. 5

    森友問題で考えた"FAX"の破壊力

    常見陽平

  6. 6

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  7. 7

    桜を"嫌っていた"明治の日本人

    田中淳夫

  8. 8

    格安旅行"てるみくらぶ"が破産

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

  10. 10

    ヤマトは「第二の電通」とすべき

    中嶋よしふみ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。